4 道場にて...

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:32分
注意事項
・勝手な解釈
・独自設定
・拙い文章
なんか一万字超えましたが中身は普通です。それと、前回が割とまったり回だったので今回は戦闘シーンに挑戦してみました。ムズカシイネ
時刻にして午後の三時頃。ユウカたちはシンリョク村にある道場にいた。そこで何をしているかというと…
「“ほのおのキバ”!!」
「ひいいっ!?」
カエンから繰り出された技をユウカが全力でよけていた。ちなみにカエンがユウカに対して技を繰り出しているのは、別にユウカがカエンを怒らせたとかいう訳ではない。というかユウカたちが道場にいる時点でもうお気づきの方もいるかもしれないが、この二匹はどのような経緯があって、なぜこんな状況になっているのかを見て頂こう。


**********


時を戻そう。
午前七時。たいていの人が目を覚ます時間である。この時間帯からユウカたちに何があったかを追っていこ
「ぐうぅぅぅぅ…すやぁ」
…失礼。この野郎まだ寝てやがった。まあ昨日ユウカは頭痛がするまで起きていたから当然と言えば当然なのだが、話が進まないのでさっさと進展がある所まで飛ばさせてもらおう。
ユウカが起きたのは今から四時間前、つまり昼の十一時だった。
「う~ん、う~~~~ん?」
なんかチクチクする。
自分はベッドで寝てたはずなのになんでチクチクするんだろう?とユウカが考えながら彼女が寝ているベッドを眠たい目を擦って見てみると、ベッドには藁が敷き詰められていた。
「なんだ藁か…って藁ぁ!?」
目の前の光景を目撃したことにより時間差がありつつも目が覚め、飛び起きてしまった。だって藁だよ、それとも何?新手のドッキリか何かなの!?と、芸人としてはほぼ百点満点の反応をしたユウカだったが、彼女の背後で揺れている紫の尻尾を見て全てを思い出した。
「あー、そっか。エーフィになったんだっけ。ポケモンのベッドは藁なんだね…」
そう、昨日起こった出来事はやけに現実味を帯びた夢ではなかったのである。こんな朝っぱら(?)から芸人みたいなリアクションをとったので少々疲れたユウカだったが、昨日極限に眠くなるまで本を読まず、さっさとベッドのところに行って先に驚いておけばこんなことにはならなかった。要するに自業自得である。
藁ベッドについて頭の中で整理をつけると、今度はお腹が空いてきた。何しろ今は十一時。寝起きとはいえこの時間帯では空腹感を感じるのは当然のことである。
「ご飯、ゴハン、ごはんっと。」
ベッドから降りて食べ物を探すと、昨日カエンからもらったオレンのみが目にとまった。確かこの木の実には体力を回復させる効果があったはずだが、現状その他の持ち合わせがゼロなユウカはお構いなしだった。流石に金色に輝くお金を胃の中に収める訳にはいかないのである。
「いただきまーす。」
気の抜けた声でそう言ってユウカはオレンのみを齧った。オレンのみはほとんど味がしなかったが、よく噛んで味わってみるとほのかに辛みや酸味、苦み、渋みといった様々な味が隠されていた。けれどその中に甘さがなかったのはユウカにとって少し残念であった。砂糖が欲しい。
ユウカがオレンのみを食べ終わると同時に、表から知っている声が聞こえた。
「ユウカー!起きてるー?」
カエンの声である。
「起きてるよー!」
とりあえずカエンに返事をしつつ、ユウカは階段を駆け下りて玄関のドアを開けた。
「何―?って、そっちのひt…ポケモンは?」
まだ“人”という単語が出かけてしまうユウカの疑問の先には、カエンの隣にいる体がクリームでできていて、頭にイチゴ…の飴細工をのせているおっとりとした雰囲気のポケモン、“マホイップ”が立っていた。
「オレの母さん。ユウカに挨拶したいんだって。」
「こんにちはーユウカさん。カエンのことよろしくお願いしますねぇ。」
ユウカに衝撃が走った。
「………………かあさん?」
「えっ、何昨日は言ってくれなかったけどやっぱり母さんって言い方やっぱ変!?」
「あらあいいのよカエン、昔みたいにママって呼んでくれても。」
もおぉーーー!!と、カエンがマホイップママになにやら抗議しているが重要なのはそこではない。二匹の話を聞く限りだと二匹は親子なのだろうが、なぜだかそんな感じがしないのだ。というか常識的に考えてみてくれ。ユウカやなんなら私たちはポケモンの生態についてあまり詳しくないが、(いや、もしかしたら部分的に詳しい・・・・・・・人もいるのかもしれないのだが話がそれるので一旦置いておこう。)それでも生クリームから猫が生まれるなど普通あり得るか?無論答えはNoだ。なら目の前の状況はどう説明する!?もはや何が何だかわからないユウカは、なかなかに恐れ多いがご本ポケたちに尋ねてみた。
「あのー…つまりお二方は血がつながっている家族ということで差支えないでございましょうか?」
「なんでいきなり敬語になってんだ。それ以外に何があんだよ。」
「そっかー…」
カエンに肯定されてしまいもはや表面上の納得の言葉以外何も出ないユウカと、その様子を不思議そうに見ているカエンだったが、
「……」
ユウカの質問を聞いてほんの少し俯いたマホイップのことは、二匹とも気付かなかった。


