Box.75 祈り

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:13分

この作品には残酷表現があります。苦手な方は注意してください

 ――ラチナリーグ、湖。
 アカの述べたように、上に大きな置き石が一つ。すなわちオキイシ山を指す。要石が上に一つと下に一つ。下はホムラが破壊し、上は――シラユキ襲撃から忙しなくも不平を垂らしていた男が、石とリーグに残っていた四天王を撃破した。
 バシャーモは、ガーディと一緒にテレポートで逃走を図った。逃がすまいと端を掴んで跳んだまでは良かったが、落ちた場所が問題だった。ラチナリーグの湖上だったのである。
 ほのおタイプは全般的に水に弱い。ガーディは何を考えていたのだろうか。刻一刻と酸素と力が失われていく水中で、ガーディは引きずり落とすようにバシャーモの足にしがみついていた。バシャーモはしがみついたガーディを蹴り落とすわけにもいかず、しかし自力では浮上することも叶わず、ゆっくりとだが確実に水底へと命尽きようとしている。
 ルカリオは苦悶の顔で力なく水を掻くバシャーモ――あまり、意味のない動きに見える――の腕を掴んだ。バシャーモは瞠目し、泣きそうに顔を歪めた。その嘴から酸素が幾らか零れる。ルカリオはそのまま力を振り絞って浮上し、水上へと顔を出させた。

『――げ、げほげほッ!』

 ぜいぜいと、涙目でバシャーモが呼吸をする。ルカリオはその下に潜ると、ガーディを引き剥がしてやった。ガーディの顔を水上へと持ち上げたが、ぐったりとして反応しない。死んでないことを祈るしかなさそうだ。
 カイトは一般トレーナーとポケモンを守る役目を持っている。
 ルカリオもレンジャーの一員である以上、ガーディはもとより、敵とはいえ裁定を待つ身であるバシャーモを見殺しにすることは出来なかった。人命ならびにポケモン救助は、レンジャーの基本倫理である。
 岸に上がるとルカリオはガーディの水を吐き出させたが、意識は戻りそうにない。その時、ぽっぽっと炎を出そうと苦心していたバシャーモが、轟、と大きな炎を吐き出した。いつ逃げられても追えるように、ルカリオは構えたが、とうのバシャーモからは敵意がまるで感じられず、心配そうに言った。
 
『ガーディを貸してください』

 ぽ、ぽ、ぽ、とバシャーモが体内に炎を練り上げる。手首から煙が燻り、その内にチラチラと赤く灯りだし、バッと空を裂くように炎があがった。抱き上げたガーディを包み込むように、自身の残りわずかな炎を燃え上がらせる。
 ガーディの性質は〝もらい火〟である。その性質を理解していた、というよりは、ほのおタイプ同士の本能なのかもしれない。ガーディの濡れた毛並みが乾き、心臓が動く気配をルカリオは感じ取った。ガーディが小さく鳴くと、バシャーモが顔を明るくした。裏表のない嬉しそうな気持ちが、波動を読み取らずとも伝わってくる。
 殺気。身構えると同時に、悪の波動がルカリオの横っ腹にぶつかる。バシャーモの叫び声。湖へ派手な水柱をあげて吹っ飛ばされた。即座に岸へあがろうとするルカリオへ、悪の波動の追撃が飛ぶ。ルカリオは舌打ちした。
 敵性の波動が二つ。岸に黒い影が一つ。バシャーモの両肩を掴み、空へと舞い上がる影が一つ。
 ――ヘルガーとファイアロー。

『ルカリオッ! は、離してくださいっ!』

 なりふり構わずバシャーモがファイアローを振り切った。ヘルガーが反応する暇もない早さで、今助けます! と叫ぶと湖へ飛び込んできた。
 直後、自分がほのおタイプであり、泳げないことを思い出したらしく泡を食った。

『るかり……! たすけっ! いまたすけ……ッ! ごぼっ!』

 半分溺れかけながらバシャーモが叫ぶ。臨戦態勢に入っていたルカリオとヘルガー、両者ともなんとも言えない顔をした。ヘルガーの前に集束していた悪の波動が、影響を受けてパチンと弾ける。よろよろと立ち上がったガーディが、その隙に飛びかかった。

『グッ!? ――死ねッ!』
『ぎゃんっ!』

 ガーディが蹴飛ばされる。地面を擦り、ことりと動かなくなった。わずかにまだ、生命の波動は残っている。――耐えてくれ、と祈りながら、ルカリオはバシャーモを助けた。ありがとう、ありがとう、とバシャーモが繰り返す。
 ――目的はバシャーモか?
 ルカリオは助けながらも警戒を続けていたが、ヘルガーもファイアローも仕掛けてこない。ぜいぜいと肩で息をしながら、バシャーモが言った。

