アチャモとの出会い

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:2分
ポケ北アイランド国立公園は、敷地面積が世界最大の公園だ。
かつて、ポケ北アイランドには、各地方から移民がたくさんやってきて、その移民たちの手持ちポケモンがたくさん野放しにされていった。後に、移民は、ポケモンを野放しにするのに最適な場所を発見した。そこが今の国立公園だったのである。

という文章が書かれた看板が立てられた国立公園の入り口にヒモミはいた。
これから、ヒモミはポケモンをゲットするのである。

ヒモミはまず、アチャモを発見した。
しかし、このアチャモは悲しそうな顔をしていた。このアチャモを公園の管理人に報告すると、管理人から最悪の一言が飛び出した。
「このアチャモ、実は、とあるトレーナーが捨てていったとみられまして、運営側でも看病してあげてるんですよ。」
ヒモミは、このアチャモを持って帰ろうと決意した。
前、ヒモミは、サトシの伝記を読んだことがある。そこに、「サトシのヒトカゲはとあるトレーナーが捨てていったもの」と書かれていたことから、今、これからこのアチャモはもっと強くなると考えた。
「あれ、もらってくれるんですか。大事に育てて強くなってくださいねー」
ヒモミはアチャモをゲットした。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。