**********


「じゃあ母さん行ってくる。ユウカ行くぞー。」
「…あっ、はーい。気を付けてねぇ。」
カエンがマホイップにそれだけ言うと、ユウカを呼んで村の中心の方へ歩き出した。ユウカもカエンに置いて行かれないように、
「あっ、うん。マホイップさん行ってきまーす。」
とだけ言ってカエンを追いかけ始めた。
「はーい。じゃあねぇ。」
マホイップもユウカに別れの挨拶をして、二匹を見送ってくれた。
先に歩き出したカエンに追いついたユウカが、
「カエンー。今日はどこ行くのー?」
と、カエンに聞くと、
「村の紹介。つっても紹介するような場所はあまりないんだけどな…」
と答えられた。
相変わらず村の道は起伏が激しく複雑で、慣れるまで村の中を歩くのも苦労しそうである。まあこれはこれで楽しいところもあるのだろうが。
しばらく歩くと村の中心にたどり着いた。そこにあった建物は大きい鐘があるシンボルのような塔ではなく、大きめの倉庫だった。周りに木製の机や椅子が置いてあったりそこに座って話をしているポケモンも見受けられたりと、村の集いの場としても機能しているようにも見える。
「まずここ。見ての通り倉庫だ。ここにオレたちがダンジョンで見つけたものをしまったり、逆に倉庫から自分に必要なものを取り出したりするんだ。だからこの村の中心にある。」
「へー。そうな「あっ!カエンじゃーん!やっほー!」、ん?」
カエンがユウカに倉庫について説明していると近くの椅子に座っていた、昨日川のあたりで見かけたミミロルがこちらに気付き、近づいてきた。
「ねーカエン。昨日村長のとこに行ってたけど何してたの?ってそっちは?」
「あっ、うん、えと、」
「えっ、というかこのエーフィちゃん超かわいくない!?好きだわ~。」
「えっ、まっ、あっ、」
グイグイ来るミミロルに二匹は気圧されていた。なんかこう、チャラいというか、JのKみたいな雰囲気に。
二匹が反応に困っていると、どこからともなくまた別の声が聞こえた。
『“ミミ”、落ち着いて。二匹とも反応に困ってるから。』
口から出たのが似通っている二匹に助け舟を出したのは…無?声は聞こえるのだがその主の姿が見当たらない。
「あっそーだね。でもいきなり“ミズノ”の声が聞こえたのもエーフィちゃんにとってはなかなかに驚きなんじゃない?」
『……』
「?なn…うわぁ!?」
ミミと呼ばれたミミロルの言葉を受け、ミズノと呼ばれたポケモン、“メッソン”がミミの横に姿を現した。
メッソンが姿を消せることはユウカは覚えていたが、実際に見るのは初めてなのといきなり現れたからびっくりしてしまった。どことなく悔しい。
「じゃー自己紹介するね。ワタシはミミロルの“ミミ”!よろしくね!」
「あっ、うん!よろしく!」
自己紹介をしたミミが手をユウカに伸ばしてきたのでユウカも前足を出し握手をした。このご時世、例え人通りの少ない所であってもマスクをつけてないだけで一部のめんどくさい人から睨みつけられるというのにさっきまで地についていた前足で握手なんぞしたら多方面から叩かれそうではあるが、そもそも靴すらはかないのがポケモンという生物なのでそのあたりは気にしていないようだ。