『ヘル、ヤヤ。ルカリオは俺を助けてくれたんです。良いポケモンなんです。殺さないでください』

 二匹の臨戦態勢は解けない。
 当然か、とルカリオは思った。良いも悪いもない。互いに譲れない立場や事情がある。この場に感情論を持ち込むバシャーモは酷く未熟で、それだけに純真だった。岸に上がったバシャーモはルカリオから離れ、ぶすぶすと全身から煙を出し始め――それは、盛る炎へと変わっていく。キッと二匹を睨んだ。戦う気らしい。
 つまるところ、このバシャーモは馬鹿なのだ。
 ルカリオは結論づけた。
 ヘルガーはしかめっ面をしている。ファイアローは真顔だった。澄んだ鳴き声を響かせる。

『ホムラが死にますよ』

 ビクッとバシャーモが顔色を変えた。みるみる内に炎が萎み、ガクガクと震えだす。ヘルガーが愉快そうに目を眇めた。ファイアローが淡々と告げる。
 
『主を守りたいなら、余所見などおやめなさい』

 バシャーモが両手を下ろし、ファイアロー達の方へ歩いて行く。
 振り返らず、しょぼくれた背中をみせて言った。

『……ごめんなさい、ルカリオ』

 嘆息すると、大きな子供の背中が震えた。

『構わん。私の仲間が、必ずお前達を止める』

 重態だろうとなんだろうと、カイトは必ず追ってくる。そうでなくとも信頼できる誰かに必ず託す。
 ファイアローがバシャーモの両肩を掴んで飛んだ。それを見送る暇もなく、ヘルガーの悪の波動が間髪入れずに放たれる。飛び退るルカリオがすかさず応戦した。
 バシャーモの耳奥でルカリオの言葉が木霊した。
 信頼できる仲間。
 自分がいなくても、次の誰かが繋ぐ祈り。

『……仲間』

 バシャーモはウミを守ってきた。それは、誰もウミを守ってはくれないからだ。
 アカやノロシ、イミビ、ファイアローを始めとするポケモン達は信頼できる仲間、だろうか。
 信じているはずだが、ウミを預けることは出来ないと本能的にバシャーモは感じていた。理由は分からないが、危険だ。
 では、信頼できる仲間、とは。
 ……バシャーモは急に怖くなってきた。





 柱の間からファイアローと一緒に入り、バシャーモはすぐにウミを見つけた。アカがいて、バルジーナがいて、ウミは倒れ伏していた。朱色の外套は鮮やかな赤色をしていた。滴り落ちる鮮血は同じ色をしている。傷一つないバルジーナの翼には血しぶきが飛んでいた。
 バシャーモはウミへと駆け寄った。朱色の外套は風の刃で引き裂いたようにぱっくりと割れており、傷口も同じだった。大きく胸元を引き裂き、血はそこから流れでてくる。バシャーモは外套で強く抑えつけ、血を止めようとしたが止まりそうもなかった。赤色が濃くなっていく。
 浅い呼吸音がした。
 まだ生きている。かすかな息づかいで言葉を吐き出す口元にバシャーモは祈るように耳を寄せた。
 逃げろ、と囁く声がした。
 
「シャ……!」

 アカが肩を叩いた。人間であるはずの掌から炎がぽ、ぽ、ぽ、と燃え上がる。
 触れた部分から炎を注ぎ込まれていくように、バシャーモの体の熱量がどんどん膨れあがっていく。全身を巡る熱。行き場をなくした炎がバシャーモの手首から噴き出しそうになる。バシャーモが慌ててそれを抑え込むと、アカが目を丸くした。

「シャモ。君が炎を抑えるなんて、どうしたの?」

 ぎゅうっと堪え、バシャーモはアカの手を払いのけた。血まみれで浅い呼吸をするウミを抱き抱え、その場を飛び退く。
 距離を取ったのは本能だった。
 アカが払いのけられた手を眺めた。

