61.ここはビシッと

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:2分
 オレはアルバイターのイサメ。やむにやまれぬ事情があり(といっても客にうっかりキレて殴ってしまった結果、即日解雇を言い渡されただけだが)、アルバイトで日銭を稼いで生活している男だ。
 そして今はスロットを回している男だ。
 今お前は、「日銭アルバイターの癖にスロットだぁ?」と思った事だろうが、話は最後まで聞いて欲しい。決して勝算なくしてスロットを回している訳ではない。5日前は2万も勝った。そっから昨日まではちょいと調子が悪くて負け越してるが、そろそろ当たりが来る頃だと踏んでいる。その証拠に、今回っているこの筐体で、テセウスが2体揃っている。最後のテセウスを狙ってボタンを睨む。

「よし、いまだ!」

 ガシャン! と筐体が大きく揺れた。反対側の客が蹴ったのだ。スロットはテセウスではなく炎の石で止まった。おいざっけんなよ! わんわんと泣く声が反対側から聞こえる――昨日からいるバシャーモだ。たびたび筐体を蹴っている迷惑野郎。イライラしながらスロットを再開すると、バシャーモが席を立った気配がした。そのままどっか行っちまえ!
 だがそのまま、近くをうろうろきょろきょろし始める。いったい何を探してるのやら。横目にしていると、床に落ちたチップを拾い集めていた。げげっ! こいつ、落ちたチップでスロットやってんのか! バシャーモはそれからも、せっせと拾ったチップでスロットを回した。ウッなんて惨めな奴……。
 オレはだんだん、こいつが可哀想に思えてきた。このままいけば、奴は筐体を破壊して出禁を喰らうだろう。だがイライラの結果、取り返しのつかない事をしてしまう後悔をオレはよく知っている。誰かがビシッと言ってやらねば……。
 バシャーモが再び筐体を蹴った。オレは使命感に駆られ、すかさず声をあげる。

「うるせーぞバシャーモ!!」
2021年7月22日執筆

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。