そしてユウカはさっきと比べてミミと圧倒的に接しやすいと感じていた。この違いは何なのだろうか?そのヒントとなるものはミミの隣にいるミズノから出てきた。
「ちなみにミミのお姉ちゃんが村を出て都会に行ったからかは知らないけど、その時からさっきみたいな喋り方になったんだ。」
「ちょっと、そんなんじゃないし!」
なるほど納得。どうやら先ほどのラッシュはミミの素ではないようだ。道理で“すこ”とか“マジ卍”とかいう訳のわからないJK語が出なかったのである。え?卍は古いって?言ったろ訳わからんって。
「じゃあ次!!ミズノ自己紹介!!」
「はいはい。僕はメッソンの“ミズノ”。よろしく~。」
「ちなみにミズノは最近姿を消せるようになってからよく消えてるから気を付けてねー。」
どうやらこのポケモンたちはそれぞれ少々こじらせているようだ。この手のものは大体いつか解決するから心配はいらないのだが。(主に恥ずかしい方面で)
「うん。よろしく。私はユウカっていうんだ。」
ちなみにユウカも自己紹介を終えた段階で完全に空気になっているポケモンがいる。だーれだ?
正解はなぜかボーっとしているカエンである。
「んで?二匹は何してたの?おーい、カエンー?」
「…はっ、なんだっけカレーに福神漬けの話?」
「カエンがお腹空いてるのはわかったから質問に答えて?」
「というかそのごまかし方前にも聞いたー!」
さっきまでの流れからカレーの話が出てくるあたりどうやら話を全く聞いていなかったようだ。そしてミミの言葉を聞く限り八割方こいつ常習犯らしい。初めてカエンにあった時に感じたイケメンオーラが崩れていくのをユウカは感じた。
仕方ないのでカレーに福神漬けなカエンの代わりにユウカが説明した。
「私はカエンにこの村について色々教えてもらってるの。それでここに来たって感じかな。」
「そーそー!それでここの説明し終わったから次行くんだ!じゃあな!!」
「「「あっ、ちょっと!」」」
ユウカの説明を受けて状況を理解したカエン(現在イケメン指数9)がてきとうなこと言ってその場を誤魔化した挙句尻尾を器用に使ってユウカの前足を強引に引っ張り逃げ始めた。とっさの出来事だった上にカエンの逃げるスピードが異常に早かったので、何気にハモった三匹はカエンの逃走に対して何もできなかった。
倉庫から少し離れた所でイケメン指数がマイナスに突入しちゃいそうなことをしでかしたカエンが我に返り、走る速度を緩めユウカから尻尾を離した。
「あっ、ごめん!!やっちった…」
「はあ、はあ…というかなんでボーっとしてたの…」
「んえ?あー…なんでだろうなワカリマセン。」
カエンがそう言った次の瞬間、ユウカがカエンの顔を上下左右に引っ張り出した。今のは完全に誤魔化す奴の言い方であったため容赦する必要はない。
気持ち顔面の面積が広がったような気がするカエンが未知の言語をしゃべりだした。
「ふ、ふぁあふゅぎふぁのふぁふぃふぁふぁふぁいふぁらふゅぎいふぃまひょ。」
「はあ…」
ふが多すぎてもはや何いってるか分からないが、何となく察したユウカからはため息しか出なかった。


