帰郷

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:4分
セツキ「博士から着信音だ...」

シキオリ博士『おいセツキ! 今お前のいる町の方から青い光が飛び出したんだが...』

セツキ「あれは伝説のポケモンです それより博士! 僕ついにやりましたよ! シキジカを秋の姿にできたうえに進化させることもできました!」

シキオリ博士『おお! ついにやったか! 急いで研究所に戻ってきてくれ! 研究がしたいんじゃ!』

セツキ「帰りたいのは山々なんですけどさすがに帰るのは明日になるかと...」

???『明日? そんなもの急いでみないとわからないでしょう』

ローズ『もう準備は整ったんだ 君の旅の成功を祝って お祝いパーティーを始めちゃうよ!』

セツキ「え、でも1日くらいならなんとか...」

ローズ『ダメダメ! 人間はそうやって一日二日とどんどん予定を先延ばしにしている内に、いずれその事を忘れてしまう...だったら たった 1日 と言わず 一刻も 早く!』

ピオニー「...んー よく寝たぜ! って俺なんでねてたんだ!?」

ローズ『おや?』

ローズ『おや? ピオニーじゃないか』

ピオニー「!」

ローズ『こんなところで一体何をしてるんだい?』

ピオニー「オニーさんがなんで博士と一緒にいるんだオニー!? ピーは伝説のポケモンの調査をしてるだけオニー! ピーを掘っといてオニー!」ダッダッダッ

セツキ「あ、逃げた!」

ローズ『すまないねぇ 弟は僕と話すとろれつが回らなくなるんだ 弟のようなバカは君のお祝いパーティーにふさわしくない! さあ研究所でまってるよ』

ハラ「私が飛行機を手配しますぞ」

セツキ「ありがとうございます! いこうメブキジカ!」

メブキジカ「メッブキ!」


こうして僕の旅は終わった...




ーロケット団アジトー

マトリ「遅いわね... ゴズはどこで油を売ってるのかしら」

ゴズ「只今帰還しました!」

マトリ「遅かったわね」

ゴズ「はっ! 例のシキジカの奪還に行っていました!」

マトリ「それでシキジカは奪還できたのかしら?」

ゴズ「実は……その……」

マトリ「まさかアンタ逃したんじゃないでしょうね! ロケット団の中でも超エリートの マトリ・マトリックス シキジカ一匹捕獲できなかったなんて!」

ゴズ「ギギョ! で、でもよぉ 代わりにこれ奪ってきたんだぜ!」ヒョイ

マトリ「金の玉……あなた私をバカにしてるのかしら……」

ゴズ「そ、そんなことねぇよ!」

マトリ「言い訳は聞きたくないわ……あなたにはガラル支部への異動を命じます そこで反省することね」

ゴズ「ガラル支部!? やめてくれ! あそこだけは勘弁してくれ! 頼む! 誰か俺を助けてくれー!!」

ーシュートスタジアムー

アナウンサー「優勝は ユウリ選手です!!」

ボールガイ「おおチャンピオン! ボク感動したからご褒美をあげちゃうボル!」ブンブン

ユウリは金の玉を2個手に入れた!▼

ユウリ「チッ どーせならガンテツ寄越せよな ったく使えねーなー」

ボールガイ「………ハァ……」

ボールガイ(ゴズ)「もうヤダ……一体いつまで続ければいいんだろう……」グスン

ボールガイ「元気出せよ新入り! 頑張ればいつかエリート団員に返り咲けるさ! ほら、交代だぞ」

ボールガイ(ゴズ)「ほ……ほ……本部に帰りてぇぇよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」



【秋のSSコンテスト】燃ゆる鹿を探しに

~完~
あとがき

作者です
バドレックスやピオニーが予想外のキャラだったのでストーリーの大部分が変更になってしまい、〆切もあいまり後半ネタが錯綜しすぎてしまいました(カオスとごちゃごちゃは違う)

二作目を執筆するにあたって前作ではやらなかったオリキャラの使用を試してみたのですがこれが意外に難しい勝手です

皆様、ご精読ありがとうございました!


読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。