【序章.五】言葉通り

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:4分
 レッドは、グリーンの質問にすぐ答えられなかった。
 今までは何に対してもそれっぽい事を答えれば良かったのだが、彼の繊細な質問にはそれが出来ない。
 どうしても、出来ない。

「言いたい事は分かったよ。俺がエキシビションで、満足させるバトルが出来るかどうかはわからない。でも、出せる全ては出すよ。今は、それしか言えない」

 その答えに、グリーンはポカンとした顔を浮かべる。きっと彼の中の”レッド”は、そんな事を言わないのだろう。
 ”レッド”ならばどう答えるのだろうか。見とけよ、とでも言えば良かったのか。そんな強気で単純な人間か。
 積み重ねの上でしか適切な言葉は出てこない。どう考えても、今言える言葉はあれだけだった。

「一体どうしたんだ。カントーにそんなトレーナーがいるとも思えないが、会わないうちにとんでもない負け方でもしたか?」
「さあ、どうだろうな……。なあ、グリーン。質問に質問を返すのは申し訳ないが、一つだけ答えてくれるか? 俺がチャンピオンの座をすぐに捨てた事、どう思ってる?」
「なんだ今更。色々文句を言う奴もいるみたいだが、俺はなんとも思ってない。この俺を倒してチャンピオンになった奴が、協会認定の殿堂入りトレーナーとしてチャンピオンの座に収まっているよりよっぽど良い。レッドらしく、自由にやっていていいと思うよ。カントーのトレーナーとして模範的とか、そういう役割はお前じゃ無理だ。そういうのは、やっぱワタルさん達に任せておいた方が良い」

 別にワタルさんを悪く言っている訳じゃないからな、とグリーンは加えた。

「そっか。そうだよな。俺は、俺らしく、か」

 それまで鏡越しに会話をしていたが、レッドは立ち上がってそのまま、ソファに腰掛けるグリーンの前まで歩く。改まった様子で近付くと、ソファに背を預けていたグリーンは背中を浮かせて身構えた。

「な、なんだ?」
「君が欲しい言葉は、俺からじゃ言えない。どうやったって、言えないんだ」
「どういう事だ?」
「言葉通りさ」
 
 レッドの曖昧な言葉を、グリーンは真剣な面持ちで受け止めた。
 場が膠着する。二人とも何も話さず、沈黙が支配する。
 しばらく目を合わせていた二人だったが、やがてグリーンは両膝を叩いて溜息を付き、片手で頭を掻きむしった。

「もういい、分かった。ここまでにしよう」
「悪いね」
 
 何が分かったのか。全てを察したのか。一体グリーンは、どこまで知っているのか。

「せっかくトキワに来たんだ。ちょっと遅いが俺のジムリーダー就任祝いに、お前が町を盛り上げてくれ。それを花道に、カントー最難関ジムの名は、俺が引き継ぐ」

 観衆の熱狂する声が、テレビから響く。腕を上げ、勝ち名乗りをあげるトレーナーが映っている。
 優勝者を称える歓声が大きい。ここトキワシティ大会は、強者が集まる事で有名だった。優勝者は、かなりの実力である事は間違いない。
 勝てるだろうか。ずっとそう思って来た。誰と戦う時も、いつもどこか不安だった。
 ポケモンバトルなんて、経験がある訳ない。
 ポケモンとコミュニケーションなんて、取った事がある訳ない。
 技? 戦略? そんな蓄積はない。ずっと行き当たりばったりだった。当たり前だ。そんなものあるはずがない。
 
「花道か。そうだな……うん、盛り上がるよ、きっと、いや、間違いなく、盛り上がる」
「その息だ。やっと、調子出て来たんじゃないか?」
「ああ」

 言いながら、レッドはグリーンに背を向ける。苦笑いを見られたくはなかった。

「そろそろ行くわ。優勝者が決まったところに俺がいないんじゃまずいからな」

 じゃあ、頼んだぞ。と言葉を残して、グリーンは足早に去って行く。控室にはレッドだけが残された。
 
「悪いなグリーン。望んだ通りにはならないかもしれないけど、勘弁してくれ」

 レッドとはまったく関係のない、けれどレッドである彼、”瀬良利樹”(せらとしき)という男の、誰にも理解されない独り言が、静かに控室に消えていく。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。