**********


そしてユウカたちが次に行ったのは、昨日もちらりと見た道場である。
「ここで最後。カモネギのおじさんがやってる道場だ。入るぞ。」
「え?今日はここで何かするの?」
「ユウカの使える技とか、色々知っておいた方がいいだろ。」
カエンの意見には一理あった。今のところユウカが使えると分かっているのが攻撃力のないサイコキネシスだけだからである。
「わかった。じゃあ入ろっか。」
「ああ、カモネギさーん!失礼するぞー!」
そして二匹が道場の中に入ると道場の中にあった、おそらく模擬戦をするのであろう土俵のような所の中央に佇んでいた、非常に太く重そうなネギをもった鳥のポケモン、“カモネギ”がこちらに気付き、立ち上がった。
「ああ、カエン君か。…っと君は?」
「初めまして、私はユウカっていいます。」
「今日はちょっとこいつを特訓してほしいんだ。」
「なるほど、ユウカ君、わたしはカモネギだ。今日はよろしく。」
「はい、よろしくお願いします!」
カモネギと軽い会話を済ませて、ユウカは技の特訓をすることになった。
「じゃあまず使える技を見せてくれるかな?」
そう言ってカモネギは太いネギで、少し離れた所にある身代わりのぬいぐるみを指した。どうやらあのぬいぐるみに向かって技を打てということらしい。
「はい!“サイコキネシス”!」
少々張り切ったユウカが身代わりにサイコキネシスを使った。最初にイワンコに使った時から一回も使っていなかったがうまく使えないといったことはなく、むしろ細かいイメージをせずすぐに技が繰り出されたので、エーフィになってからまだ二日というのにもう技を出すことに『慣れ』てきているようだ。
だが、ユウカのサイコキネシスの問題点は残されたままだった。
つまり、
「身代わりが壊れない…ユウカ君、本当にサイコキネシスを打ったのかい?」
そう、ユウカのサイコキネシスには直接的な攻撃力が無いのだ。
「私はサイコキネシスのつもりで使ってるんですけど…やっぱり変ですか?」
「ああ、攻撃力が無いとなると、“テレキネシス”…いや、ユウカ君、あの身代わりをサイコキネシスで動かすことはできるかい?」
「あっ、はい!」
カモネギにそう言われたので、ユウカは身代わりを空中に浮かばせた後、思いっきり地面に叩きつけた。叩きつけられた地面には跡が残っているが、身代わりの方は壊れることはおろか傷一つついていない。
その様子を見てカモネギは考え込み始めた。
「うーむ、地面に打ち付けられた威力が強いからテレキネシスではなさそうだ、しかしあれだけの威力で地面に打ち付けても無傷とは…いったい何が起きているんだ?」
「あの、何かわかりましたか?」
「ああ、すまない。まだよくわからないな。とりあえずこの技が何なのかを見極めるのは後にする。次はその技の“PP”がどのくらいあるかを調べる。」
「ぴーぴー?」
ユウカがどこかで見たり聞いたりしたような言葉に疑問を持つと、またもや空気になりかけているカエンがPPについてそっと説明した。
「正式名称は“パワーポイント”。オレたちが技を出すときに使うもので、技ごとに最大のPPの数が決まってるんだ。」
その説明を聞いたユウカはまだよくわからないといった感じで、
「つまり私は何をすればいいんですか?」
と、カモネギに尋ねた。
「このタイプの技ならずっと使ってるだけで大丈夫、切れるまでの時間で大体わかるよ。」
そういうものなのか、とユウカは納得しサイコキネシスが切れるまで身代わりを浮かばせた。
二分半後。
「まだ使えるのか…」
「ユウカ辛くないか?」
「うん、大丈夫。」
さらに二分半後。
「30を超えた…?」
「本当に大丈夫か?」
「なんともないよ?」
五分後。
「………」
「………」
「………」
Five minutes later.ごふんご
「「!?」」
いきなり身代わりが滅茶苦茶な動きをしてアクロバティックに空中を飛び回った。
何事かと思いカエンとカモネギはユウカの顔を見たが、顔色どころか表情も変わってない。どうやらこの現象は暇を持て余したユウカの遊びのようだ。にしても危なっかしい。
そして五分後。
ぽとっと。ついに身代わりは空中から落下した。つまりサイコキネシスのPPが切れたのである。
「ついに終わったか…」
「ユウカお前大丈夫か?色んな意味で。」
「ウン、ダイジョブ、オワッタ?」
「カモネギさんやばいユウカの精神が……!!!」
「とりあえず横にしろっ、ヒメリのみとキーのみを持ってくる!」
カエンが二十分も集中してサイコキネシスを使い続けていたので片言になってしまったユウカを道場の隅にあった藁まで運び、寝かせると同時にカモネギがキーのみを一つとヒメりのみを十個ぐらい持ってきた。
「ユウカっ、木の実食べれるか!?」
「ま~わる~ま~わる~よじだい~はまわる~」
「ダメだやはり混乱状態になっている!カエン君とりあえずこの木の実をユウカ君にっ!!!」
カモネギに大声で言われたカエンは焦って木の実のヘタだけ取り、一気にユウカの口に押し込んで……
次の瞬間。ユウカはいきなり襲ってきた辛さにしばらくのた打ちまわることになる。


