第30話 盗む理由

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:10分
 家の中に入った4人。中は外見と同じく至るところが古びていて、修復された跡がいくつも存在する。あまり住まいとしてはよろしくないところだ。

「どこ行ったんだろう?」

 ヒトカゲはピカチュウ達を探している。他の3人も死角になりそうなところを手分けしてくまなく探しているがそう簡単には見つからず、行く部屋毎にかなりの時間をかけた。

「はぁ~いねぇな~。もう諦めたら?」

 疲れた顔をしながらゼニガメが弱音を吐く。たかだかポフィン1つのためにとも思っているが、食べ物の恨みがいかに恐ろしいものかというものを、ヒトカゲの顔を見た瞬間に感じ取った。

「冗談じゃない! あんなにおいしそうなポフィンを横取りするなんて、見つけたらただじゃおかないっ!」

 右手でつくった拳を左手に打ちつけながら、ヒトカゲはポフィン泥棒と自分のポフィンを必死に探している。ゼニガメは呆れつつも身震いをした。

「部屋があと1つしかないわ」

 他の部屋も探し終わったチコリータが戻って来た。残る部屋はあと1つ。絶対そこにピカチュウとピチューがいると確信した4人は、その部屋の前へそっと近づいた。ヒトカゲは小声で他のみんなに指示をした。

「いい? 逃げられたら困るから、合図したら一斉に突入するよ」

 ゼニガメ達は黙って首を縦に振り、身構えた。張り詰めた空気がその場に漂う。一呼吸おくと、ヒトカゲは自分の指をみんなに見せながら3カウントを始めた。

「3・2・1……今だっ!」

 その声と共に4人が部屋に突入しようとした時だった。部屋の扉がそっと開き、中からピカチュウとピチューが静かに出てきたのだ。これには4人も驚き、体が前のめりになった。

『お願い、静かにして』

 ピカチュウとピチューは扉の前に立ちはだかり、指を1本口元に当てながら小さな声で頼み込む。突然の事で何が何だかわからず、その理由を聞くどころか、言われるがままに黙った。そしてピチューがそのまま部屋に入ろうとした時、ヒトカゲ達に手招きをした。

(どうしたんだろう。他に誰かいるのかな?)

 ヒトカゲは不思議がりながら、他の3人と一緒に部屋の中へ入っていった。すると4人の目に、ピカチュウの進化系であるライチュウの姿が。ピカチュウとピチューがそっと近づく。
 ライチュウは布団で寝ているが、呼吸は荒く、若干苦しそうである。傍からでも体調が良さそうには見えない。ヒトカゲ達はその様子を見た後、顔をピカチュウ達の方へ上げる。

「このライチュウ、僕達のお母さんなんだ」

 ピカチュウは母親の方に目をやりながら、ゆっくり語り始めた。

「まだピチューが生まれたばかりの頃に、お父さんが病気で亡くなったんだ。それでお母さんは生活のために一生懸命働いてくれて、僕達を育ててくれてるんだ。だけど僕達に隠してたみたいだけど、かなり無理して働いてたようで、心配になった頃には時すでに遅し。歩くのがやっとの状態さ」

