08.路地裏スニーキング

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:22分

ラジオの電波に乗ってジョウト中に、いや下手すると世界中にロケット団の声明がばら撒かれた。その発信地であるコガネシティは、当然ながら混乱の渦に飲みこまれている最中だった。
ポケモンセンターを出ようとすると、逃げるように駆けこんでくるトレーナーたちとぶつかった。こういう緊急事態の際にはポケモンセンターが避難所のような役割になっているのだろうか、だとしたらこの外は一体どんなことになっているのか。
ひとつ深呼吸をしてから外へ出ると、そこはいつもと変わらないコガネシティ。けれど視界の隅にちらりと黒が見えた。ロケット団だ。見つからないようシャワーズと一緒に間一髪で路地裏に滑り込んだ。奴らは数人、あの黒い制服のまま我が物顔で歩いている。時々耳元の通信機器のようなもので誰かと連絡を取りながら、何かを探すように辺りを見回す。奴らはどんどん近付いてくる、ついにこちらに視線が向きそうになったところでロケット団員を観察することを止め、あたしは完全に路地裏に身を隠した。
……あのラジオ放送からほんの数分で、こんなにも堂々と。警察はこの非常事態に一体何をしているんだ、とあたしはガーディを連れたひげ面のおじさんを思い浮かべる。コガネシティの周辺でよく見かけたあの人たちが仕事をしているところはあまり見ていない、ただ夜中に出歩いている子供に早くポケモンセンターへ行くよう注意しているだけだった。けれど、こういう時こそ働き時じゃないのか!? あいつら今のままだとただの子供見守り隊で終わるぞ!?
そういえば警察署ってここにもあるんだっけ、とタウンマップを開こうとしたところで女の悲鳴が耳に届いた。また路地裏から顔を出すと、ポケモンセンターの自動ドアが開いている。悲鳴はその中から聞こえてきたようで、一緒に物が倒れるような音やポケモンの鳴き声らしき音も聞こえる。やがてひとりでにドアは閉じられ、ポケモンセンターの中からの情報は完全に遮断されてしまった。
なんだ今の、まさかさっきのロケット団が……? ポケモンセンターの中で行われていることを想像して、生唾を飲みこむ。こちらに近付いていたあの黒ずくめたちの姿はもうない、奴らはポケモンセンターの中で何をしている?
嫌に自分の呼吸音が気になる。緊張感の中に、ほんの少しの恐怖が紛れ込む。もうここまで来るとテロリスト集団だ。この世界で最も重要な施設のうちのひとつであろうポケモンセンターが、ロケット団の手に堕ちてしまった……そう想定できるような場面に遭遇してしまった。
意識して呼吸を落ち着かせていると、また別の場所で誰かの悲鳴が上がる。いや、怒号か? とにかく複数の叫び声と、何かが暴れる音。ポケモンセンターだけではない、他の場所でも同じことが起こっている。
ロケット団は、コガネシティ全体を占拠しようとしている……なんて、考えただけでも壮大過ぎる。一度解散した、ボス不在の残党集団にそんなことをするだけの力が残っているのか。ボスの帰還と団の完全復活を夢見て地下に潜っていたはずなのに。チャンピオンと複数人の子供が侵入したことでそのアジトも手放したというのに。
やっぱり、ここにもあったんだ。あたしが見逃していた、あいつらの拠点が。そして、チョウジで大量の新人下っ端を入団させていたのと同じように、ここでも。
ふらふらと、ポケモンセンターの前まで吸い寄せられ……途中で足を止めた。中にいるロケット団は数人程度のはず、そのくらいならあたしとポケモンたちでどうにでもできそうだ。隣に並ぶシャワーズも完全に臨戦態勢で、ポケモンたちと言わずこいつだけで事足りるだろう。
けれど、今目指すべきはここではない。ここを救っても、きっとキリがない。今のロケット団が一体どの程度の規模なのか想像がつかない、コガネシティのような大都市を占拠しようとしているならかなりの人数であることくらいしかわからない。この日に向けて、チョウジのアジトで行っていたのと同じように団員を増やしていたはずなのだ。ポケモンセンターに入った数人を倒したところで、また別の下っ端たちが現れるだろう。そうなるとあたしはここで長い間足止めを食らうことになる。
……また、誰かの声が聞こえる。今度は悲鳴などではなく、ただの話し声。……その内容はただの会話ではなさそうだ、視界の隅にやはりあの黒を捉えた。
シャワーズは既に殲滅対象を変えていて、近寄る黒い影に焦点を合わせている。あたしはそんな彼の背を軽く撫で、こちらを向いた鋭い顔つきに向かってただひとつ頷く。それだけでトレーナーの意を汲み取ってくれた、少し不満げにその痛いほどのオーラを弱めてくれた。ありがとう、後でちゃんと暴れさせてやるから。
もう一度シャワーズの背を撫でてから、彼を一旦ボールの中に戻した。隠れて行動するならあたしひとりの方が都合がいい。黒ずくめからこちらの姿を捉えられる前に、目的地へと向かうため路地裏まで走った。

―――――…………

間近で見るラジオ塔は、やはり奇抜だというのが正直な感想だった。コガネシティは日本で言う大阪だろうから、大阪人もコガネ人も派手好きということでいいのか?