**********


「かっ、からい…したがしぬ…」
まだユウカはひいひい言っているがキーのみが効いたのか、まともに話せる程度には回復した。そのことを確認したカモネギは、ユウカの技について話し始める。
「本当に回復してよかったよ…あっ、あとユウカ君の技について。これはわたしの予想なんだけれど…」
そういうとカモネギはいつの間にか持ってきていた金属でできたトゲで地面に向かってなにかを書き始めた。…ここは一応屋内なのだが、床は土が敷き詰められたようになっているので心配はいらないのだろう、多分。
カモネギがトゲを器用に使って書いた文字は、次のようになっていた。
1ぶんまわす
2いあいぎり
3かたきうち
4つじぎり
「…これは?」
地面に書かれたものについてユウカはカモネギに聞いた。どの技もユウカには関係ないように見えるが…
「これはわたしが使える技だよ。こんな感じでわたしたちは四つまで技を覚えられるだろう?」
「えっ、あっ、はい。」
ここでユウカの反応が鈍くなっているのは、さも当たり前のように技について言われたからである。まあカモネギにはユウカの事情は教えていないから仕方ないと言えば仕方ないのだが。
「でも、多分君の技は今こんな感じになっていると思うんだ。」
そう言うとカモネギはさっき書いた彼自身の技を羽で払って消し、代わりに別のことを書き始めた。そこには、
1サイコキネシス
2サイコキネシス
3サイコキネシス
4サイコキネシス
…もはや呪いのようにしか思えないようなことが書かれていた。
「えっ、なにこれ…」
「君のサイコキネシスのPPは多分120あるんだけど…普通の技はPPは最大で30までなんだ。だから同じ技で四つ分全部埋まっているとしか考えられないんだよ。」
「となると、ユウカはサイコキネシス以外の技が使えないのか?」
カモネギの説明に質問したのはカエンだった。
「うーん、どうだろう。“技マシン”があれば技を上書きできるかもしれないけど…あいにく今は持ち合わせがないんだ。あるとしたら“いあいぎり”の秘伝マシンぐらいしか…」
「覚えられないだろうし覚えられたとしても一生忘れられなさそうなので大丈夫でーす。」
ポケモンの姿で生活する上では結構便利そうではあるが、いあいぎりという単語を聞いただけでなぜか拒否しなければならないという考えが頭をよぎったので丁重にお断りしておいた。
「そうか。でもそうなるとユウカ君の攻撃手段をどうにかしないと…」
「別にユウカがサイコキネシスで相手の動きを封じて、オレが倒せばいいんじゃねーの?」
「それだとユウカ君が一匹になった時に何もできなくなってしまうからダメだ。うーーむ…」
ユウカの技に関してカエンとカモネギが議論している中、当のユウカは『あるもの』に注目していた。
「カモネギさん、ちょっとそれ貸してくれませんか?」
