トップイラスト

本日の短編小説

朽葉の鳥は無を嗤う

今日の僕はとてもラッキーで、アンラッキーだった。