親しき仲にも礼儀なし

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:19分
コン、コン

 ……夢を、見ていた気がする。
 今よりももっと子供だった頃の夢、シルヴァディやレイと出会った頃の夢。
 あのときは、嫌いな姉さんたちと顔を合わせない毎日が楽しかった。スズが与えてくれた島キャプテンの立場でポケモンバトルを一生懸命練習して決められた人とゼンリョクでバトルできればそれ以外何もいらなかった。……模犯怪盗であり家族みたいなクルルクと一緒に居られるだけで嬉しかった。

コンコンコン!

 でも、今はそれだけじゃ足りない。自分で選んだ怪盗としての立場で、盗むと決めたものと盗む。そうすればわたしもクルルクみたいになれる。他人を楽しませて、笑わせることができるようになる。
 昨日は、チュニンにそういうことが出来たと信じたい。

ドンドンドン!

 ……さっきからなんの音?

【お客さんのようですね。このままだとドアを突き破ってくるかもしれませんよ】
「誰かがわたしを捕まえに来た?」
 
 ホテルの従業員がこんな大きな音を立ててドアをノックはしないはず。さすがにドアを壊すとは思えないけどノックの音はどんどん強くなる。
 わたしは朝が苦手な方だ、だから正直、まだ頭がぼやける感じはある……でも、今は怪盗としてここに来てるんだから、不意の相手でもパジャマにナイトキャップで寝ぼけまなこなんて姿は見せられない。

「レイ、もうちょっとだけ抑えてて!」

 アローラにいるときから姉さんやクルルクが私の部屋に勝手に入らないように、寝るときはツンデツンデの一匹をドアにくっつけておく習慣がある。その子に念力でドアを抑えてもらいつつ、わたしはささっと着替えを済ませる。
 昨日のわたしとは別人だとシラを切るために、ロングヘアのウィッグに長めのスカート、ブラウス姿。それに背丈をごまかすための厚底靴。スカートの長さで靴を履いているのはばれないようになってる。
 
 一応鏡で変なところがないか確認して……よし。昨日とはだいぶ印象が違う、身長170近い大人のお姉さんになれたはず。

【ラディの変装術も板についてきましたねえ】
「……うっさいわね」

 わたしは苛ついた声でそう呟く。

【あら、怒られてしまいました】
「違う、ドアを叩いてくるから怒ってるお姉さんになりきろうと思って」
【ふふ、わかってますよ】
「もう……それじゃレイ、もしいきなり攻撃してきたらよろしくね」
 
 いつでも攻撃できる状態になったレイを背に、わたしはドアに手をかける。相変わらずドアは大きな音をたてていた。
 とにかく、まだドアを叩く人に一言怒ってやろう。

「もういい加減にして! 人が気持ちよく寝てたのにさっきから何よ!」

 思い切りドアを開けるなりそう叫ぶ。
 ドアを叩いていたのはチュニンだった。怒っているわたしを見て、驚いたように目をぱちくりさせている。
 わたしに全く物怖じすることなく瞳を見つめられて、逆にわたしが一瞬戸惑ってしまった。

「……すごい、怪盗っていうだけのことはありますね」
「なんの話! あんまりしつこいと警備員を呼ぶわよ!」
「えっと、大丈夫です。今日はただ昨日のリベンジというか、普通にポケモンバトルをしに来ただけですから! 何か危害を加えるつもりはありません」
 
 両手をあげて笑顔を向けるチュニン。
 ……とりあえず凄んで見たはいいものの、反応からしてわたしがここにいることはわかってるみたい。
 
【では失礼して。あなたは今シャトレーヌやキュービックの意思とは関係なく、個人的にラディとバトルしてみたいと?】
「おやあなたは管理者の……ええ、そのとおりです! すいません、起こしてしまいましたかね?」

 引くに引けなくなってわたしをフォローするようにスズがわたしのポケットから声を出した。
 スズが喋ったことでわたしも別人のふりをする意味がなくなったので、ゆっくり息をついて気持ちを切り替える。

「……ごめん怒鳴って。でも朝からあんなふうにドアを叩くなんて非常識じゃない? 暴漢かなにかかと思った」

 無理やり捕まえる気だったのならともかく。もうちょっと穏やかにしてほしかった。

「すいません、予選の役目を終えて一眠りしたもののやはりいてもたってもいられなくて! あの後どうやってあなたとシルヴァディに勝つか考えていたくらいですから」
「それはシャトレーヌとしてまずいんじゃないの?」
「心配無用です! 大体皆さん一体も倒さずに来るかめちゃくちゃ倒して来てマーシャドーの攻撃力に完封されるかのどちらかですから、はっきり言ってチュニンがトレーナーとして考えることはありません!」
「て、適当……」