 事情を把握し、4人は大体の動機を推測できた。それまでの怒りが徐々に収まり、彼らを哀れむことしか出来なくなっていた。

「お母さん、元気な時はよくポフィン作ってくれたんだ。お母さんもポフィン大好きでね、ポフィン食べたら元気になるんじゃいかなって思って……」

 生活をしていくために必死になっていることは4人の心に凄く伝わってきたが、盗みは歴とした犯罪である。それを伝えなければとヒトカゲは口を開く。

「確かに、かわいそうな事だと思うよ。でもだからといってお店の物盗んでいいわけじゃないよね?」

 それを聞くと、ピカチュウ達は黙ってしまった。頭ではわかってはいるものの、改めて言われると、罪の意識が非常に重く彼らにのしかかる。

「エレブーやデンリュウだって、お客さんの事を考えて一生懸命作ってるんだ。それを横取りされたら、取られた側も売っている側も悲しくなっちゃうでしょ?」

 ヒトカゲはそう言うが、心の隅では、自分のポフィンが盗られたことに対する怒りが少しばかりあったとは誰も思ってもないだろう。

「もし悪い事だって理解したなら、エレブー達に謝りにいこうぜ?」

 黙っているピカチュウの肩をポンと叩きながらゼニガメが促した。反抗する理由もないため、俯いたままピカチュウとピチューは小さく頷き、謝りに行くことにした。


 街へ戻ると、閉店後の片付けをしていたエレブーとデンリュウがすぐにヒトカゲ達に気づき、近寄ってきた。

「おっ、捕まえたのか!」

 機嫌よさげにエレブーが言うが、ヒトカゲ達の様子があまり嬉しそうでない事に気づいたのか、どうしたのだとその理由を尋ねる。

「ほら、ちゃんと説明しなよ」

 黙ったままのピカチュウ達に、ゼニガメが背中を押した。最初は何て謝罪すればよいか戸惑っていたが、いい言葉が見つからなかったので、素直に謝ることにした。

『……ごめんなさい』

 そう言った途端、2人は泣き出してしまった。突然の事にエレブー達もおどおどし始めたので、彼らに代わってヒトカゲ達が彼らの事情を説明した。

「そうかぁ、だけどまずそのライチュウを……」
「それは心配ないです」

 事情を聞いたエレブーは病気のライチュウの事を気にしたが、チコリータに何かしらの考えがあるようだ。彼女が提案したのは、その場にいた者達の度肝を抜いた。

「ドダイトス、ライチュウを入院させて。費用はうち持ちで」
「わかりました」

 「費用はうち持ちで」という言葉に全員が目を丸くする。そんなに軽々と払える金額でないことは容易に想像できる。中でもゼニガメは思わず羨ましそうな顔をした。

「さて、後はこいつらをどうするかだな」

 泣き止んだピカチュウ達を見ながらエレブーが頭を悩ます。警察にでも連れていかれるかと思った2人だが、優しい微笑みでデンリュウがしゃがみ込み、彼らに目線を合わせる。

「ねぇ、ここで働かない? ここで働いて、今まで盗っていった分と生活していく分のお金を稼ぎなさい。それで許してあげる」

 デンリュウに母性を感じたのか、ピカチュウとピチューは自分達の母親にするように彼女に駆け寄り、抱きしめなれながらその胸で泣き出してしまう。ごめんなさいと何度も呟きながら。
 これにはエレブーだけでなく、周りにいた者の涙を誘う。こうして彼らも今までの罪を反省して真面目に働くことを約束して、めでたし……というわけにはいかなかった。

「あの、僕のポフィン……」

 ただ1人、ヒトカゲはポフィンの事しか頭になかった。


 結局、泥棒を捕まえたということでエレブー達にご馳走になり、ようやくヒトカゲは念願のポフィンを口にすることができた。メガ家の御用達ということもあり、その味は格別であった。

「おいしい~♪ これならいくらでも食べられる♪」

 超ご機嫌になったヒトカゲは無我夢中でポフィンを食べまくっている。その速さは、ゼニガメが1個食べる間に、ヒトカゲは4個食べるくらい速い。

「そういや、小僧らは観光かい?」

 できたてのポフィンを持ってきたエレブーが質問する。確認だが、小僧らというのは、記憶喪失・番長・お嬢様・警備員の4人のことである。ヒトカゲ達は自分達の経緯を説明する。

「えっ、それって大変じゃない!」

 一通り話を聞いたデンリュウが事の重大さに気づき、その場で慌て出す。お前が慌ててどうするとエレブーは呆れながら彼女の肩を叩く。

「それで、『雷の勾玉』を手に入れたくてこの島に来たんだ」

 デンリュウの慌てた様子に対して、満足げな表情のヒトカゲが言った。相当彼らの作ったポフィンが美味しかったようで、皿に残った屑まで拾っている。

「けどよぉ、すぐには無理じゃなかったか? デンリュウ」
「そうよねぇ、『雷の勾玉』は番人のライコウが自分で管理しているから、どこに存在しているかは私達にはわからないし」

 “ライコウ”という言葉に4人は声を上げて反応する。そう、エンテイと同等の階級に属している番人――ライコウが勾玉を持っているというのだ。それだけで彼らの緊張感が高まる。

「そう。そしてライコウは滅多に姿を見せないの。見つけるだけでも至難の技なんだけど……月に1度、“雷光郷”と呼ばれる渓谷に現れるらしいの。確か、次に現れるのが2日後だった気がするわ」

 デンリュウ曰く、ライコウは定期的に雷光郷へ訪れるらしい。ベルデ島の時のように簡単にはいかないとは思いながらも、手掛かりがあるだけでも嬉しい話で、4人は期待に胸を膨らませた。

「ただ、気をつけな。何されるかわからないからな」

 いきなりエレブーが気になる事を口にしたので、ヒトカゲはどういうことかと聞き返す。それに対し、まるで怪談話をするかのような声色でエレブーが応える。

「ライコウは敵だとみなした相手には容赦なく“かみなり”を落とすらしいぞ。特にそこのカメ坊、気をつけた方がいいぜ」

 指を差されたゼニガメは、一瞬ドキッとしてしまった。彼はみずタイプ故、ライコウに敵とみなされれば一瞬にして大ダメージを負うことになる。それに加えて、何となく嫌な予感がしたようだ。

「じゃあ、2日後に行ってみます。場所教えてくれますか?」

 ヒトカゲ達はエレブーとデンリュウに場所を教えてもらった。彼ら曰く、雷光郷まで歩いていくと1日近くかかるという。のんびりしている時間はないので、4人はエレブー達にお礼を言うと、すぐに雷光郷目指して歩き始めた。

「ちょっと、地図持ってかなくて大丈夫!?」
「……あっ……」

 果たして本当に辿り着けるのだろうか。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。