Run!

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:1分

この作品には残酷表現があります。苦手な方は注意してください

結局忘れ物三昧で五回も家に戻る羽目になった。
忘れ物の中には博士からの手紙まで入っていたのだから救えない。
つくづく自分が嫌になるなぁ。
そんなわけで既に十分の遅刻。やばい。
そりゃあ博士だって暇じゃない、今日はこの後用事があるとかで面会の予定時間は三十分。
更にカズヤは度重なるシャトルランで疲れ切っている。
(紛れもなく私のせいだが)
……間に合わない。
今から走っても着く頃には博士は車の中だろう。
軽く舌打ちをし、打開策を考える。
このミアレの人混みの中、バテているカズヤを連れて走りきることは不可能。ならば
        こうするしかあるまい。

私はカズヤの首っつらをひっつかみポーンと高く放り上げた。

短くてすみません!挙げ句間開いちゃって…申し訳ない!

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。