 バトル大会の通過者を決める重要な仕事のはずなのにちょっといい加減な気がする。

【彼女達シャトレーヌはこのリゾートの象徴ですからね、あの場に立って挑戦者を迎える事自体に意味があるのでしょう】
「その通りですね! なのでてっきり、怪盗としてのあなたもそういうものだと思っていました」
「どういう意味?」
「キュービ姉さまの指示した通りに宝を盗み、パフォーマンスでお客さんを盛り上げるためにポケモンバトルをする……という話でしたから。チュニンより年下の女の子ですし、まさかあんな気骨のある方とは露知らず! 実は、初日の対応は師匠に怒られてしまいましたしね」
「……わたしは、お飾りでやってるんじゃない」

 チュニンに悪意がないのはわかる。アローラの怪盗は本当の犯罪者ではなく、人々にポケモンの力を駆使して宝を盗み出すところやバトルを見せるための存在。アローラでも、わたしやクルルクをただスズの言うことを聞く人形であるかのように言う人もいる。
 ……でもわたしもクルルクも自分の考えがあって、自分でやり方を考えて盗みをしているんだから。そんな風に言われるのは、嫌だ。

「当然、今は考えを改めましたとも! さ、今すぐバトルしにいきましょう、すぐ行きましょう! チュニンは今日一日おやすみですので!」
「わかった、わかったけど顔が近い」

 吐息が感じられるくらい近づくチュニンから離れるついでにレイにアイコンタクトをする。もしわたしを直接攻撃しようとしたらいつでも反撃するように。
 ……そう、わたしは自分で宝を盗むんだ。チュニンに認めてもらえたからって、気を許すわけにはいかない。
 バトルが終わったらそれとなく離れて、今日の予選に関する情報を集めておこう。

「なんといってもリゾートのバトル施設が集中するメインストリートはチュニンの管轄なんですよ! ここで問題が起きたときはチュニンが退治しにいきますし、もし本当に良からぬ輩に襲われたときは遠慮なくチュニンを頼ってくださいね!」 
 
 一応、わたしがわたしだとバレないようにさっきの格好につばの広い帽子をかぶって外に出る。
 歩きながら、チュニンはバトルリゾートの詳しい地理や普段の自分の仕事を説明してくれる。
 ちらりと口に出た彼女の師匠、というのもシャトレーヌの一人であるらしい。とても厳しくて温かい人、というのがチュニンの説明で。厳格な老婦人である、というのはスズからも情報として聞いていた。

「でもバトル施設が管轄って……他のシャトレーヌは何をしてるの?」
「キュービ姉さまはリゾート全体の管理や新しいカードの開発を。チュニンの師匠はポケモンバトルの歴史を記録した資料館や幼子達がポケモンと触れ合う施設の管理を。そしてもう一人は……あー、えーと……スズさん、でしたっけ?」

 流暢に説明していたチュニンの口が止まり、なぜかスズに聞く。まさか、忘れたなんてことないと思うけど。

【ご配慮ありがとうございます、と言っておきましょうか。ラディ、本日の予選を担当するシャトレーヌの担当はですね。端的に言うと大人向けの娯楽を提供する場所なんですよ】

 ……言い淀んだ理由はわかった。というか、このリゾートにもそういうのあるんだ。

「いえ、別にふしだらなことではなく真っ当な酒場やギャンブルや大人の会話をポケモンバトルを交えてする場所ですよ? 遊花区、という名前を付けられただけあって今だとキマワリやキレイハナがあちこちでお出迎えしてくれますし」
「ふーん……」

 季節ごとに色んなくさポケモンが美しく並んでいる様はとても評判がいいらしい。なんだか早口になって必死にフォローしている風でもある。そんな話をしながら歩く。
 
 そろそろ昨日サフィールとバトルした建物が見えてきた頃。
入り口が開き、見覚えのあるサーナイトが出てきたと思うと案の定続いて出てきたのはサフィールだった。
 変装してるからわたしに気づくことはないとはいえ、シャトレーヌのこと姉さん達と呼んでいたから。チュニンに話しかけるかもしれない。
 チュニンの様子を伺うと、わたしの方を見て笑顔でそっと唇に人差し指を立てた。
 そして、サフィールに声をかける。

「なーんだ、誰かと思えば泣き虫サフィじゃないですか」
「……!」
 
 変装していなければ、声を出してしまっていたと思う。快活に笑っていたチュニンがまるで別人になったみたいに。それも、わたしやクルルクが変装を解くのとは全く違う──例えるなら、映画の中で仲間だったはずの人にいきなり背中から氷のナイフで刺されたみたいにゾッとした。それくらい、悪意に満ちた挨拶だった。
 気づいたサフィールは、バツが悪そうに俯く。
 
