第37話 汚れた世界

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

この作品には残酷表現があります。苦手な方は注意してください

 「......凄い、本当に青いな......」
 「確かに興味深いわね。 ダンジョン内で、土の酸度が大幅に変わった、とでもいうのかしら」
 「だとしたら、本題はどうやって......だよね。 今回はそこを解明して帰れれば上出来かな?」
 「そのようね。 ひとまず今は、奥に進んで手掛かりを探すわよ」
 「了解」
 
 ダンジョン内に入り、奥へと進んでいく2匹。 手掛かりを探して、辺りを入念に探索している。 木々が生い茂っているお陰か、雨は多少防げてはいる。 そのかわりに、木から大粒の雨粒がやってくるわけではあるが。 といっても雨の全てを煩わしく思うわけではない。 なんせ敵ポケモンの数が少ないのだ。 雨を恐れて隠れるポケモンが多い......ということは、水タイプが沢山住んでいるという事実はないだろうということだ。 これも1つの発見として報告出来る内容だろう。
 そんな事もあり、危なげなくダンジョンから脱出する。 別に奥地があるわけでも無かった。 ......だが。 ここで終わるほど容易い依頼ではなさそうだった。
 
 「......廃墟の群れ......」
 
 オロルが微かな驚きを込めて呟く。 ダンジョンを出た直後に見つけたのは、最早家の形を成しているものも少ない廃墟達だった。 1つの集落が丸ごと潰れたのだろうか......。
 
 「酷い有様ね。 こんな雨だから、木も簡単に腐るし......」
 「ここのポケモン達はどこに行ったのかな」
 「......ダンジョンに浸食されるような土地だもの。 へんぴな場所だから他の町とのアクセスも良くないでしょうし......見切りをつけて出て行ったのかもしれないわね」
 「それもそうだね。 にしても、ここにも紫陽花か......」
 
 辺りを見回してオロルは言う。 確かに、ここにも紫陽花は数多くあった。 勿論色は青。 ......こんな暗い場所に鮮明な青があるというのは、趣もあるものの不気味さが感じ取れる。 イリータは少し考え込んだ。
 
 「......もし、さっきのダンジョンがこの村への通り道なら......真実はこの村にあるかもしれないわね」
 「確かに。 ダンジョン化によって、今まで閉ざされてた道がまた開通したと......」
 「そうかもね......ひとまず詳しく調べてーー」
 
 その時だった。 オロルの耳がぴくりと動く。
 
 「誰だ!」
 
 そして突然叫んだ。 何がなんだか分からないイリータであったが、近くに誰かが隠れていることは簡単に分かる。 方向は、彼の向いてる方向からして森の茂み。 どうやら草の根を掻き分ける音をキャッチしたようだ。
 
 「......僕らは探検隊だ。 別に危害を与える気はない。 ......不意打ちとか仕掛けてるわけじゃないよね? そうでないなら出てきてくれよ」
 
 探検活動には危険が付き纏う。 だから、何か未知のものを見つけた場合は、無鉄砲に触ったり、無視をするのは好ましくない。 冷静にそれを推定するための努力が要る。 全て、学校のダンジョンの授業で学んだことだ。 彼の行動は正しいと言えるだろう。
 すると相手から、1つの返答が返ってきた。
 
 「探検隊とは愚かなものだ。 無視していれば双方触れることもなかったというのに......」
 
 ......あ、これ完全に敵だ。 その確信が2匹を支配する。
 
 前言撤回。 今回に限っては、この手順は完全に悪手だったようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 少しの沈黙の後、茂みから、黄色いものが素早く飛んでくる。 標的はイリータの方だが......?
 