「それ?…ああ、“鉄のトゲ”かい?別にいいけど…」
そういうとカモネギはユウカに鉄のトゲを渡した。それをユウカは受け取ると、藁の上に座っていた状態から立ち上がりいまだ無傷な身代わり人形に向き直った。
その様子を見てカエンはユウカに注意をした。
「それ投げる気か?口で挟んで投げるのは結構難しいぞ?」
どうやら四足歩行のポケモンは口で挟んで道具を投げるらしい。確かにそれなら不便極まりないが、ユウカにそんなことをする気は毛頭ない。
「ちょっと試したくてねー。“サイコキネシス”。」
ユウカはカエンにそう答えると、サイコキネシスを身代わり…ではなく口にくわえた鉄のハリに使い、浮かばせた状態で尖っている部分を身代わりに向け…
ズバンッ!!と、
その音が身代わりからしたのは、ユウカが鉄のハリを身代わりに打ち込んだのとほぼ同時だった。鉄のハリが直撃した身代わりは爆発し中身の綿が四方八方に飛び散っている。
その一部始終を見ていたカエンとカモネギはもちろんだが、鉄のハリを打ち出したユウカが一番驚いていた。
「…え?何この威力???つよすぎない?????」
ユウカがその言葉を発してからややあって、次に口を開いたのはカモネギだった。
「…すごいな、ここまでとは。」
それにつられてカエンも言葉を発する。
「スゲーーーじゃんユウカ!!なんだあのすごいの!?爆発するとか聞いたことねーよ!!!」
「うんちょっと落ち着いて近いから。」
ユウカに指摘されてカエンは慌てて身を引いた。どうやら気付かぬうちにユウカの方にどんどん近付いていたようだ。
しかし、といった具合でユウカはこう言った。
「うーん、でもこれ大丈夫?ポケモンに打ったら死んじゃいそうだけど。」
そんなユウカの心配に、カモネギは少し苦笑しながら答えた。
「確かに普通のものをサイコキネシスで打ったら大問題だが、さっきの鉄のトゲはダンジョン由来のものだ。それならどれだけ高威力でも死ぬことはないから大丈夫なはずだよ。」
「なんなら噛んだだけで爆発する種もあるしなー。」
何やら穏やかじゃないことが聞こえた気がする。さっき鉄のハリを触ったときは紛れもない金属だったんだけど…とユウカは考えたが、もうそれ以外説明のしようがない。不思議のダンジョンの謎が増えるばかりだ。
そして、カエンがこんなことを提案した。
「ねえねえ!オレユウカとバトルしてみたいんだけど!!」
「え?ええっ!?」
突然の申し出にユウカは困惑する。ちなみにユウカとしてはカエンと戦うことにはあまり気が乗らない。
「ほらっ、まだ私のサイコキネシスってよくわかってないからさ、まだ戦うには早いと思うんだよ。ねっ?カモネギさーん!?」
うーん、とカモネギは考えて、そして決断をした。
「実際にやってみてわかることもあるからバトルしようか。これも特訓。」
「よっしゃ!!」
「なんでぇ!?」


