年鑑 ver 0.1

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:6分
 1990年代
 ・ニューアイランドの極秘遺伝子研究施設にて、フジ博士、モチヅキ博士の共同研究により、ミュウの睫毛の化石から二匹のミュウツーが創られる。(最初に生まれたプロトタイプは記録上死亡が確認され、廃棄処分されている)
 ・モチヅキ博士の助手が廃棄場にてプロトミュウツーの生存を確認、個人的な保護を開始
 ・ミュウツー開発に並行して、ポケモンと人間の遺伝子を合成したクローン研究が進むも、実現には至らないままミュウツーの逆襲に遭い研究所が破壊される。
 ・モチヅキ博士は脱出したが、その助手がプロトミュウツーを救出して死亡する。
 ・ロケット団に潜入していたプラズマ団のスパイが、クローン研究に関する記録を入手する。
 ・ロケット団のミュウツーに対抗するため、プラズマ団が古代ポケモンの化石からゲノセクトを6匹復活させる。
 ・プラズマ団に潜入していたロケット団のスパイが、ゲノセクトを1匹奪取する。

 21世期
 ・ほとんどアニメ及びゲーム正史に準拠
 ・ミアレシティにて人工知能「ミラージュ・システム」の稼働が確認される。
 ・アローラ地方にてウルトラスペースより訪れたメガロポリス人とファーストコンタクト。
 ・無秩序なウルトラスペース開発の防止を目的として、「アローラ条約」を締結。ウルトラホールの渡航、開発及び技術研究についてはメガロポリス政府の許可が必要とされる。
 ・プラズマ団が対ミュウツー戦力として保有していたゲノセクトが脱走、無事に保護される。
 ・ロケット団に改造されたゲノセクトが施設を破壊して脱走する。

 2050年代
 ・プロトミュウツーがイッシュ地方のリバティガーデン島に出現し、封印されていたビクティニを誘拐。
 ・長年対立していたロケット団とネオプラズマ団の間で抗争が勃発する。
 ・ロケット団とシャドーの間で抗争が勃発、ダークポケモンの情報を得るためプロトミュウツーが参戦する。
 ・ニューアイランドを破壊したミュウツーに対してプロトミュウツーが復讐のため交戦、ビクティニの介入により敗北を喫する。
 ・ゲノセクトがキャプチャースタイラーを悪用した洗脳兵器を駆使してポケモン村を支配し、ポケモン解放軍を組織する。
 ・ポケモン解放軍による人類への宣戦布告により、カロス地方全域に非常事態宣言が発令される。
 ・解放軍に対抗するため、地球政府とロケット団、シャドー、プラズマ団等の組織が「地球連合艦隊」を結成する。
 ・カロス地方で解放軍と連合艦隊が全面衝突。連合艦隊が劣勢を強いられるも、ミュウツー率いる世界中のポケモン達による加勢を受けて、連合艦隊が勝利を収める。ゲノセクトを戦犯として拘束し、洗脳されたポケモン達を保護する。

 2053年
 ・ロケット団艦隊の航空旗艦リベンジャー号が、反転世界の異常現象を調査中に行方不明となる。

 2055年
 ・リベンジャー号の捜索打ち切りの決定を不服として、プロトミュウツーが地球連合艦隊の戦略顧問アドバイザーを辞任。バディであるビクティニは医療顧問を継続する。

 2067年
 ・地球連合艦隊の主軸を宇宙探査に移すため、トクサネ宇宙開発センターを拠点とした宇宙探査計画を発表。

 2068年
 ・人類初の長距離宇宙探査船が出航。

 2106年
 ・ネオプラズマ団が地下施設にてクローン技術を完成させ、ミュウと人間の遺伝子をハイブリッドさせたクローンが30人誕生する。

 2108年
 ・ネオプラズマ団の地下施設が破壊され、クローンのひとりが逃亡する。
 ・逃亡したクローン少女ミオをポケモンGメンのエージェント・レノードが確保、以降レノードの監視下でミオを保護する。

 2110年
 ・地球連合艦隊がメガロポリス政府の承認を得て、ウルトラホール探査計画を発表。二機の航界船「オデッセイ」と「プロメテウス」を同時に着工開始。

 2114年
 ・人類初の長距離航界探査船U.I.S.オデッセイが発進する。
 ・U.I.S.プロメテウスに設計上の欠陥が見つかったため、探査計画が延期される。

 2115年
 ・ウルトラホール深淵にある世界「テメレイア帝国」からベベノムが来訪、ポケモンGメンの保護を受ける。
 ・ベベノム帰郷のため、地球連合艦隊はプロメテウスの利用を提案。メガロポリス政府は反対するも、条約破棄にまで言及されたため渋々承諾する。
 ・U.I.S.プロメテウスが無事竣工し、ウォーレン船長指揮のもと発進する。同行者として、ポケモンGメンの代表者レノード、ミオ、スノウライトの3名が乗船する。
 ・フェローチェが支配する砂漠の世界、フェルモス公国とのファーストコンタクトを果たすも、交渉が決裂する。
 ・プロメテウスがウルトラホールに流れる虚数空間に座礁、脱出過程で同空間に遭難していたギラティナを救助。損傷が著しいため、意識及び肉体を量子化してプロメテウスのサーバーに保護する。
 ・テメレイア帝国、雷の艦隊とファーストコンタクトを果たすも、毒の艦隊から猛攻撃を受ける。雷の艦隊が崩壊したため、雷の当主ゼラフィールを保護する。

 30世紀
 ・時間調査機構TBIが発足、ディアルガを特別顧問として迎える。

 32世紀
 ・時間渡航協定に調印していない世界や組織が時間解放軍を結成。
 ・ディアルガが時間解放軍の襲撃を逃れて、21世期に避難する。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。