第三章【三鳥天司】0

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:2分

この作品には残酷表現があります。苦手な方は注意してください

 さて、それでは次の幻剣に参りましょうか。
 こちらに並びます三対の剣。

 【三鳥天司】にございます。

 『みつどりあまつかさ』、可愛らしい響きでございましょう?
 昔のもの故、見た目こそ朽ちてしまっておりますが、かの伝説の鳥ポケモンをモチーフとしたその造形はなんとも可憐かつ優美なものでした。
 さらにこの三つの剣、それぞれ固有の名前が付いております。
 右から順に、

 灼熱の太陽の如く燃ゆるほのおの剣【陽炎】

 暗雲立ち込める中瞬くでんきの剣【雷電】

 冷酷な吹雪に凍えるこおりの剣【雪氷】

 でございます。
 これら三つの剣が揃えば、天災を呼び起こす、と言われておりました。
 なんでも手にした者は鳥のように空を舞い、陽を、雷を、雪を、自由自在に操ったそうです。
 剣だけで天候を司るなんて、なんとも壮大な話だとお思いになられた事でしょう。
 もしや所詮御伽噺だなんて、そう思われているのではありませんか?
 全く、困りますよ。私のお話はきちんと信じていただかないと。
 もちろんこれからお話します物語はこの【三鳥天司・陽炎】、【三鳥天司・雷電】、【三鳥天司・雪氷】にまつわるお話でございます。
 随分昔のお話になりますので、こんな語り始めはいかがでしょう?

 むかしむかし、あるところに三人のうら若き乙女らがおりました────

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。