No.4 フェアリースキン

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:1分
お知らせ 主役は正式にピアノにバトンタッチします。
「うわぁ、これ美味しそう」

「あんまり食べ過ぎるんじゃないぞ。次のライブどうするんだ?」

今日は時間が空いたから、お兄ちゃんのわかば(リーフィア)とショッピングモールに来ている。
ボクの目の前には、たくさんのクレープが…

「これとこれとこれとこれ♫」

「太っても知らないぞ」

だったら動けばいい。この仕事、すごい体力使う、よね?

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
「あ〜美味しかった。次は何食べよっかな…」

「さすがにもうやめとけ。仕事無くな……痛ッ」

お兄ちゃん… いきなりお兄ちゃんが倒れる。



時間がないので、後日、書き足します。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

 この作品は感想が書かれていません。