「……悪いけど、今はチュニン姉さんに構ってる暇はないんだ。知ってるよね、僕が怪盗を捕まえるつもりだってこと」
「本気で出来ると思ってるんですか? 泣き虫のくせに?」

 その挑発に、サフィールは顔を上げてチュニンを睨みつけた。

「うるさいよ! あんなポケモンカードの事何一つ知らない女の子、いつだって勝てる、捕まえるための方法だってもう決めてある!」 

 何か言おうとしたわたしの口が、パクパクと開くだけで何も言えない。うるさいけど明るかったチュニンも、ひょうきんだけど優しく手を引いてくれたサフィールも、ただの幻覚だったんじゃないかと思ってしまうくらい豹変していて、何より真剣だった。
 
「へえ、それなら──すこしテストしてあげましょうか」
「っ、リフレクター!」
 
 チュニンがでんこうせっかの速さでサフィールとの距離を詰める。サーナイトの目が光って二人の間に文字通り壁を作った。いくらチュニンがすごい身体能力を持っていても、ポケモンの技を打ち破ることなんて出来ないはず。
 彼女の足が止まり、そっと壁に手を添える。
  
「へえ、咄嗟に指示が出せるようになりましたか。チュニンに『サイコキネシス』は無駄ですからいい判断ですね。バトルに負けて泣きながらサーナイトに手を引かれてた時よりは成長しましたか」
「いい加減しつこいよ。サイコキネシスが効かないなんて姉さんが凄いんじゃなくてただリゾートのシステムでそうなってるだけじゃないか」
  
  チュニンが止まったことにサフィールが大きく息をつく。
  
「甘い甘い、ちょっとポケモンカードが強いだけの子に『管理者』の後ろ盾がある子をどうこうできるなんて自信過剰にも程があります……よっと!」

チュニンの拳がどう動いたのか、わたしには見えなかった。ただ、お寺の鐘をついてそのままたたき壊したような轟音が響いて、わたしはとっさに耳を塞ぐ。

「       」
「  
                                       」  
【                  】
                                       
 脳を揺さぶるような音のせいで、何を話しているのか聞こえない。
 ただ見える景色が間近であの音に当てられて蹲るサフィールと、サーナイトの壁越しにその様を嘲笑うチュニン。
 チュニンがもう一度、壁に手をかける。わたしは気がついたら、走り出していた。
 
「……もうやめて!なんで、こんな事……」

 サフィールの後ろに回って、チュニンと向かい合う。チュニンはさっき変装したわたしと顔を合わせたのと同じように首を傾げた。
 
「さっきの話、聞こえてませんでしたかね? この少年、貴女を狙ってるんですよ?」
「そういう問題じゃない! あんなひどい言い方して、暴力をふるって……それでも、キュービさんと同じシャトレーヌなの!?」
「と、言われましてもサフィールにはいつもこうしていますので」

 取り付く島もない、冷たい声。……話しても無駄だ。今のチュニンはわたしを虐めてた姉さん達と変わらない。蹲るサフィールもわたしの言葉もチュニンには響いていない。どういう事情があるかはわからない、こんなの間違ってる。

「サフィール、立てる?」

 初めて会った時とは逆、わたしが彼の手を取って助けようとする。

「……大丈夫、慣れてるから。それに君の助けは借りられない。オレは君を、自分のために捕まえなきゃいけないんだから」

 その手はサフィール自身の手によって払われた。
 ゆっくりと立ち上がり、サーナイトの目が光る。するとサフィールとサーナイトは消えてしまった。テレポートの類だ。
 わたしはチュニンを睨みつけると、彼女はため息をつき、つま先で地面をトントンと叩く。
 
「やっぱり、ずいぶん仲がいいんですね? 敵同士なのに」
「あなたには関係ない!」
「それがあるんですよ。……まあ、続きはキュービ姉さまの城でしましょうか」
「ふざけてるの!? 今からあなたについていくなんて──」
「ご心配なく、無理やり連れていきますから」

 チュニンの体が揺れる。地面を思い切り蹴って一気に踏み込んでくる。その動きにわたしはとても反応できない。でも、こっちだって無策じゃない。
 ツンデツンデがとっさに反応して、文字通り私を守る石垣になってくれた。

「無駄ですよ!」
「レイ、『まとわりつく』!」

 サフィールのリフレクターにやったのと同じ轟音を生み出す掌底を出される前に、ツンデツンデの小さな体がチュニンの動きを阻害する。
 バトルリゾートではポケモンの技で他人を傷つけることはできない。だからこそ人間として規格外の身体能力で音も操れるチュニンの格闘術は恐ろしい。
 だけど、あれだけ音を出す体の動きなら正確な動きが必要のはず。だからツンデツンデが体にまとわりついてしまえば格闘術は使えない。
 身動きを封じている間にできるだけチュニンから距離を取る。