 「[まもる]っ!」
 
 だが間一髪のところで、イリータによる防壁がその攻撃を止めた。 敵は素早く後ろに退き、攻撃体勢になる。
 
 「......あいつ!」
 
 その姿を見て、オロルの中に、一つの光景が浮かぶ。 手配書を見せてもらったあの時の......暗い顔をしたピカチュウ、ヨヒラそのものだったからだ。
 
 「......なるほど。 犯罪者って、こんなへんぴな場所にもやってくるわけ?」
 「......」
 
 ヨヒラは何も言わない。 イリータは呆れた顔で言葉を続けた。
 
 「悪いけど、見つけてしまったからにはただで返すわけにはいかないわね。 手遅れなのよ、既に」
 「大人しく、今のうちに投降したらどうだい。 盗んだ物で何かしでかそうとでも企んでいるんだろう? 確かに今の時点で本当に悪いことをしているけれど、今ならまだーー」
 「......黙れ」
 
 頬を走る静電気。 双方の間に流れる火花は、そんな説得如きで消えるものではなかった。 2匹も分かっていたのか、すぐに身構える。 しぶとく盗みを繰り返すようなポケモンが、こんな不毛な問いかけに答えるなどあり得ない。
 無言のままに放たれた放電が、開戦の合図。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 「オロル! 天候は書き換えられない!?」
 「一応ここダンジョンの外だし、この大雨だ。 中々厳しいよ......?」
 「それなら......いいわ。 もう1つの手で!」
 
 地を這う電流から身をかわしながら、2匹は作戦を確認する。 彼らも遠征を乗り越えてきた探検隊だ。 合同依頼の時は「作戦会議を予めしないと中々うまく戦術を展開できない」という弱点を晒した。 だが、今回は違う。 その言葉の後はお互い「言葉は交わさずに」、ヨヒラに対して攻撃を仕掛ける。
 
 「[れいとうビーム]!」

 オロルによる美しい氷の光線が地面を射抜く。 飛び上がったヨヒラには当たらなかったが、地面が徐々に凍っていった。 勿論凍った地面は滑るため、着地したヨヒラの顔はどこか苦しげだった。

 「[めいそう]!」

 その隙に、イリータが瞑想によって自分の能力を引き上げた。
 そして。

 「[こごえるかぜ]!」

 今度は範囲の広い技をオロルが放つ。 狙いはヨヒラではなく、空から落ちてくる雨粒へ。 雨粒達は氷柱のように冷え固まっていく。
 間髪入れずに、イリータの[ねんりき]が凍った雨粒を制御する。 あの瞑想は、多くのそれらを完璧にコントロールするためのものだった。

 『疑似、[つららおとし]!!』

 尖った雨粒がヨヒラへと襲いくる。 当然逃げようとするものの、凍った地面の上ではうまく勢いをつけられない。 更に、念力によって操られた雨粒は、彼女を素早く追う追尾弾にもなる。
 当然ながら、攻撃はヨヒラにヒット。 雨粒自体が小さいため致命傷というわけではないが、それでも多少のダメージは与えられた。

 「ちっ......」

 舌打ちの後、ヨヒラも反撃に出る。

 「[10まんボルト]」

 かつてユズにも麻痺を負わせた電気攻撃。 避けられずこれは食らうが、イリータが機転を利かせる。

 「[いやしのはどう]!」

 電撃で受けたダメージを、波動によって癒す。 この技は彼女自身に効果は無いが、素早くオレンの実をかじって自らも回復させた。

 「くっ......」
 「作戦会議も無しに何故ここまで......って顔ね。 でも、教えてやるほど三流じゃないのよ。
 本当に大事な戦術は隠すものよ? ただ突撃するだけのピカチュウさん」

 イリータがヨヒラのことを煽る。 彼女は挑発を技として使えるわけではないが、使える手は全て使う気だった。

 「......黙れ。 貴様らに何か言われる筋合いなどない」
 「黙れって何よ。 こちらを悪逆非道のポケモンとでも考えてるわけ? 世間から見れば逆よ逆。
 本当に......何考えてるのよ!」

