05.乱暴な救世主

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:15分

その時は突然やって来た。
突如けたたましく鳴るサイレンに、あたしはもちろん膝の上のウリムーも驚いて身体を跳ねさせる。抱き留めて床に落ちるのを食い止め立ち上がる。周りも大音量のサイレンに耳を塞ぎながら何が起こったのかときょろきょろと目線を戸惑わせている。
これは……と、壁に掛けられたアジトの見取り図へ視線を投げる。……地下1階、アジトに入ってすぐの場所が赤く光っていた。
「緊急事態! 上のヤツがやられた、侵入者に備えろ!!」
監視カメラの部屋の扉が開き、血相を変えた様子の下っ端が身を乗り出して叫んだ。部屋の中からは怒号交じりの声が飛び交うのが聞こえてくる。
「上のヤツって、土産屋のことか!?」
「ああそうだ! カイリューに破壊光線を撃たれた!」
カイリューに破壊光線を撃たれた。……えっ!?
「破壊光線!? 正気かよ、室内で破壊光線なんか撃つかフツー!!」
後ろから聞こえる誰かの悲鳴じみた声があたしの言いたいことを代弁してくれた。破壊光線の威力はもう体感済みだ、あんな技をあの小さなお土産屋の中で放つなんて……考えただけでも恐ろしい。まさかお土産屋があった部分はもう更地に……?
とにかくそんな危ない奴がアジトに侵入したらしい。……これ侵入というかアジトまるごとぶっ壊しに来てないか!?
「……おい! 何突っ立ってんだ、お前もさっさと動け!」
後ろから肩をどつかれて振り向くと、焦った顔の下っ端がいた。こいつはあたしと同じ日にロケット団に入ってあたしと同じくアジトの見張りを任された下っ端の中の下っ端……のはずだ、確か。全員同じような格好をしているといちいち個人を覚えてはいられない。
「は、はい! 今行きます!」
慌ててウリムーをモンスターボールの中に戻し、部屋の外へ駆け出して行った下っ端の後を追う――――そう見せかけて、あたしはひとり部屋の中に残る。やがて扉が閉まると、ガチャリと自動で鍵の掛けられた音も聞こえた。
部屋の中を見回すと誰もいない、あたしと一緒にここにいた下っ端たちは全員ペルシアン像の元へ向かったらしい。それこそがあたしたちの仕事だ。そして奥に見えるのは慌てて閉め忘れたらしい扉。……腰に付けてあるモンスターボールに触れた。今だ、行くしかない!
「レアコイル! 金属音!!」
勢いよく開け放った扉の中へボールから出したレアコイルを滑り込ませた。すかさず両手で両耳をしっかり塞いでレアコイルに向かって叫んだ後、部屋の中は文字通り地獄絵図となった。……ズバットに思い切り超音波をやらせていた頃が懐かしい。
「ぐっ……!? なんだ!?」
頭を抱えながらもがき苦しむ黒ずくめたち。今まで監視カメラの映像に集中していた、少し位が高いらしいロケット団の下っ端たち。何とかこの不快な音を発生させているポケモンとそのトレーナーを認識した一人があたしに向かって叫ぶ。
「おい、お前! 何をしている!!」
深めに被られた黒いハンチング帽の中に、この事態に動揺しているような揺れる瞳を見た。そこには少しの恐怖も混じっているように見えて、あたしは自分の気分が高揚していくのを感じた。
今日までこの黒ずくめどもをどこか怖がってきたけれど、これからはそうはいかない。何だか無性に楽しくなってきて、勝手に笑いだしてしまう。わざとゆっくり部屋の中へと足を踏み入れながら、じっくりと地獄絵図を堪能する。あたしはもう騒音被害には慣れっこだけど、さすがに普通はこうなるか。立っていられずしゃがみ込んであたしを見上げるいくつもの視線にはもう既に疲労の色が滲んでいる。
「そんなに怒らなくてもいいじゃん、10万ボルト撃ち込まないだけありがたいと思えよ……っと!」
「くそっ、外したか!」
気配を感じて横に飛び退くと、丁度あたしが立っていた場所に小麦色の大きなネズミがいた。全身の毛を逆立てて、あたしに向かって牙を剥いている。ラッタだ、あたしの隙を突いて下っ端の中の誰かがあたしをこいつに襲わせようとしたらしい。今こいつがあたしにやろうとしていたのは、噛み付く……いや、ラッタだし必殺前歯?
「人間相手にポケモンの技直接ぶつけてくるのはさすがに人の道外れすぎてない?」
腰を落としてラッタと真正面から向かい合いながら、金属音を出すのを止めてバチバチと別の不穏な音を鳴らしているレアコイルを手で制止する。ラッタだけにその攻撃を当ててくれるんならいいけどさ、お前絶対周りも巻き込むだろ。
「うるせえ、ロケット団のくせに今さら何言ってやがる!」
「……確かに!」
ヤジのような声に思わず納得してしまう。そうだな、今のあたしはロケット団。だったら多少の悪さくらいは許されるんじゃないか? どちらにせよ……。
「まっ、そっちがその気ならあたしもきっちりお相手するだけなんだけどさ……!!」
レアコイルを抑えていた手を下ろし、腰に両手を当てる。金属音から回復しかけた下っ端たちが次々とボールを手に取るのと同時に、あたしも両手で1つずつボールを掴む。ボールから出てきた2匹は先に出ていた1匹に負けず劣らず、闘争心剥き出しだ。
「……レアコイル! ヘルガー! ウリムー! ポケモンたちは任せた、あたしは……」
似たようなポケモンが部屋の中を埋め尽くす中で、あたしの心は歓喜に溢れていた。……やっと、ロケット団のアジトで大暴れできる!
「あたしは、悪人退治と行きますか!!」
我先にと黒ずくめの中に飛び込み、握り拳を作った右腕を後ろに引く。呆気にとられたようにぽかんと口を開けたその下顎目掛け、拳を突き上げた。