そんなふざけたような言葉が頭に浮かぶほど、今のあたしは正直拍子抜けしていた。道中どうしても現れるロケット団の影に警戒しつつ進んでいたのに、いざラジオ塔に到着してみればその周りに黒い影は見当たらない。……なんだ、読みが外れた? てっきりラジオ塔は既にロケット団に占拠されていて、中も外も黒ずくめたちでうじゃうじゃしていると思っていたのに……。
路地裏から顔を出して、もう一度辺りをよく見回してみる。やはり誰もいない。いや、誰もおらず閑散としすぎている。確かラジオ塔の近くにはカントーと繋がるリニア鉄道の駅があるという話だ、あんなラジオ放送があったとなればやじ馬がわんさか湧きそうなものなのに。
しんと静まり返った中、意を決して路地裏から出る。とにかくラジオ塔に行ってみよう、あんな放送しておいてラジオ塔で何も起こっていないわけがない。誰もいないのなら好都合だ、堂々と入り口の前まで歩み寄る。何の変哲もない自動ドアだ。建物の内部が透けて見える。人は見えない、けれど本来は整然と並べられていたであろう観葉植物たちがめちゃくちゃに投げ出されているのは見えた。……やっぱり、何か起こったんだ。そう確信していざ中へ踏み込もうとさらに一歩踏み出す。開く自動ドア、そしてそれと同時に視界に入ってきたものにあたしは踏み出していた足をつい戻してしまった。
「あっ!?」
「お前……っ!?」
目の前の人物もあたしと同じような反応だった。何か続けようと口をはくはくと動かしながらも、お互い言葉が出ない。
この状況を打破してくれたのは、あたしの背後から聞こえていた微かな足音。おかげで少し冷静さを取り戻し、振り返って耳を澄ませる。……近い、けれどまだこちらからは姿が見えない。見つかる前に、とあたしは未だ言葉を失っている人物――シルバーの手首を掴み、有無を言わさず近くの路地裏へと連れ込んだ。

「――離せっ!」
先程まであたしたちがいたラジオ塔前に黒ずくめが集まるのを覗き見ていると、背後から小さく鋭い声と共に右腕が引っ張られた。……いけない、ずっと掴んだままだったのか。強く掴まれたあたしの右手から逃れようともがいているシルバーと目が合う。よく見る、険しい顔だった。
「ああごめん……」
拘束を解くと、シルバーは少し跡の残った手首を撫でながら顔をしかめている。無意識に力を込めてしまったらしい、痛かっただろう。もう一度ごめん、と呟くと小さく睨まれた。まあ仕方ないな、力の加減ができなかったのはあたしの方だ。
……そういえばこういう風にしてシルバーの手を引いて路地裏へ向かったことが前にもあったな、なんて思い出す。あれも確かコガネシティでのことだった。しかもこうやって面と向かって話すのもコガネシティ以来だ。久しぶりの再会、そんな思い出話に花を咲かせてみたい気もするけれど、状況が状況だ。視線だけラジオ塔へと向けて、あたしは事情聴取を開始することにした。
「シルバーは何でラジオ塔に?」
背後で息を呑む音だけが聞こえる。その心情を読み解くような余裕は今はない、どこから湧いて出るのかどんどん増えていくロケット団を見ながら返答を待った。
「オレは……あいつらをやっつけに来た」
「ロケット団を?」
「そうだ」
そうだろうとは思ってたけど――なんて無駄口は挟む間もなく、短い会話がテンポよく続いた。
ロケット団をやっつけに来た、そんな正義感溢れるセリフがこいつの口から出て来るなんて。ブラックリストに載っていたあいつの行動から少しは予想が付いていたものの、ここまでとは。これはますますこいつをロケット団側の人間にさせるわけにはいかない。
「お前はどうなんだ、どうしてラジオ塔に来た」
「あたしは……まあ、同じようなもんかな」
何となく答えを濁した。つい昨日までロケット団として生活していたからだろうか、少し後ろめたい。詳細を尋ねられる前にとこちらから質問を投げかけた。
「で、ロケット団をやっつけに来たのにどうして出て来ちゃったの? この短時間でやっつけ終わったわけないだろうし」