 またもや念力。 今度は雨粒を集約させて、水の攻撃を放った。

 「ポケモン達の大事なものを奪うだけ奪って!
 ......もしかしたら、思い出の物だったかもしれない。 大事な物だったかもしれない。 一線は越えてないとはいえ、怪我を負わせてるポケモンだっているんでしょう!?」
 
 勢いを増す攻撃。 ヨヒラは受け流すが、軽くというわけではない。 そしてその背後からオロルのビームも襲いくる。

 「イリータの言う通りだよ。 ポケモンの心を傷つける意味なんか、何処にもないだろう!?」
 
 その言葉を聞くや否や、ヨヒラの中の雷が牙を剥いた。
 
 「......黙れ。 こちらの事情など......貴様らに話す義理は無い!」
 
 彼女の放電が宙を走る。 当然ながら2匹は[まもる]で防御するが、周りへも被害が及んだ。 元々壊れかけていた家がいくつか完全に崩れ、紫陽花も黒い焦げが随所に見られる。
 それを見て、イリータは怒りをあらわにせざるを得なかった。
 
 「周りにも被害を及ぼすなんて......」
  
 彼女はギリ、と歯を食いしばる。
 
 「どこまで、精一杯生きる命を愚弄するわけ......!?」
 「精一杯だと?」
 
 こちらの意見をピシャリと跳ね除けるヨヒラ。 足を踏み出し、足元に転がる花を強く踏みつける。
 
 「......情けをかける義理などどこにある。 ......こんな、血に汚れた紫陽花に」
 
 吐き捨てられる、どす黒い泥のような声。 その泥は顔にもへばり付き、ただ純然とした悪意をこちらへと伝えていた。
 
 「何が大切だ、何が命が大切だ。 そんなもの、のうのうと生きてきた者の戯言だ。
 この場所の惨状を見れば分かるだろう......? 廃れてしまった集落。 そして、ポケモン達の末路。 ......全て、ここの者の心の汚れが原因だ」
 「なっ......!?」
 
 ......ポケモン達は、別の地域に移ったわけではなかったのか?
 最悪の結論が頭に過ぎる前に、ヨヒラは2匹に己の中の呪詛を吐き出す。
 
 「貴様らにはわからないだろうな......世界と隔絶された者の苦しみなど......私の、『あの方』の、果てしない苦しみも」
 
 ......『あの方』。
 聞き覚えの無い言葉に、2匹の耳が揺れる。 しかし、考えている暇はない。 そこからまた攻撃が始まる。それは更に鋭さを増して。
 
 「......っはは、どうした、先程までの気勢は何処に行った?」
 「ぐっ......」
 
 先ほどの言葉の情報整理と戦いを両立するのは難しかった。 何度も[まもる]の防壁で防御する中、2匹の中で思考が暴れる。
 
 あの方?
 こいつは何のために動いている?
 どうしてこんなにも恨む?
 果てしない苦しみ?
 

 
 
 ーーポケモン達は、何処へ?
 
 
 「......[かみなり]!!」
 
 その思考もまた遮られる。 雲から、パリッという音が聞こえた。 悪寒は頭上からやってくる。 黄色い光が包む黒い雲を見れば、落ちてくるモノの威力は一目瞭然だろう。 そして、今は雨。 避けることは不可能。 [まもる]も、流石に連続使用し過ぎた。......ジリ貧だ。
 
 「塵となれ......!」
 
 その言葉と共に、雷鳴が降り注いだ。
 
 『[まもる]!』

 足掻きだけはさせてもらおうと、2匹で同時に壁を張る。 流石に壁は薄く、完全に防げるわけではないため、2匹の表情は険しくなるが......。
 
 「負けてたまるか......[あられ]っ!!」
 「......っ、[ねんりき]!」
 
 今まで避けてきた天候変化技をオロルが放つ。 ダンジョンの外で天候を完全に変えるのはかなり難しいので、みぞれ程度にしかならない。 でもそれでいい。 それを念力でぶつけられれば、鋭い冷たさぐらいは与えられる!
 
