町紹介

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:6分
ピカチュウにダンジョンの仕様を教えたりする回です。
なんだか道に迷いそうだ。
ああ、ここは不思議のダンジョンだからだよ。
不思議のダンジョンを超えないと次の町に行けないんいんだ。
チート的なものもあるけど。
チート的なもの?それ使えばよかったじゃないの?
今は使えない。
ダンジョン外でしか扱えないものなんだ。
そうなの。
じゃあこのダンジョン突破したら使ってほしい。
いえ。このダンジョンを超えたら次の町なんだ。
そうかゼニガメ。
というかいろんな道具落ちていないか?
ああ。それはダンジョン内だからね。
この道具なに?
ああ。タネだよ。
その中でもそれは、ワープのタネだね。
ワープのタネ?
食べるとどこかに飛ばされる。
フロア内なのでそこがモンスターハウスだとするとかなり危険。
敵ポケモンに使わせるのがいいよ。
つまり、これは投げて使用するのね。
そういうこと。
で、モンスター...なんだってそれは何?
モンスターハウスだね。それは道具がたくさん落ちているところに発生するものだよ
フロアに突入すると、大量の敵ポケモンが上から降ってくるんだ。
それとともにBGMが変化してトラウマともいわれるんだ。
ポケダンって本編と全然違うんだね。
そうだよ。ピカチュウ。
こつこつ学ぶといいよ。
敵ポケモンが後ろに!
ピカチュウ。頑張って。
私の前に敵が来たのよ。
後ろをかまっている暇はないよ。
分かった。
初めての技を出すね。
どうやって技を出すんだ?
技名を言ったら自然と出るよ。
分かったやってみる。
カミナリ!
ごめんピカチュウ。その技は覚えていないぞ。
電光石火か尻尾を振るか体当たりしか覚えていないぞ。
まだ電気技は出ないようだね。
そうなの?ゼニガメ!
そうだ。気を取り直して技を出して。
じゃあ、電光石火だ!
おお、ダメージを受けたみたいだ。
敵のターンだぞ。
う。
ちょっとダメージを受けたけどこれぐらい平気。
よし頑張ってピカチュウ。
ゼニガメ!戦っているの?
おう。もちろん。
ピカチュウの番だ。
じゃあ、体当たりだ。
おお、倒したみたいだ。
こっちも倒したぞ。
行こう。
すごい。ゼニガメ。
技名を言わなくても出せるんだ。
それはそうよ。
それが普通のバトルだろ。
元人間とは思えない適応力だ。
ピカチュウ。何を言っている。
ピカチュウも冷静な判断で技を出したじゃない。
本編の知識を生かせているではないか?
確かに。
よし、次に進もう。
また、道具見つけたよ。
あれはなに?
あれ?
ああ、あれは枝だよ。
最近導入された新システムだ。
あの枝はしばりのえだだ。
しばりのえだ?
そうだ。敵をしびれさせて動かさないようにする効果があるんだ。
振ったら、直線上にいる一番近いポケモンに発生するんだ。
へえ。そんな道具もあるんだ。
これが枝だよ。
かなり軽いよ。
おお、軽いわりにはしっかりと作られている。
よし、もうそろそろこのダンジョンも終わりそうだ。
あ、これはなんだ?
これか?キのハリだよ。
投げて使うものだよ。
そしてこんな道具もあるんだ。
類似道具にゴローンの石があるんだ。
これだよ。
ちょっと重たいよ。
確かに、重たい。これを投げるのか
そうだよ。しかし、効果が変わっていて、
いしのつぶてという同じ石があるけど。
それは直線上の敵にしか当たらなくて、
ゴローンの石は周囲10マス内で一番近いポケモンに当たるという微妙に違う効果なんだ。
ややこしい。
ほんとピカチュウのいう通り、ダンジョンは厄介なんだよ。
いろいろと本編と違いすぎて難しいよ。
よし突破しそうだ。
ついたぞ。ピカチュウ。
ここが、トレジャータウンだ。
トレジャータウン?
探検隊のベースとなる町だよ。
おお。
システムはあまり変わらないよ。
横長になっただけよ。
そういえばゼニガメ。
このポケモンたちは何をしているのかな?
救助隊と同じ仕様だから説明するよ。
ここはヨノワル銀行だ。
略して銀行だ。
そして救助隊ではペルシアン銀行といってペルシアンが担当していたのよ。
で、この施設は何するところ?
お金を預けたり引き出したりする場所よ。
本当に銀行っていう場所ね。
そうよ。
次はここ、エレキブル連結所だ。
わざを1ターンで連続で出せるようにするものだ。
ただ、そのかわりおなかが減りやすなるといったデメリットがあったけど、
経験値が通常の技で出すより少しだけ貰えるメリットもあるのよ。
ねえ?おなかってなに?
おなか?それは後で話すよ。
まずは町の紹介だよ。
救助隊ではゴクリンが担当していたんだ。
次いくよ。
ここはカクレオン商店。色違いのほうは専門店だ。
専門店はわざマシンを取り扱っているんだ。
へえ。
道具を買ったり売ったりできる。
そうなんだ。
その隣がガルーラの倉庫よ。
道具を預けることが出来るんだ。
探検隊は制限があったけど。
救助隊ではほぼ無制限に預けられるんだ。
救助隊でもガルーラが担当しているんだ。
いろんな施設があるのね。
その奥にもなにかありそうだよ。
あの奥は何もない。
本当に?
あるとしたらあるけど。
サメハダ岩というものがあるよ。
ほう。波の音が聞こえてくるね。
ここでリラックスできそう。
私が使用していた場所だ。
懐かしい。
きれいな眺めだね。
そうだろ。
いつもクラブの泡が見れるのよ。
よし。町紹介も終わったから、次の町に行こう。
ちょっと待ってよ。
私は忘れていないよ。
町に行くチート的なもので行った方がいいんじゃない?
そうだね。
まあ、組み合わせ次第かな。
組み合わせ次第?
見ればわかるさ。
次の目的地は宿場町だ。
宿場町に行く並べ方は...。
よしこれか。
ピースを並べて...。
ちょっと離れておいて。
分かった。
よし行くぞ。
なんだなんだ?
よし。成功だ。
これはなんだ?
マグナゲートだ。
まあ、訳すとワープだね。
マグナゲート?
それを話していると時間がない。
これはしばらくたつと消えてしまうんだ。
よし、この光に向かって走るんだ。
わかったね。ピカチュウ。
うん。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。