集まっていたロケット団員たちがどんどんラジオ塔の中へと吸い込まれていく。注意深く見つめながら回答を待つと、たっぷり時間をかけて溜息と一緒に返ってきた。
「……あいつがいた」
「あいつ……ヒビキ?」
こんな会話も前にしたな、いつだったっけ……。あの時もシルバーはヒビキの名前を言うことを渋っていた。背後からの返答はない、けれどそれが答えだった。微かに舌打ちの音が聞こえた気がする。
「そっか、ヒビキもコガネに……」
そうだ、彼がここにいないはずがない。いつからコガネにいたのかはどうでもいい、とにかくあいつは今度こそロケット団を倒しにラジオ塔を攻略しているところのはずだ。ゲームの主人公よろしく、周りの敵はばっさばっさとなぎ倒して。
なら今ラジオ塔に入って行った奴らは、ヒビキを倒すための増援ってところか。元々ラジオ塔にいた奴らはヒビキ相手にさぞ苦戦していたことだろう。
今ヒビキはどの辺りだろう、とラジオ塔を見上げてみる。3階の閉じられた窓ガラスが揺れるのが見えた。あそこでバトルの真っ最中だろうか、助太刀は必要だろうか。とにかく中に入らないことには、と目線をラジオ塔の入り口に戻した。
「あれ……?」
そこで見たものに、つい声が出てしまった。後ろの気配が近付く。あたしの横から顔を出そうとしているのを手で止めると、大人しく引き下がったようだ。その代わりに問いかけられる。
「どうした」
「いや、あいつら……」
ラジオ塔の前には、先程中に入ったはずのロケット団の奴らがいた。新たに集まって来たのではなく、確かにラジオ塔の中から出て来ていた。その数は増援に来たであろう人数のおよそ半分くらいか、その中のひとりがなにやら指示出しをしている。
ここからどこか別の場所へ行こうというのか、まさか増援が必要なくなった……!? 急いで3階を確認すると、まだ窓は揺れている。バトルが終わったわけではないらしい、ならどうして。ヒビキを止めることのほかに、重要なことがある……?
「シルバー」
「……なんだ」
ついに動き出した。指示出しをしていた団員を先頭に、一斉にラジオ塔から離れて行く。絶対に目は逸らさず、背後のシルバーを手招きする。あたしの隣に並んだシルバーは初めてラジオ塔前のロケット団の集まりを、そして奴らがどこかへ移動しようとしているところを見た。シルバーがこちらを振り向き、一瞬だけ目が合う。あたしはすぐさま視線をロケット団に戻し、わざとそっけなく言ってやった。
「あたしはあいつらを追おうと思うんだけど、お前はどうする?」
返事は待たず、黒ずくめの集団を追ってすぐに駆け出した。確かに後を追ってくる気配を感じて、あたしは少しだけ口元を緩めた。

―――――…………

シルバーを連れて辿り着いたのは、地下通路の入り口前だった。あたしたちが追ってきたロケット団は全員この中、地下へと潜って行った。地下通路への入り口はコガネシティ内にいくつもあるけれど、ここはその中でもラジオ塔から一番近い場所。コガネ百貨店がある繁華街からは十分に離れており、一応駅の近くではあるけれどこちらは駅から出て北側、町の中心地へ向かう南側ほどは栄えていない。つまり、ここはコガネシティにおいて比較的人通りの少ない場所ということだ。
そんな場所にあるくらいだから地下通路の入り口も周りに溶け込むような目立たないものになっている、だからこそそこを警備しているらしい黒ずくめたちは特に目立っていた。あの中に何かがあるのは間違いないのに、これ以上近付くには監視の目が多すぎる。
結局近くの路地裏に潜んだまま、あたしとシルバーは立ち往生することを強いられていた。
息を吐いて少しだけ緊張を解き、建物の壁を背にその場に座り込む。ふと上を向けば、未だピリピリとした空気を纏わせたシルバーが地下通路の入り口を睨みつけていた。
「やめとけって」
