【第133話】信頼の一閃、共に迎える×××(vsCC)

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:8分

この作品には残酷表現があります。苦手な方は注意してください




SDの力を多用するお嬢を止めに入ったブリザポス。
しかしそんな彼を殴り飛ばしたのは、他でもないお嬢そのものであった。
『お……お嬢様ッ……!?』
「悪いけど、邪魔よアンタ。」
「まねね。」
頭から魔杖の一撃を受けたブリザポスは、その場で倒れ伏す。













































その直後……ブリザポスは白い霧となって散り散りになった。
「悪いけど、邪魔なのよ。幻覚なんて姑息な手はやめていただけるかしら?CC!」
お嬢はそう言い放った後、後ろを振り返る。
そこには戦いの様子を見守っていたブリザポスとレイスポスの姿があった。
『お嬢様は……まさか看破したのか!?』



そう……先のブリザポスは、CCが生み出した幻覚だったのだ。
お嬢に言葉を投げかけ、攻撃を躊躇させる偽物だったのである。
『な……何故見破れたのだ!?』
「少なくとも、アタシの知ってるジャックはそんな過保護じゃない。世界を犠牲にしてまで、アタシを守ろうとなんてしないわ……!」
『ッ………!!』
迷いなき無情な攻撃……
それは彼女らの信頼ゆえの一手であった。
掛けられた言葉の僅かな違和感に気づけたのは、真の意味での理解があってこそだったのだ。



「そんな手を使い出すとは……余程追い詰められているようね!」
『おのれ……おのれおのれおのれッ………!!』
目に見えて焦り始めたCCの方を目掛け、お嬢とマネネは魔杖を再度凍りつかせる。
凍雪の秘鍵を起動させたのだ。
そしてそれを後ろに振りかぶり、槍のようにしてCC目掛け投擲する。
CCは慌てて避けようとするが、時既に遅し。
マネネの足元からは張り付くような氷の道が形成され、彼を拘束していたのだ。



「これで……終わりっ………!」
「まねねっ!!」
マネネは自身の背後に、多くの武器を召喚する。
お嬢の持つ、混沌の記憶から生成された数多の武器………それを再現し、展開したのだ。



「舐めるなッ…………余を舐めるな痴れ者がァアアアアアアアアアアッ!!!」
負けじとCCも、かつて飲み込んだあらゆるものを背後に生成する。
瓦礫、死体、ガス、廃水……あらゆる物質で攻撃を加えた。
両者はミサイルのように射出されると、空中で激しい爆裂音とともに衝突し合う。
さながら大規模な砲撃戦………実力はほぼ互角だ。
『何が………どうなってる………!?』
『わかりませんッ……!煙が激しすぎる!ですが…………』
彼らには分かっていた。
マネネのこの攻撃が、主砲の目晦ましに過ぎないということが。



激闘の黒煙が晴れたその時………マネネとCCは鍔迫り合いの距離まで差し迫っていた。
両者の剣と魔杖が、互いに交差していたのだ。
『なかなかやるなッ………だがどうする!?ここから先は動けまい!』
「………いいえ。アンタの負けよ。」
『!?』



お嬢がそう言い終えたときにはもう全てが終わっていた。
魔杖は一瞬のうちに姿を消し、虹色の光へと変わっていたのだ。




わずか一瞬のうちに、周囲に光が拡散される。
そう………ゼロ距離から放たれる『サイケこうせん』の光が。
『き…………貴様ァああああああああああああッ!?』




断末魔とともに、CCは虹色の光に飲み込まれる。
跡形もなく焼け焦げ、その場に取り残されるのみであった。



『き………さま……………』
CCの身体は黒塵へと帰していったのだ。「………さようなら。仲間はずれの哀れな怪物。今度からは私も一緒よ。」
「まね……。」
お嬢はそっと、自分の胸に手を当てた。









