フロンティア・オリジン

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:13分
 リゾートに来て、二回目の夜。わたしは大会会場であるバトルシャトーにやってきていた。
 もちろん忍び込む時の黒装束ではなくて普通の格好、青色のジャージにつば付きの帽子。
 体型がわからないくらいゆったりした服に、髪を帽子の中に隠してショートに見せてるから、人によっては男の子にも見えるようなスタイル。
 受付のお姉さんに、身分証と大会への出場届を確認してもらう。

「・・・・・・もう大丈夫?」
「はい! 緊張せず、楽しんでくださいね」

 大会に申し込んでもらった招待状と、スズが偽造とした身分証を見ると、エントリーナンバーの書いたカードを渡してくれる。35番、という数字とわたしの名前。
 
【頑張ってくださいね、“グラデシア”ちゃん♪】
「・・・・・・スズはその名前で呼ばなくていい」

 名前がアッシュ・グラディウスだともしかしたらアローラに詳しい人がわたしが怪盗だと気づくかもしれない。だから、グラデシアという偽名を使うことにした。スズ曰く、伝説の花の名前らしい。
 カナズミシティのスクールに通う中学一年生で、今回リゾートには初めて来た・・・・・・という設定だ。
 実際に宝を盗むタイミングまでは、怪盗は名乗らない。でも、盗み出すときに正体を明かすんだから実質今からの振る舞いが怪盗としてのわたしになる。

「思ったより、参加者は少ないのね」

 たくさんの人がリゾートにいるからものすごい数になると思っていたけれど、会場に集まっているのは50人くらい。ただ、みんなそれぞれのボール・・・・・・いやカードを持っていてやる気に満ちている。その中には、昼間バトルしたサフィールもいた。声はかけない。変装してるから気づかれないと思うけど、もし正体をばらされたら困る。

【真剣勝負よりも遊びとしての意味合いが強い場所です。見物したい人の方が大多数みたいですね。いいじゃないですか、ライバルが少なくて】
「その分、たくさんの人に見られるってことでしょ」
【望むところでは?】
「・・・・・・うん」

 大会の始まる時間。お城の広いエントランスホールに、老若男女が今か今かと待ちわびている。すると、階段の上の大きな扉が開き、リゾートの城主であるキュービさんが現れた。その後ろにはチュニンも護衛のように控えている。
 
「綺麗・・・・・・」
 
 薄桃色のドレスを身にまとい、頭には白銀色のティアラ。首元に大きな宝石をつけたキュービさんは、まるで昔話のお姫様みたいだった。周りからも、言葉を失ったみたいな吐息が漏れる。
 キュービさんはゆっくりと会場に来た全員を見渡す。その途中、眼帯のない方から見える赤い瞳が、わたしを見て微笑んだ気がした。

「皆々様。今宵はこのシャトーにご来場頂き、まことにありがとうございます」

 みんなが静かなのもあるけれど、マイクをもっていないのに柔らかい声はエントランスによく通る。キュービさんはゆっくりと頭を下げた。

「こうして50人を超える方々が参加してくださることを、シャトレーヌとして嬉しく思います。尤も、人前にめったに出ないわたくしのことなどご存じない方も多いとは思いますが」

 会場から、苦笑いが漏れる。

【とんでもない謙遜もあったものですね。バトルリゾートに人が集まるように身を粉にして尽くしたのはここに来る人間なら誰も知っていることでしょうに】
「今回はホウエンの方のみを対象としましたが、いずれは世界中の人々がポケモンカードを手にバトルを安全に楽しんでもらえる日が来るよう、これからも尽力したいと思います」

 今度は、みんな静まりかえる。・・・・・・わたしも、少しどきりとした。
 キュービさんならいずれ本当に世界中のポケモンバトルを変えられるんじゃないか──そんな気がするような、柔らかいのに絶対に折れない意思を感じる声。

【ここにいるのがスズでよかったです。他の管理者が聞いたら卒倒ものですよ。・・・・・・まあ、彼女らしいですけどねえ】
「さて、挨拶はこの辺にして、さっそく大会について話しましょうか」
 
今のところ、バトルの大会とだけ知らされていて具体的なルールについては一切告知されていなかった。

「かつて・・・・・・ポケモンバトルがまだどこででも許された時代、この場所は『バトルフロンティア』という名前でした。特殊なルールでのバトルに挑み、最後に強者たる施設の代表者が存在するというシステムだったのですが・・・・・・今回の大会ではそれにあやかり。『フロンティア・オリジン』と名付けたいと思います」

