Color.7 花火に水色は無い①②

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:2分
7話 歩以外の友達
部活の終わり。歩以外の部活のメンバーともちょっとずつ関係性が良くなっていく。
(歩のフォローがデカい)
おかげで馴染めてきた感じが出てくる。(その他、晴卦町全体に馴染んできた感を出す)
部活の同級生メンバーで、雨濃町で行われる夏祭りに行こうという話が出る。

夏祭り当日。5人で夏祭りを満喫。その最中、暗闇に紛れてケガレが見えたような……。
ひとまず見なかったことにして夏祭りを楽しむ。歩以外ともきちんと友達になってきたという実感がわいてくる。ちょっと前まではこうはならんかった感慨。
打ち上げ花火前に会場トラブル発生。花火が打ちあがらない。
そういえばケガレが打ち上げ花火の準備している方へ向かっていたような気がする。
トイレに行くフリをして茜音はケガレを探し、無機物系ケガレと対峙。
家に置いてきたはずのイーブイがいつの間にかいる。
改めてイーブイが何者なのか茜音は疑問に思う。
希望の「水色」の気持ちに反応し、イーブイがシャワーズに進化。
シューマと共にケガレを撃破。ケガレの元になるのは花火に必要な何か的なものだと吉。
打ち上げ花火を見て、みんなで満足する。

その後、静かな川沿いでシューマと一緒に線香花火をする。
現実とシューマ、イーブイ、ケガレ達との境界がどんどん曖昧になるが、別に夢であったとしても構わないと茜音は思い始める。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想