**********


そして冒頭に至るという訳である。
蓋を開ければ可哀そうなことこの上ないが、実際に始まってしまったものは仕方ない。もうやるしかないのだ。
しかし、今この場でユウカは少々困ったことになっていた。いやまあこんなことになってる時点で十分困ってるんだろうがそれは一旦置いておいてだ。
それは、
(鉄のトゲがないっ!これじゃ攻撃できないよお!!)
攻撃手段がないのだ。いや、本当は地面に“ゴローンの石”や“石のつぶて”が落ちていたり、少し遠くには“木の枝”がまとめられていたりとダンジョン由来の道具はたくさんあるのだが、ユウカはどれがダンジョンでできた道具なのかがわからないので迂闊に手を出せないのである。
というわけでユウカの中にある選択肢は一つになった。
(サイコキネシスでカエンの動きを止めて、それから何とかする!)
「“サイコキ「“―――――――”!!」ね………ッ!!?」
ユウカがカエンの動きをサイコキネシスで止めようとしたがそこにカエンの姿はなく、カエンはユウカのすぐそばまで接近していた。そのままカエンが突進してきて、ユウカはなすすべもなく吹っ飛ばされる。
「げほっげほっ…いっ、今のは?」
「“でんこうせっか”。この前も見せたろ?」
そう言われたユウカには確かに思い当たる節があった。
ユウカは目を細くして答えた。
「ああ…さっきミミたちから逃げた時の。」
「なんでそっちが出てくんだよ!?昨日のコラッタ倒したときの方!!」
言われてみれば確かに、コラッタとの間合いを一瞬で詰められたのは電光石火のおかげだったとするのならば納得がいく。
嫌なところを突かれて若干顔が赤くなったカエンが、
「ああもういくぞ!“でんこうせっか”ぁ!!」
と言って暴走状態に入った。
「うわぁっ、あぶな!!」
ヤケクソ気味で戦っているからか狙いが甘くなっているので何とか躱せることもあるが、それでも当たってしまう。
(……まずあの『速さ』をどうにかしないと攻撃も当てられない…)
だが、今のユウカの手持ちはいまだによくわからないサイコキネシスのみ。カエンの動きを遅くする手段がないのだ。
(どうする………)
まさに防戦一方。
単発の威力はそれほど高くないが、このまま削られ続けられれば倒れるのはユウカだ。
(どうする!!?)
しかし、ここで
ユウカの変なところで電球が光り輝いてしまった。


**********


一方、でんこうせっかでラッシュを仕掛けたカエンは落ち着きを取り戻してきていた。
(……少し取り乱したが、)
考えながら、カエンは口元に炎を纏わせていく。
(この勝負勝たせてもらうぞ、ユウカ!)
なんか青春みたいなこと考えていた。相手の都合や意志関係なくこういうことに巻き込むのが男という生き物である。こればっかりは人間ポケモン関係なく。
そしてとどめを刺そうとほのおのキバの準備をして突撃しようとしたカエンだったが、
(っ?なんだ?)
ユウカの様子を見て、足を止めてしまった。ユウカの体に青白い光が纏わりついている。
「……まさか。」
その正体は。
「お前っ、自分にサイコキネシスを使ったのか!?」


**********


カエンは本能で何かを感じ取り、体の向きを180度回転させてでんこうせっかを使い走り出した。
直後。
カエンのでんこうせっかに匹敵する速さでユウカが打ち出された。形勢逆転である。
カエンが後ろを振り返ってみると砲弾と化したユウカがきりもみ回転しながら飛んできていた。もうカエンの頭の中は恐怖でいっぱいである。
『あああまってカエンのと同じぐらいの速さにしてみたけど意外と速いっ、そして怖い!!』
「馬鹿お前こっちも怖いんだよというかそれだったらサイコキネシスで飛んでくんな!!」
『えっ何なんか言ったー!?』
ちなみにユウカは今回転しながらしゃべっているのでなかなかに愉快な声になっているがカエンにそんなことを考えられる心の余裕はない。自分と同じぐらいの物体があり得ないスピードかつホーミングしてこっちに向かってくることほど怖いものはあまりないのだ。
命の危険を感じ始めたカエンは助けを求める視線をカモネギに送ってみるが…おいっ、笑ってんじゃねえ。こっちは死にそうなの!!
しかし、カエンはとあることに失念しながらよそ見をしてしまった。
今、彼はでんこうせっかを使っているのである。
グキッと、
嫌な感触を感じ、体感時間が一時的にかなり遅くなったカエンが足元を見てみると、なんともまあちょうどいいところにゴローンの石が転がってやがった。
しかしどうあがいたって起こってしまったことは変わらない。おかげでカエンは体勢を崩し派手に転がり失速してしまい、そこにもはや歯止めが効かなくなった生物兵器(脳筋)が派手に突っ込み、ちゅどーーーん!!というギャグマンガみたいな音が響いてこのバトルの勝敗が決した。