 説明に耳を傾ける。挑戦するのは三つの試練、今日、明後日、四日後に一つずつ行われて、試練をクリアできないと脱落。最後に残るのは八人でその後決勝トーナメントが行われるらしい。

「そして優勝者には、ラストリゾートの秘宝である『緋蒼の石』をお渡しします」

 ひそうのいし。そう呼んでキュービさんは首元の宝石を雫に触れるようにそっと持つ。サファイアとルビーが球体になるようにぴったりくっついて、まるで小さなモンスターボールみたいだった。あれが、わたしが盗む宝石。

「ホウエンに伝わる伝説のポケモン。グラードンとカイオーガを制御するための要石です。もちろん今は、誰も使用方を知らないのでただの綺麗な宝石ですよ? みなさんご存じかもしれませんが、この石をアローラの怪盗さんが狙うと予告されています。もしかしたら、大会の出場者に紛れ込んでいるかもしれません」

 みんながその言葉で周りを見渡す。わたしも目立たないようにそんなフリをした。・・・・・・不自然に、思われてないよね。

「しかし、心配は無用です。怪盗さんは乱暴な人ではなくとても冷静で優しい人のようですし・・・・・・何より、このリゾートにはこの護神の力で守られていますからね」

 その評価はちょっと照れくさい。わたしは怪盗として一生懸命それらしく振る舞ったつもりだったんだけれど・・・・・・そう思うのもつかの間。

「あのポケモンは・・・・・・」

 キュービさんの頭上には、赤と白の体をしたドラゴンポケモンがいた。人間より少し大きいサイズなんだけれど、キュービさんの頭上をくるくる回るその姿は小さな女の子のようにも見える。

「リゾートの皆さんに、ここにいるかもしれない怪盗さんに、特別に護神の力をお見せしましょう。『ミストボール』」

 護神と呼ばれたポケモンは、体から虹色のもやを放ち始める。わたしはここで正体を明かすわけにはいかないから、何もできない。虹色のもやがホール全体に広がったとき。

 飛び込み台からプールにダイビングしたような音を立てて。一瞬にしてホール全体が水で包まれた。わたしも会場のみんなも、突然体中にまとわりつく水の感触に驚く。
 まるで水族館の魚達みたいに、わたしや周りの人の体が浮く。
 
(うそ、これじゃ息が・・・・・・)
 
 キュービさんが何を思ってこんなことをしたのかわからない。水中の彼女は変わらず穏やかに微笑んでいる。
 とにかくグソクムシャを出して、であいがしらによる突進で無理やり外に出ようと考えたとき──わたしは、全く息苦しくないことに気づいた。確かに水の中にいるのに、
息を吸って吐くことができる。
 周りの人も違和感に気づいたみたいで、狐につままれた表情でキュービさんを見る人が増えた。

「・・・・・・と、これが護神ラティアスの力です」
 
 キュービさんが水中で口にした瞬間、部屋中の水が消え去った。慌てて自分の体を見るけれど、服が濡れた様子すらない。・・・・・・幻覚?
でも、ここに集まった50人以上の人に一斉に幻覚を見せるなんて、普通のポケモンじゃまず不可能だ。

「加えて私の信頼する妹たちも守ってくれるわけですから・・・・・・ふふ、怪盗さんといえども手が出せないかもしれませんね?」
【挑発のつもりか、あるいは彼女なりの激励なのか。とにかくこちらから大見得を切った以上負けられませんね?】

 キュービさんは八百長で宝石を盗ませるつもりだった。それを断って本気で盗み出すと決めたのはわたし。だから、後に引くつもりはないけれど。
 明らかに通常のポケモンとはかけ離れた力。ポケモンカードとGX技という変則ルール。
 ・・・・・・不安になるのは、怪盗らしくないのかな。
  
「さて、私がいつまでも話してもつまらないでしょうから。チュニン、進行をお願いできる?」
「はい! お任せください姉様!」
 
 チュニンは手すりをつかむと、おもむろに跳躍する。宙で一回転しつつ飛び降りて、ほとんど音もなく着地した。・・・・・・映像でも見たけれど、すごい身のこなしだ。

「姉様のお言葉通り、このチュニンが第一予選を担当させていただきます! ルールは簡単! こちらの用意した迷路をくぐり抜け、チュニンの元にたどりつき、バトルに勝てば第一予選クリアです!」

 確かにとてもわかりやすい。でも、迷路?