無意識に声をかけていた。弾かれたようにこちらを向くシルバーを見て確信する。ああ危なかった、あたしの勘は当たっていた。あたしが声をかけていなかったら、恐らくこいつは一目散に外へと駆け出して強行突破で地下通路へと向かおうとしていただろう。
「今行っても見つかるだけだよ」
さらに釘を刺しておくと、一瞬ムッとしたものの素直にあたしの忠告を聞き入れたようだった。視線は外さないまま、いくらか肩の力が抜けたような気がする。
さて、一応シルバーを止めてはみたものの、その気持ちはよくわかる。あたしだって見張りさえいなければさっさと地下通路に入り込んで奴らの後を追いたい。……あたしひとりなら、割とどうにでもなりそうではある。いざとなれば強行突破だってできる。けれど、シルバーも連れて行くとなると……。できればシルバーの顔はあいつらに見せたくない。ブラックリストのあの赤い文字列がちらつく。ここはあたしに任せてお前だけはさっさと安全な場所へ、なんてこいつが聞き入れてくれるはずもない。突っ込むならこいつも一緒だ。
それならあたしがちょっとあいつらをかき回して、その混乱に乗じて……と立ち上がりモンスターボールを取り出そうとして、思い出した。備えあれば患いなし、そう考えて持ってきていたものを。あたしだけで突入するときにももちろん使えるし、やり方を考えればシルバーも……!
ひとつ、いい筋書きが頭に浮かんだ。そうとなったら早速下準備だ、あたしは羽織っていたフード付きパーカーを脱ぎ捨ててシルバーに差し出した。
「シルバー、これ着て」
「……は?」
唐突なあたしの言葉に、シルバーは差し出された紺色のシンプルなパーカーとあたしの顔とを見比べている。そこに、路地裏を縫うように冷気が入り込んできた。思わず身を震わせる。ここは日光もあまり入って来ないから、厚手のパーカーの中に着ていた薄手のトレーナーだけでは少々心許ない。
「このまま待ってるの寒いから早く着て」
わざと不機嫌な様子をにじませてみると、嫌々ながらも受け取ってくれた。……少し大きかったらしい、肩の部分は余っているし手は完全に袖に隠れている。まだまだ成長途中の少年と大方成長期の終わったであろうあたしとでは当然の結果だけれど、それでもシルバーは悔しかったらしい。忌々し気に舌打ちをしながら袖を折っていた。
「あとは……はい、これ着けて」
パーカーのファスナーがしっかりと上げられたのを確認して、次のものを差し出す。洞窟内などでいつもお世話になっている、あのゴーグルだ。いつもなら町の外でしか持ち歩かないけれど、今回は荷物が多くついでに持ち出していたのがこんなところで役に立つとは。
怪訝な顔をしつつも黙ってゴーグルを受け取ったシルバーは、これまた黙ったままゴーグルを装着した。少し緩かったらしく何度かゴーグルを触ってサイズの調節をしようとしている。その隙にあたしはシルバーの顔に向かって両手を伸ばし、後ろに垂れ下がったパーカーのフードを掴んで持ち上げた。気付いたシルバーが素早くあたしから距離を取ろうとすると掴んでいたフードが引っ張られ、手を離すとフードは丁度シルバーの頭に覆い被さった。
「……よし、完璧!」
「何が完璧なんだよ……」
「何って、変装」
疲れの滲む声を出すシルバーの顔を確認して、ひとり満足する。ゴーグルで目元を隠し、フードで頭部を隠す。ここまでやってしまえば、もう口元くらいしか見えない。特にパーカーのフードのおかげで髪の毛はほとんど隠されている。この見た目から『赤髪の少年』というワードは恐らく出てこないだろう。それより、フードやゴーグルの方が目立っている。
「お前、いろんなとこでロケット団にケンカ吹っ掛けてるんだろ? さすがに顔割れてるだろうし、隠せるなら隠してた方がいいよ」
どうしてそれを。あたしの持ち物で覆い隠されているその中では、きっとそう言いたげな表情をしていることだろう。この際そこら辺の説明もしてやりたいところだけれど、それはこの目の前のことが片付いたらの話だ。
「とにかく、あたしもシルバーも地下通路に入ってロケット団を追いたい。けどこのまま入ったんじゃ目立ちすぎる。だから大人しくそれ着とけって」