―――――…………

「――よし、いっちょあがり!」
我ながら上手くいった。完成したものを眺めて自画自賛する。
大勢であたしたちに跳びかかった奴らは、全員残らずノックアウトさせていた。ポケモンはもちろん、下っ端たちもだ。
ここにいる下っ端のポケモンはどうもロケット団から支給されたポケモンばかりだったようだ。コラッタやラッタを筆頭に、ベトベターやドガースなんかの毒タイプのポケモンがほとんど。特にバトル慣れしているというわけでもなく、ジョウト地方のジム巡りを終えたあたしの手持ちたちの相手になるはずはない。
人間の方はあたし1人で相手したわけだけれど、そちらも面白いほどに楽勝だった。悪人退治という大義名分めいたものがあるからあたしには手加減というものがなかった、少ない手数であれよあれよという間に下っ端たちがダウンしていく。……反抗期を拗らせていた頃にはまあそれなりに暴れたりしたこともあったけれど、ここまで酷かったことはなかったはずだ。元々体力はある方だったからケンカは強かったけれど、今回のこの無双ぶりはそれだけが原因ではない。シジマさん直伝のトレーニングのおかげで体力はこの世界にやってくる前より増しているし、何より下っ端たちはあたしをなめてかかっていた節がある。アジトの中では大人しくしていたから、まさかそんな女の下っ端があからさまに暴力に訴えてくるとは思わなかっただろう。
そうやって戦闘不能となってしまった奴らを1か所にまとめておくため、外から持ち込んだ長机やパイプ椅子をいくつかぐちゃぐちゃに並べてバリケードのようなものを作った。ところどころをウリムーの氷の礫で凍らせて完全に接着させてしまえば、氷が解けてしまうまではここから出ることはできないだろう。さすがにまとめて氷漬けにするなんて非情な真似はしない、そこまでやると死人が出る。人殺しなんて頼まれたってごめんだ、ただちょっとの間大人しくしていてもらえればいいんだから。
そんな即席のロケット団隔離装置の出来に満足しつつ、死屍累々とも言えるこの状況から背を向ける。……死人は出ていないにしてもこれはやりすぎだった、けれどともかく邪魔者は片付いた、今のうちに。
壁面を埋め尽くすように並べられた、たくさんのモニター。それらに映し出されているのは、このアジトに仕掛けられている監視カメラの映像だ。その中から探していたポケモンを見つける。
カイリュー。そして、そのトレーナーらしきマントの男。今あたしがいる階より1つ上の階を一緒に駆け抜けている。
こいつらが侵入者、ということだけれど……そうか、カイリューのトレーナーはヒビキではなかったのか。躊躇なく破壊光線をぶっ放すカイリューとヒビキがどうしても結びつかなかったから何だか納得だ。けれどそうすると、この男は一体誰だろう。
まさかあたしの知っているトレーナーじゃないだろうな……そう注意深くモニターを見ていると、視界の端が何やら騒がしい。隣のモニターへと視線を移すと、そちらは今まさに衝突が起こっていた。
ペルシアン像の前、下っ端たちと少年が争っている。人数では差があるものの苦戦はしていない様子で、少年のポケモンたちはどんどん下っ端たちの繰り出すポケモンたちを倒していく――――ってよく見たらあいつヒビキだよな!?
モニターの端を掴んでよく覗き込む。確かに下っ端に囲まれた少年はヒビキで、戦っているポケモンの中にはマグマラシとヘラクロスがいる。そしてもう1匹……は、なんだ? 緑色の小さなポケモンだけれど、どうやら相手に岩を落としているらしい。
ヒビキのバトルの腕は十分だろうし今見ても苦戦している様子はないけれど、これ以上ヒビキが下っ端相手に時間を使ってしまうのはよくない。手元にあったペルシアン像のセンサーのスイッチを切ってしまう。すると今まで絶え間なく鳴り続けていたサイレンの音が止んだ。……モニターのペルシアン像の目の色は赤から青に変わり、やがて光が消える。他のペルシアン像もセンサーが切られただろうし、これでヒビキに立ち塞がる下っ端の数はかなり減るだろう。