 「[こうそくいどう]!」
 
 が、素早い移動によってかわされてしまう。 そろそろ地面の氷も溶けてきたため、足止めにはもう不十分だった。
 紫陽花を見て、ヨヒラは呟く。
 
 「これ以上は無駄か......」
 「えっ?」
 
 そして、彼女はそのまま森の茂みへと飛び込んでしまった。 予想外の行動に、2匹は戸惑いを隠せない。
 
 「......ま、待てっ!」
 
 そう叫びながらオロルは追おうとするが、彼女の姿はもう無かった。 いるとすれば、ダンジョンの野生ポケモンと思われるホルビーが、こちらに驚いて走り去って行くぐらいだった。 誤って出てしまったのだろうか。
 
 「くっそ......ごめんイリータ、逃した」
 「いいえ。 これは私『達』の実力不足よ。 ......少なくとも、早く捕まえないといけない連中だってことはわかった。 それだけでも......十分よ。 今は」
 「それもそう......だね」
 
 霰の効果も消え、また雨の音だけが響く。 2匹以外に誰もいなくなった廃墟の中。 歩き出そうとすると、何かをぱきりと踏んだ音がした。
 
 「ん?」
 
 下を見やる。 そこにあったのは......少し地面からはみ出した、細い、白い物体。
 2匹は絶句する。
 
 「......!!」
 
 
 
 
 
 
 
 「ね、ねぇイリータ......」
 
 少しの沈黙の後。
 オロルは戦いの中で浮かんだ考えをイリータに吐き出す。
 
 「酸度って、言ってたよね......紫陽花の色が変わる原因」
 「ええ」
 「予想でしかないけどさ......もしかしてだけどさ......これって......」
 
 オロルの顔が青ざめていく。 イリータも察したのか、「まさか!」と驚きの声を漏らした。 心の内では、「そうでないこと」を望みながらも。
 だが、希望は断ち切られる。 オロルは震えた声で呟いた。
 
 「これって、この集落の土の下に......が、沢山、埋まって......?」
 
 その口からは、大事な一言だけは出なかった。 いや、出せなかった。 だが、口の動きから、彼が何を言いたいのかはイリータには分かってしまった。
 
 「......惨い」
 
 やりきれない思いから出された声は、雨の音の中で消えて行った。
 
 
 2匹は今、多数の屍が眠る大地の上に立っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 「......はぁっ!」
 
 屋敷へと戻ってきたヨヒラ。 すぐさま自分の藁布団にその体を押し付ける。 雨に濡れた体に藁がひっつくため、気分が良くなるわけではなかった。
 そんな中、フィニが状況を聞いてくる。
 
 「帰ったかよヨヒラ......花は? 取れたのか?」
 「......知るか」
 「はあ? なんだよお前、俺達には散々言っといてーー」
 「あんなものが!」
 
 突然の剣幕。 フィニは体を震わせる。 だが、それ以上に震えているのは、ヨヒラの方だった。
 
 「あんな汚れた血に濡れたものが、我らの願いの成就の鍵など、あり得るものか......!」
 
 ワナワナと体を震わせる。 歯をギシリと食いしばる。 その目は、限りない憎悪に満ちていた。 先程よりも、遥かに強く。
 イリータとオロルの言葉が、彼女の胸に刺さる。
 
 
 
 どこまで、精一杯生きる命を愚弄するわけ......!?
 
 意味なんて、どこにもないだろう!?
 
 
 
 「煩い......」
 
 ヨヒラは頭を抱えた。
 
 何が命だ。 意味? そんなもの、壊すために決まっているんだ。 脳内にいる2匹に対し、怒鳴りつけるように言う。
 
 ......彼女の眼に映ったかつての景色も、ポケモンも。 「欲」という泥に濡れ、鮮やかな色彩など何処にもなかったのだから。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。