**********


「うっ、ううぅ……」
なんか体がミシミシいう。
まああんな馬鹿みたいなタックルを食らったのだから当然と言えば当然なのだが。
カエンが目を開けてみると、道場主のカモネギが視界に入り込んだ。
「…おっ、やっと起きた。もう夕方だよ。ふふっ、」
まだ笑ってやがる。
「…何笑ってんだ、というかユウカは?」
「いやあ、ごめんごめん。ユウカ君がした行動が本当におかしくてね。面白かったよ?あとユウカ君はさっきからずっとカエン君の隣にいる。」
そう言われてカエンは顔を横に向けると、何やら涙目なユウカが座っていた。
「…どうしt
「ごめんなさい!!まさかあんなになるとは思ってなかったの。でもカエンが気絶しちゃって…ううっ、ほんとにごめーん!!」
すごい勢いで謝れられた。カエン自身は何とも思っていないがユウカにはカエンを気絶させてしまったことに対し罪悪感を感じたのだろうか。
「気にすんなよ。バトルしてたらこのくらいよくあることだから。」
「わたしもユウカ君にそう説明したんだけど、どうしても謝りたいって言ってきかなくってね。」
「そうだったのか…心配させたな。」
カエンがそういうとユウカは恥ずかしくなってしまったのかそっぽを向いてしまった。
あらら…とカモネギがユウカの様子を見てつぶやいた後、カエンが気絶している間二匹が何をしていたのかを説明してくれた。
「…そうそうカエン君が気絶している間にわたしはユウカ君にサイコキネシスについて話をしておいたよ。特殊技はわたしの専門ではないから力になれないと思っていたがあれなら話は別だ。」
「……?」
カモネギの最後の言葉にカエンは引っ掛かりを覚えたが、いつのまにやら体が浮かんでいたのでそれどころではなくなった。
「んえ?あれぇ!?」
「それじゃあカモネギさんそろそろ帰りますねー。」
「ああ、また暇ができたらきてくれ。」
「なんだと思ったらこれサイコキネシスか……?」
二匹が普通に会話しているし、ユウカが出口に向かうと同時にカエンも出口に向かっていったので恐らく確定だ。まあこの状態では動けないからありがたいのだが
そしてカエンはサイコキネシスで浮かばせられたまま、ユウカと一緒に道場を後にした。


**********


道場を出てから五分ぐらいしてユウカたちはそれぞれの家の前までたどり着いた。カエンの家の扉の前には、少し心配になったのかマホイップが立っていた。
「あらあ、おかえりなさあい。って、どうしたのぉ?」
息子が結構ボロボロになっているというのにマホイップの調子は変わらなかった。というか道場での話を聞く限りもう慣れているのだろう。
「ユウカが結構強くてさー、負けちゃったよ。というかあれはほんとに怖かった…」
「ううぅ……ごめん。」
「だから気にすんなって。」
「あらあ、いいわねぇ。ママに話してくれるかしらぁ?」
「いいけどママはやめてくれママは。」
「じゃあ降ろすよー。」
ユウカがカエンに使っていたサイコキネシスを解き、カエンは約五分ぶりに地面に足を付けた。所々痛む所はあるが、もう大丈夫そうだ。
「じゃあ、また明日ねー。」
ユウカはそう言うと、疲れた足取りで彼女の家に入っていった。やはりサイコキネシスを長時間使っていると負担がかかるのだろう。カエンは少しユウカに申し訳なく思った。
「それじゃあわたしたちも家に入りましょぉ。」
「うん。…あっ。」
「あらあ?カエンどうしたのぉ?」
カエンはユウカの家を見て、そしてつぶやいた。
「ユウカあいつ…今日の夕御飯あるのか?」
一日後、二階の廊下でげっそりしながら倒れていたユウカがカエンによって発見された。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。