エピローグ

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:4分
 ――時は経ちクリスマス三日前。

 ボクたちはこの後も数々の試練をこなした。

ウラウラ島での試練を突破し、デンキZ、ゴーストZ、アクZをゲットした。

 ここでの島巡りもあっという間だった。
 そして今日、ユウちゃんからこんなことを言われた。

「近くに、サンタの町があるらしいよ」

「…………!」

 おそらく、あの、一年前のあの村だ……!
 ボクたちは、そこへ向かうことにした。
 ……近くとはいうものの、島の外れの方にあるため、行くのに一日ほどかかった。
 ……今日は12月24日。クリスマスイヴだ。
 ちょうど、去年と一緒。
 ……と、そこに、こちらへやってくる影が……。

『ミミッキュ! ミミッキュだよね!? 久しぶり!』

あのときのデリバードだ!

『デリバードさん……!』

 ボクは、デリバードに今まであったことを話した。

『……本当に、君をプレゼントにして申し訳なかった』

 デリバードが謝る。
 ボクはそれに、こう返した。

『いいえ。むしろ、ありがとうございました!』

 ボクは微笑む。
 本当にそうだ。だって、デリバードがいなかったらユウちゃんに出会えなかったのだから!

『なあ、ミミッキュ』
『?』
『今日はイヴだろう? だからさ……』

 デリバードがボクに囁く。
 ……なるほど、いい考えだ!





 ――夜。
 ユウちゃんとボクはポケモンセンターの宿泊所にいる。
 ボクはそーっと抜け出して……。


 次の日の朝。今日はクリスマスだ。

「おはよう、ミミッキュ……? あれ、ミミッキュがいない……?」

 ユウちゃんが外に出てきた。

「ミキューッ!!」
「!?」

 サプライズ。ボクは、プレゼントをもっている。

image1165



「ミミッキュ……どういうこと……?」
「ミキュ! ミキュ!」
「開けてってこと……?」
「ミキュ!」

 ユウちゃんが緑色に赤いリボンのかかったプレゼント箱を開ける。中に入っているのは……。

「ピカチュウの……ぬいぐるみ?」
「ミキュ!!」
「ミミッキュが作ったの?」
「ミキュ!」
「…………」

「ありがとうーっ!!」

 ユウちゃんに抱きしめられる。
 ボクは今……とても嬉しい!!

 このプレゼントは、昨日、頑張ってボクが作ったもの。
 ユウちゃんが好きなピカチュウのぬいぐるみ。
 このぬいぐるみは、ボクの心。偽りのない、本心。
 ユウちゃんに喜んでもらうために、つくったもの……!

「あれ、これは……?」

 と、ユウちゃんがあるものに気がつく。それは、ぬいぐるみの首にかかっている、とあるものだった。
 ユウちゃんがそれを手に取って見る。その、とあるものというのは……。

「Zクリスタル……?」
「ミキュ! ミキュ!」
「もしかして、ミミッキュZ……!?」
「ミキュー!」

 そう、これはミミッキュZ。実は、デリバードがボクたちへ、とプレゼントしてくれたものなのだ。

「ありがとうミミッキュ! これでミミッキュのZワザ、使えるね!」
「ミキューッ!」

 ユウちゃんがボクをギューッと抱きしめる。それに僕もギュッと抱き返した。


 今日はクリスマス。みんなの希望が溢れる日。
 ……ボクとユウちゃんが出会って一周年。
 ボクたちは、これからもずっと一緒だよ……!!

「ミミッキュ」
「ミキュ?」
「チャンピオン……一緒に目指そうねっ!」
「ミキュっ!」

 ボクたちの冒険は、まだ、始まったばかり。





 クリスマスの奇跡。
 クリスマスという日は不思議な日だ。色々な奇跡が起こる。
 ボクたちも、この奇跡のおかげで出会うことが出来た。
 ……多くの人に、奇跡が起こりますように……。





――完――

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。