01.気配はすぐそこに

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:17分

ポケモンセンターを出ると、狙いすましたかのように吹いた風に身を震わせてしまった。今身に着けているのはパーカーにスタジャン、下はシンプルにデニムパンツといつものスニーカー。適度に防寒しつつ、それでいて動きやすく。氷の抜け道を抜ける際に身に着けていた防寒具たちは、次の目的地となる町のポケモンセンターへと配送する手続きを既に済ませてあった。あとは、あたし自身がそこへ向かうだけ。
「クロバット、まずはコガネシティまでよろしく!」
連れていたクロバットに声を掛けつつ、スタジャンの前を閉じて、ゴーグルを装着した。ここから始まる新たな目的へと向けて、まずは空の旅から始めよう。
ジョウト地方のジムバッジを全て集めた、その次に取り掛かるのはロケット団のアジト探しだ。ヒビキはまだあたしの旅には追い付いていないようだけれど、ヒビキがロケット団を再び解散させるであろうその前に何とかしてあたしがロケット団を見つけて、サカキに会う。……きっとそれは、あたしがやるべきことだから。
ヒワダタウンのヤドンの井戸での一件から今までロケット団の噂は耳に入ってはいないから、あれからは特に大きな騒ぎは起こしていないらしい。ジムバッジを手に入れることを最優先にしていたこともあってアジトの場所の手掛かりもほとんど得られていないけれど、最初に調べたい場所はある程度決まっていた。やっぱりコガネシティはジョウト地方でいちばんの大型都市だし、それに前に訪れたときに怪しい場所を発見している。今度は誰にも見つからないように、必要ならば実力行使しつつ調べようと思う。
気持ちを新たにしつつ、わざわざ低空飛行しながらあたしに背を向けているクロバットの頭に手を置く。実はクロバットに乗って空を飛ぶときには、トレーナー側に少しテクニックが必要だ。角のような耳のような部分の根本を持ち、太ももや膝でクロバットの全身を挟み込むようにしながら全身をクロバットの背中にくっつける。そうしないと空を飛んでいる途中にそのけた外れのスピードによって生まれる風圧で吹き飛ばされてしまう。
ちなみに安全な空の旅を送るためにクロバットにそのスピードを落としてもらう、ということはしない。それに慣れてしまえばスリル満点のアトラクションだ、もし振り落とされたとしても彼女ならきっと死に物狂いで助けてくれるだろう。
今回もちゃんと手順を踏んでクロバットに乗る。顔はここから見えなくてもけらけらと笑っているのが振動でわかる。どうやらあたしにべったり触ってもらえるのがかなり嬉しいらしい。……本当は空を飛ぶポケモンに装着させることでトレーナーが乗りやすくなるという器具があるという話だけれど、このクロバットのはしゃぎようを見るとそれが活用される日はきっと来ないだろう。それに使うとき以外にかさばりそうだし。
「よし……じゃあ、『空を飛ぶ』!」
準備が整って、クロバットは待ってましたと言わんばかりに勢いをつけて飛び上がる。ぐんぐん高度が高くなるほどにフスベシティの町並みが、ポケモンセンターやジムなどの施設のほかは茅葺屋根がちらほら見える程度の集落とも言えるほどの町並みが、どんどん小さくなっていく。
ある程度高度を上げると、クロバットはその場で留まった。これからどの方向へ飛ぶのか、あたしの指示を待っている。
朝日を背にして遠くまで見回すと、左前方に際立って鮮やかな紅葉が見える。この季節になると他の場所の木々も徐々に色付いているけれど、ゴーグル越しにでもよくわかるほどあんなに完璧に色付いているのはきっとあの場所くらいだ。だとしたらコガネシティは……。
さらに視線を左にずらしていくと、海岸線沿いにびっしりと灰色が敷き詰められているのが見えた。さらに左には、びっしりと敷き詰められた緑。……あそこだ、あの海岸線沿いだ。
「……クロバット、あそこ! あの灰色のところまで行くよ!」
上空に吹き荒れる強風に負けないように大声を張り上げる。それを至近距離で聞いたクロバットは目的地を確認して、間髪入れずに飛行を開始する。空を切り裂くような速さに必死に耐えながら、束の間の空の旅を楽しむことにした。
――その、ほんの十数分後。
「うわっ!?」
何もない空の上、あたしを乗せたクロバットは急にその場で停止してしまう。その反動で振り落とされそうになりながらも何とか耐えた。今のは本当に危なかったぞ……!
「クロバット! 急に止まると危な…………クロバット?」
うっかり死にかけたことについて非難しようとすると、クロバットの身体が僅かに震えているのに気が付いた。飛ぶために翼を動かす反動によってではなく、変に力が入ってしまっているような……とにかく不自然だった。
「何かにぶつかった……わけでもなさそうだけど、どこか痛む?」
聞きながらも、そんなことはないはずだと頭の中で否定する。フスベのポケモンセンターを出る前にクロバットを含め手持ちのポケモンは全員ジョーイさんに見てもらっている。もちろんそこで何かしらの異常が発見されることはなかった。ここまで来るのにも同じく空を飛ぶ野生のポケモンに鉢合わせることもなく、至って順調な空の旅だった。
クロバットはあたしの問いかけにうんともすんとも言わず、ただ身を固くしている。ここからではその表情を窺うこともできない、とにかく早く地上に戻ってちゃんとクロバットの様子を確認したい。とはいえコガネシティまではまだまだ距離があるし……。
「……よし! 一旦下りよう! ほらあそこ、とりあえずあそこまでは頑張れ!」
目に入った、今いる場所からいちばん近い赤い屋根を目指すように声をかける。渋々ながらそこへ向かってゆっくりと降下するクロバットに、あたしはまた違和感を覚えていた。