『や……やったのか……!?』
レイスポスが周囲を見渡す。
すると周囲の暗闇が、徐々に明るくなっていく。
遠くの方に、建物や人などの様々なものが上へ上へと向かって浮き上がっているのが見えた。
『あれは……』
『CCに飲み込まれていたものです……!本体が消えた事で、元の世界に還っていく……!』
彼が飲み込んでいた超質量の存在が、元いた場所に戻り始めているのだ。



直後、お嬢の耳元に合ったインカムに通信が入る。
「え……通信!?」
本来なら元の世界と隔絶されたこの場所に、通信は入らないはずだ。
それが通じている……ということは、彼らは元の場所に戻りつつあるということだ。
『ザザッ……もしもし嬢ちゃん!?無事か!?』
「て、テイラー?」
通信機の向こうで応答したのは、テイラーであった。
『今な、イジョウナ地方のあちこちで人やモノが急に現れとるんや!もしかして……』
何もかもが消えていった世界が……ゆっくりと修復されていることが、テイラーから告げられた。



「そっか……終わったんだ……」
全てが終わったことを悟ったお嬢は、一気に脱力してその場に寝転ぶ。
「ま……ねね……!」
SDの接続を解き、マネネと共に喜び合う。
誰一人欠けること無く、地球の危機は去ったのだ。



『ザザッ……もしもし!?こちらスモック。どうやらCCを撃破してくれたようだね。ありがとう……大変なことだったけど、よくやってくれた。』
「ええ……やったわ……!」
倒れ込んだまま通信機に答えるお嬢は、歩み寄ってきた馬2匹の身体を借りて身体を起こす。
そしてそれと同時に、彼女は彼らを抱き寄せた。
『ちょっ……大丈夫ですか!?』
「ホントに……ホントに……良かった……!」
その体温の無い身体に触れながら、彼女は感じていた。
『ジャック』が、ようやく自分の元に戻ってきたことを。



そんな彼女の身からそっと離れ、ブリザポスは背中を差し出そうとする。
『……さて、元の世界に帰りましょう。お嬢様はお疲れでしょう。私が背負っていきます。』
「ありがと。じゃあお言葉にあま……」
お嬢がブリザポスに跨がろうとした……その時であった。













彼女の身体だけが、真後ろに向かって吹っ飛んだ。
「!?」
『は……!?』
誰かに突き飛ばされた……とかそういった類の物ではない。
まるで遠くから引っ張られるように、水平に移動して消えていったのだ。


「じゃ……ジャックーーーーーーーーーッ!!」
『お嬢様ーーーーーーッ!!』
「まねーーーーっ!」

叫ぶ声は、互いに届かず虚空に消える。
あっという間にお嬢の視界から、ブリザポスたちが小さくなって消えていった。



遥か遠くの暗闇へと飲み込まれてしまったお嬢。
どこまでも引きずり込まれるように飛ばされ続ける彼女には、何が起こっているのかわからなかった。
当然のごとく、インカムの接続も切れてしまっている。
「な、何なのよ一体!?」
困惑し続ける彼女の問いに、答える存在があった。



























『簡単な話だ。貴様は余と同化しすぎたのだ。』
「か……CC!?」
彼女に話しかけていたのは、他ならぬCCであった。
彼女自身が飲み込み、残留した片割れの存在だ。
世界に影響を与えていた方のCCは確かに消滅したが……お嬢が取り込んだ方の僅かな意識は、彼女の中で生きていたのである。



そんなCCは、お嬢の体内から直接話しかけていたのであった。
『「元の世界と隔絶された法則」である余が消滅したのだから、当然……同一の存在と化した貴様も消滅する。秩序の外に行き過ぎた貴様は、元いた世界に弾かれたのだ。』
「そ……そんな……!」
そう、今お嬢が引きずり込まれている先は真の虚無にして一次元の極点。
皮肉にも、彼女はCCと運命を共にせざるを得なくなってしまったのだ。



彼女は遠ざかり続ける。
元いた世界から。
ジャックやマネネと共に過ごした日々の在った場所から。









読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。