そうこうしているうちに、ヒビキは下っ端たちを撃退したようだ。手持ちのポケモンが全てやられて後ずさりする下っ端たちへ向かって白い鳥ポケモンが何か技を放つと、恐れをなした下っ端たちは即座に逃げ出す。……あれはたぶんトゲチックだな、ヒビキに何やら怒られている。するとトゲチックはヒビキに頭突きをかまして、痛みにうずくまる自身のトレーナーを尻目にどんどん勝手に先へと進んでいってしまう。おでこを押さえながら立ち上がったヒビキはヘラクロスと緑色の小さなポケモンをボールに仕舞い、マグマラシと一緒にトゲチックを追いかけていく。
この場にそぐわないコメディめいたやり取りに調子を狂わされつつも、ほかのモニターも確認してみる。複数のモニターで下っ端たちが走り回っているのが見えた。特に実験施設の辺りの人の動きが激しい、きっとここの奴らは全員アジトの脱出を図っているところだろう。
大勢の黒ずくめと白衣が動くその中で、一瞬だけ赤いものが見えた。位置から考えるに、きっと頭だ。このアジトで赤い頭といえばアテナしか思い浮かばない。けれどその赤い頭の人物の動きはどこか不自然で、アジトの曲がり角に隠れて様子を窺っているように見える。ロケット団の幹部であるアテナがこの緊急事態にそんな動きをするだろうか。
ちらり、と曲がり角から腕が出た。……黒、それとも紺か。とにかくアテナが身に着けていたあの白い制服ではない、けれどロケット団の制服とも違う。腕はさらに伸び、身体全体が角から出て、素早く次の角へと姿を消す。一瞬だけ捉えることのできた顔は見覚えのあるものだった。
あれは……あれは、もしかすると。
「……くそっ、好き勝手やりやがって!」
……邪魔が入った。振り返ると、目が覚めたらしい下っ端があたしに悪態をついている。まだ気を失ったままの下っ端たちの下敷きになりながらもあたしを睨み上げている。……モニターにはまだ意識が向いていないようだ。今見ていたモニターを背で隠すように下っ端に向き直る。血走った目と目が合う。
「てっ、てめえ、覚えとけよ……後で幹部様に言いつけんぎゃあああ!?」
「あ!? こら!! レアコイル!!」
下っ端が最後まで言い終える前にレアコイルの10万ボルトが炸裂した。お前、だから人間相手に攻撃技放つなって!
若干焦げたようなにおいのする下っ端の首に手を当てて一応脈をとってみると、とりあえずまだ生きていることはわかった。周りでとばっちりを喰らったほかの下っ端たちまで確認するのは面倒だな……よし、命は繋がっていると信じることにしよう。
せっかく悪の組織相手にも正々堂々と相手していたのに、その努力が水の泡だ。確かにそろそろ黙らせようとか思ってたとこだったけどさ、さすがにポケモンの技で人間を攻撃するのはナシだろ……!
「……レアコイル! そんなに10万ボルトやりたいならこっち!」
もうどうとでもなれ。そんな投げやりな気持ちで指を差した方向へと、早速レアコイルの電撃が向かう。
「ヘルガーとウリムーも……ヘルガーは火炎放射! ウリムーは泥爆弾!」
こうなったら徹底的にやってしまえ。少し戸惑いながらも、ヘルガーとウリムーはレアコイルに続いて技を繰り出す。
3匹からの一斉攻撃を受けて、爆発音の後に黒煙を吹き出すモニター。画面は黒く塗りつぶされ、全てのモニターが活動を止めた。
……これで、ロケット団がこのアジトの様子を正確に把握することは出来なくなった。侵入者の居場所も正確に把握することは難しくなるだろう。侵入者……そう、カイリュー使いのマントの男に、ヒビキ、そして…………シルバー。
一瞬顔が見えたあの赤い頭の人物は、確かにシルバーだった。……そうか、あいつもこのアジトに侵入したのか。
まさかシルバーがヒビキと一緒にこのアジトに乗り込んでいるとは思えないし、そうでなくとも誰かと協力するなんて想像もつかないから1人で行動しているだろうけれど……シルバーは、このアジトで何をしようとしているんだろう。そもそもシルバーは今のロケット団にサカキがいないことを知っているだろうか。何も映し出さないたくさんのモニターをぼんやり眺めながら、ふとそんなことを思った。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

 この作品は感想が書かれていません。