「……やりますね」
「わたしがあなたの格闘技になんの対策もしてないと思ったの?」
「せいぜい壁を作る程度だと思っていたので想像以上でした。やはりサフィールとはものが違いますね」
「……なんで、そこまでサフィールのこと」

 チュニンのサフィールへの態度は異常だ。ただ単に嫌い、というだけでは済まない恨みのようなものを感じる。

「あなたには関係ありません、一つ言えるのは、あなたの怪盗ごっこはここで終わるということです──バシャーモ!」
「レイ、戻って! お願いグソクムシャ!」

 胸が冷える。……昨日わたしを認めてくれた言葉はただのシャトレーヌとしてのリップサービスに過ぎなかったんだ。バシャーモもチュニンも、わたしへの敵意は昨日の比じゃない。

「……あなたがサフィールと会っていたと聞かされて、驚きました。あまつさえ親しげに、怪盗であることを話していたなどと」

 悪鬼羅刹のような顔でサフィールを見下すチュニン。よっぽどサフィールの存在とやろうとしていることはチュニンにとって許せないことらしい。

【むやみにドアを叩いていたのはそういうことだったんですね。チュニンはなんとしても、サフィール君とラディの関係を確かめたかった】
「泣き虫が近くにいるのはわかりましたからね、自然な形で反応を見たかったんですよ」
「そんな事のために、サフィールにあんなひどいことをしたの!? 最低!」
「ええそうですとも! 許しません、あの泣き虫がキュービ姉さまの計画に泥を塗る可能性はあってはいけません。だから、貴女をここで捕まえます!」
「貴女みたいな勝手な人に、わたしは負けない……グソクムシャ、『アクアブレイク』!」
「『フレアドライブ』!!」

 グソクムシャとバシャーモが激突する。お互いのポケモンがたたらを踏んだ。

【しかし困りましたね、人が集まってきてしまっています】

 スズが耳打ちするようにわたしのイヤホンだけに声を送る。気づけばチュニンの出した音のせいか周りに人だかりができていた。
 でも、逃がしてくれるような雰囲気じゃないし……わたしは、チュニンのことが許せない。
 本気のポケモンバトルで勝って、理由を聞き出さなきゃ納得できない。


「まーまー? チュニンは今日お休みやのに元気やねー? お客さんも驚いてはるわー」


 チュニンもわたしも、引く気はない。そんな状況で遠くから発せられた声は、チュニンの動きを一瞬止めた。
 わたしも声の方を見ると、一匹のラフレシアが自分の大きな花をぼよんぼよんと揺らしながら歩いていて。
 花の上に乗った着物のお姉さんも、咥えた煙管の煙と豊満な体を揺らしながら野次馬とわたしたちを見る。

「しかしルビア姉さま! これはキュービ姉さまのご命令で……」
「ご命令、なあ。確かにこのおねーさんが少年に襲われとったりしたらチュニンはお仕事せなあかんね?」
「ですが!!」

 言葉が遠回しでわかりにくいけど、チュニンの態度からするとこのルビアという人はチュニンの行動を嗜めているみたいだった。

「なあチュニン、あの坊のことはわちきに任せてなー言うたやろ? チュニンの仕事はリゾートに来たお客さんの警護、違うん? こんな風にはしゃいで、このおねーさんもチュニンのこと怖ーなってまうよ」
【この人が、先程話に出た遊花区のシャトレーヌですね。騒ぎを聞きつけてやってきたのか、あるいはチュニンの暴走を察知したのかでしょう】

「っ……申し訳ありません、お客様! このチュニン、第一予選をやり遂げたことでつい舞い上がってしまい……」

 チュニンが周りのお客さんに謝る。まずわたしとサフィールに謝ってほしい……それを言ってもかえってややこしくなる。
 グソクムシャを戻し、わたしはラフレシアの上のシャトレーヌに話しかける。

「お嬢さんも堪忍な。お詫びも兼ねて、うちのお店にご案内しよーか?」
「どういうことなのか、あなたが説明してくれるの?」
「聞いてたよりしっかりした女の子みたいやし、答えられることは答えよか。そっちの管理者はんも、それでえーね?」
【……そうですね。お招きに預かりましょう、ラディ】

 ラフレシアと目が合う。小さな手で大きな自分の花を示した。乗っていく? と聞いているみたい。
 まるでトランポリンみたいに柔らかい花びらの乗り心地には興味があるけど──わたしは首を振った。
 
【歩きすがら、彼女についての情報をお話しましょうか?】
「……お願い」

 チュニンは野次馬に謝ったり握手したりしていてこちらにかまう余裕はなさそうだった。前を歩くシャトレーヌが何を考えているとしての、話を聞くしかない。自分のお姉さんに虐められるサフィールを見て、無関心でいるなんて……わたしには、できない。



読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。