「……同じことでも、君にされると傷つくなぁ。まだ途中だからこっちにおいで、シャモ。ホムラを助けたいんだろ?」
「……?」
「おいでよ」

 ね、とアカが穏やかに両手を開いた。バシャーモの中に籠められた熱が、磁石のようにその身を惹く。蕩け合う炎の帯が半身を求め、バシャーモの体内を巡り回る。酩酊に近い陶酔感が理性を侵すほど、無限の泉ともいうべく炎が湧き上がるのを感じる。
 腕の中で浅い呼吸を繰り返すウミの動きが緩慢になっていく。傷つけてはいけない。バシャーモはぐぅっと炎を抑えつけた。
 カザアナでの過ちは、もう2度と繰り返さない。

「俺が知らない間に何かあったのかな。シャモ、良く聞いて。――その昔、プロメウ……ホウオウ様は自らの炎を俺達に与えられた。その火にはね、怪我を治し、死者を甦らせる力があるんだよ」

 それには一つ条件がある。
 アカはかつて、同じことを試したことがあった。結果は失敗で、相手は焼け死んでしまった。
 ジョウト、カントー、ホウエンと各地の神話を巡り、彼は再度仮説を立てる。

「でもその力は〝心正しきもの〟でないと、使えないんだってさ。心正しきものって何だよって感じだけど、少なくとも俺は正しくないらしい。でもね、君たちなら大丈夫だって俺は信じてるよ」

 アカが笑顔で、半分焼け爛れた顔を撫でた。飛び退いたバシャーモへと近づく。バシャーモは凍りついたように動けなかった。ウミを抱える腕にアカが触れる。それを振り払えなかった。

「火は生命の象徴とされる。誰かの命の火となることで、約束の火も消え、テセウスが許されるなんて――プロメウ様って本当に、お優しい方だよね」

 アカが囁いた刹那、一気にバシャーモの体へと炎が流れ込んだ。
 燃えるように熱い! だが不思議と、日向でまどろむような優しさも感じる。澱のような淀みと、聖なる炎のぬくもりが同居する奇妙な炎がバシャーモの中で暴れ回った。
 見える。見える。バシャーモの瞳に炎が映る。
 それは古より続く約束の軌跡であった。
 人から人へ、ポケモンからポケモンへ、人からポケモンへ、ポケモンから人へ。そうやって約束の火は守られてきた。無数の営みが、焼けた大地に芽吹いていく。
 闘争の炎が惨禍を呼ぶ。希望の灯が未来を照らす。トモシビの人々はそれを火とともに見てきた。希望も絶望も同じ炎(プロメウ)のもとにある。
 畏れるなかれ、次の児ら。脅えるなかれ、ラチナの子ら。
 背筋をピンと伸ばした老婆の姿が見える。手を引かれる黒髪の子供が見える。子供の目は暁色であった。彼は次だ。次の次の次の次の――次だ。灯火を守るもの。

『いつ許されるの?』
『――が、消えるとき』

 ――が、消えるとき。約束の、火が、消えるとき。
 ウミが動かなくなった。バシャーモの炎が抑えきれないほどに巡り回る。炎が全身から吹き出すと、大きな青い瞳から涙がこぼれ落ちた。
 カザアナで、ウミをバシャーモは傷つけてしまった。そんなつもりはなかった。ずっと守ってきたのに。二度とあのような惨事を起こしてはならないと思ったのに。

(「ウミ、と一緒にいて、後悔しないか」)

 後悔などするものか。

(『主を守りたいのなら、余所見などおやめなさい』)

 命に代えても守ってみせる。
 君が守ってくれたのだから、絶対に守って守って守り抜いて、一緒に――

(「そうしたら君は、帰れる。本当だ。約束する」)

 ――ウミは?
 一緒じゃ、ないの?

 身の内から引き裂かれるような叫喚がバシャーモの喉を裂く。全ての約束の火を飲み下した体内で、灼熱は骨の一片までも融解せんと荒れ狂う。
 刹那の出来事であった。
 赫奕たる炎が、バシャーモの全身から零れるように咲き乱れる。

「――美しい」

 アカが蕩けるような眼差しで、ウミを抱きしめるバシャーモの業火を見つめた。至近の炎は姿を変え、火でありながら深海の色を呈する。アカの身の内にあった炎は全てバシャーモへと渡された。
 ほのおポケモン達はもう、彼に従わない。それでも構わないと思えるほどに、涙を流すバシャーモの炎は美しかった。
 風切り音がして、アカの目の前が暗くなった。生暖かい口腔の奥に熱を感じる。正気を取り戻したウインディに食いつかれたのだと気づく前に、アカは予期していたかのように呟いた。

「やっと消えたよ、母さん」

 炎が消える。
 トモシビを、彼を、彼の母を縛っていた全てが終わる。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想