「詳しいルールを話す前に・・・・・・こちらをご覧ください!」

 チュニンさんが、エントランスホールの奥にある大きな扉を開ける。すると向こうには道はなく、うっすらとした光を放つ丸いプレートのような物が床に置かれ。正面の壁は、どこかの島を映すディスプレイになっていた。彼女の言葉通り、島の至る所に壁が張り巡らされていて迷路そのものになっている。
 
「ここに立つと、迷路のどこかにランダムにワープされる仕組みになっています! そして迷路の中にはたくさんのポケモン達が行進していますので、それらをくぐり抜けながらチュニンのもとにたどり着いてください! ちなみに、迷路は刻一刻と変化していく仕組みになっていますので!」
 
 チュニンの説明を要約すると、こういうことらしい。
1.迷路をくぐり抜け、チュニンとのバトルに勝てば第一予選クリア。チュニンの使うポケモンは1体。
2.中にはたくさんのポケモンがいて、見つかると攻撃をしかけてくる。一定以上ダメージを受けると自動的に退場させられる。
3.チュニンとのバトルで使えるポケモンは3体だが、迷路の中では何体のポケモンを使ってもいい(一度に出せるのは1体まで)
4.予選時間はこれからの3時間と明日同時刻から3時間。その間にクリアすればOK
5.ほかのトレーナーと鉢合わせた場合、一対一のシングルバトル開始、負けた方はしばらくその場から動けなくなる。
6.GX技の使用は一回の挑戦につき一度までとする。

 「・・・・・・あんまり難しくはなさそう」

 チュニンのポケモンは1体なのにこちらは3体。迷路の中では使うポケモンに制限なし。他の人に負けてもやり直しになるわけじゃない。今日失敗しても明日もある。ずいぶんゆるい条件だ。
 
【第一予選からあまりふるい落とす訳にもいかないでしょうからね。でも、油断は禁物ですよ? 迷路の中のポケモンに怪我させられないとも限りません】
「このリゾートで?」

 バトルリゾートでは人間が怪我をしないように護神の力が働いているはず。だから否定しようとした。
 
「あ、それと付け加えておきますが、この迷路の中ではポケモンの攻撃が人間にも影響を及ぼす仕組みに変わっていますので! 具体的に言うと麻痺や金縛りにご注意ください!食らいすぎると退場ですからね!」
【ね?】
 
 何も言えない。もしかしてあらかじめルールを知ってたんじゃないだろうか。そう思ったわたしに、スズが付け加える。

【初歩的なことですよ、ラディ。もし人間に一切影響を与えられないなら、わざわざポケモンを出して相手にする必要がなくなってしまうでしょう?】

 確かに、少し考えればわかることだ。その言い方は、たしなめるようでもあった。

「ポケモンの攻撃で人間に影響が出るなら、野生のポケモンだけじゃなくて怪盗を狙う人にも気をつけないといけないよね」
【大変よくできました。スズの方でも不審な人物が近づいてきたら知らせるようにしますが・・・・・・サフィールくんのことも含めて、大会に気を取られすぎないでくださいね】
 

「さあ、それでは早速始めましょう! フロンティア・オリジン第一予選、その名は『パレード・オブ・ナイツ』!! 夜7時の鐘が鳴ったらスタートです! ゴール地点で待ってますからね!」

 チュニンさんが一足先にワープ装置に入り、姿が消える。すると一分もしないうちに、この島に鐘の音が響き渡った。ホールの半分くらいの人が、一斉にワープ装置へと賭けだしていく。残り半分の人は、ひとまず様子をうかがっているみたいだった。

「・・・・・・行くよ、みんな」
【様子を見るのも一手だと思いますが】
「ううん、明日もあるんだもん。様子を見るなら、もし今日クリアできなかった時でいい」
【なるほど】

 一発で素早くクリアできれば怪盗としての正体を明かした時によりアローラの代表として恥ずかしくない活躍をしたといえるはず。だったら一番にクリアするくらいの気持ちで向かった方がいい。

 わたしは、手持ちのポケモン達がボールを握りしめ。大会へのスタートに、足を踏み入れた。   


読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。