そう言ってゴーグルのフレーム部分を軽く小突いてやる。……あ、今絶対眉間に皺が寄ったな? つい小さく噴き出すと、いかにも不愉快だというように大きな溜息をつかれてしまった。
「お前はどうするんだよ、お前も確かヤドンの井戸で……」
そこから出て来たのは、意外にもあたしを心配しているかのような言葉だった。ああそうだった、アジトでしばらく生活していたからかその時のことが頭から抜けていた。確かあの時は今のシルバーのようにゴーグルで顔を隠していた気がするけれど……。
「あたし? そりゃあたしも服装は変えるよ、このままじゃ寒いし」
今回はその案は却下だ。ゴーグルをシルバーに渡してしまったからという理由のほかに、もうひとつ。
早速自分も準備を整えようと、あたしはひとまずトレーナーの裾に手を掛けた。
「おっ、お前!! 何やってるんだ!?」
音量だけ落とした慌てた声が聞こえて、一旦手を止めた。この声の主はもちろんシルバーで、両手を前に突き出して必死にあたしから顔を背けている。
「何って着替えだよ着替え! 今そういう話してたじゃん?」
「なら、オレにしたみたいに何か羽織るとか、顔を隠すとか……!」
「ふふーん、そこはあたしにいい考えがあるんだよ。だから黙ってあたしに任せとけ!」
「だからって、何もここで……!!」
「ここでって……ここ以外でどこで着替えるんだよ」
「それはっ、そうだ、けど……!」
間髪入れずに続いたいくつかの小声の応酬の後、徐々に歯切れの悪くなっていたシルバーがついに黙り込む。そんなシルバーの反応のわけにようやく気付いて、今のあたしはさぞ悪い顔をしていることだろう。思いがけずシルバーの可愛げのある反応を見てしまった、にやけ顔になるのを抑えられそうにない。
「へへ、悪い悪い。まあ我慢してよ、見るの嫌ならそっぽでも向いとけばいいんだし。あとそのついでに地下通路見ててくれると嬉しい」
「……くそっ」
シルバーが顔を背けてくれていて助かった、この顔を見られていたらあいつはきっと怒りだしていたはずだ。表情が声に出ないようにするのに細心の注意を払った甲斐があったのか、シルバーは素直に言うことを聞いて少し場所を移し、あたしの前に立って地下通路の入り口を睨み始めた。腕を組んで仁王立ち、決して振り返りはしないというその確固たる意志に吹き出しそうになるのを必死でこらえた。その隙にさっさとトレーナーを脱いでしまい、軽く畳んで持ってきた荷物の中に突っ込んだ。
それにしても、目の前の女が急に脱衣し始めて焦るなんて、こいつも普通の男の子らしいところがあったんだな。そして今の反応は少々大袈裟過ぎるような気もする。服を脱ぐと言っても、このトレーナーの下はタンクトップ。そのくらいの露出は何でもないのに。
……いや、さすがに下を着替えるときには一言声かけるつもりだったよ? じゃなきゃ少年相手にパンイチを晒すことになるし、それはさすがに痴女過ぎる。あたしもそこまで女捨ててはないからな!
誰かに言い訳しながら、手早く着替えを済ませてしまう。……もうすっかり着慣れてしまったこの服をもう一度、しかもシルバーの目の前で身に纏うことになるなんて。
「……はーい、もうこっち見ていいよー」
さて、この格好を見てこの少年はどんな反応を見せるだろうか。まず驚くのは確定だとして、その後は?
わくわくしながらシルバーがあたしの姿を見るのを待った。面倒くさそうにゆっくり振り返ったシルバーは、まず身を固くして言葉を失っている様子だった。うんうん、予想通り。さらなる反応に期待してシルバーの口が開くのをじっと見ていると。
「…………お前もか」
「うん?」
がっくりと肩の力が抜けたシルバーが頭まで抱えたのを見て、あたしの脳内は暫しクエスチョンマークに埋め尽くされていた。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

 この作品は感想が書かれていません。