―――――…………

「リンさん、お待ちどおさま! お預かりしたクロバットですが、特に異常はありませんでしたよ!」
「そうですか! よかった……」
ジョーイさんからクロバットの入ったボールを返されて、とりあえずほっと一息つく。地上に降りてクロバットをボールの中に入れ、駆け込んだのはチョウジタウンのポケモンセンター。急いでジョーイさんにボールを預けて体調を確認してもらっていたけれど、異常がないなら何よりだ。心配させやがって、とピンク色のボールをコツンと指で軽く叩く。
「フスベシティからコガネシティまで空を飛ぼうとしていた途中で、具合が悪くなった……ということでしたよね?」
「はい、なぜか急に身体を強張らせちゃって……」
「そうですか……」
ジョーイさんは何やら神妙に考え込んでいる。そうだ、クロバットの体に異常がないということはわかったけれど、そうなるとなぜ上空でクロバットが急に動きを止めたのかがわからない。周りに他のポケモンがいたわけでもない、あのだだっ広い上空でクロバットは何を感じ取っていたのか……。
「……クロバットといえば」
「えっ?」
ポツリ、とジョーイさんが小さく呟いた。無意識に口にしていたらしくあたしが反応したことに驚いていたけれど、少し迷ったのちに考えの続きを話してくれた。
「クロバット、というかズバットといえば……スリバチ山のズバットが、夜になるとたまにチョウジタウンにまでやってくるんですけど、昨日見たとき少し様子がおかしかったんです」
スリバチ山といえば、チョウジタウンとエンジュシティの間にある山のことだ。その内部には東西に通り抜けられるような洞窟が広がっていて、あたしもエンジュからチョウジに来る際にそこを通って来た。ただ通り抜けるだけならば大した苦労もせずに済むけれど、奥深くまで探索するつもりならばそれなりの準備と覚悟が必要……そんな場所だった。そしてその洞窟の中にはジョウト地方のほかの洞窟と同じく、たくさんのズバットたちが生息している。
それで、何だって? スリバチ山のズバットたちの様子がおかしい?
「なんというか、何かを感じてすぐに引き返したみたいで……」
スリバチ山から来たズバットたちがチョウジタウンにやってきて、けれど何かを感じてすぐに引き返した。フスベシティからやって来たあたしのクロバットは、何かを感じて上空で動きを止めた。その時クロバットがいたのは、ここ……チョウジタウンの上空だった。そしてチョウジタウンへと下りることにあまり気が進まない様子にも見えた。
――クロバットも、チョウジタウンに何かを感じていたのだろうか。
「他にここ最近変わったことってありました?」
あのクロバットの異変には、チョウジタウンという場所が関わっているかもしれない。そう思ってさらに聞いてみると、ジョーイさんは口元に手を当ててまた考え込むような仕草を始めた。
「そうですね……そういえば、怒りの湖のコイキングたちが騒がしいですね」
怒りの湖。チョウジタウンから北へ進んだ場所にある大きな湖だ、確か。とにかく早くジムバッジを集めようと旅を急いでいたから訪れないどころか興味すら沸いていなかった。
「あそこにはギャラドスも生息しているんですけど、それより圧倒的にコイキングの数が多いせいかあの湖は比較的穏やかな場所なんです。それなのに……最近は、いつもは大人しいはずのコイキングたちも何だか殺気立っているような感じです」
ギャラドスの凶暴性に関してはフスベジムで十分に体感している。けれど、コイキングまで殺気立っているというのは……弱いポケモンの代表格といったイメージもあるし、あまり想像がつかない話だ。
「それも、原因はわからないんですよね?」
「はい。私も気になっていたので色々調べてはいるんですが、まだなんとも」
あたしが最初に――ジム巡りの途中でチョウジタウンを訪れたときには、こんな異変は起こっていなかったはずだ。そういった話も聞かなかったし、クロバットだって元気にしていた。……あたしがチョウジを一旦離れてから、一体何があったんだろう。
考えを巡らせ黙り込んでいたあたしに、ジョーイさんがおずおずと切り出した。
「最近のチョウジタウン周辺のポケモンたちの異変と今回のクロバットの異変、これらには関係があるかもしれない……そう言いたいんですよね?」
「……はい、なんとなくそんな気がするだけですけど」
コイキングのことはわからないけれど、スリバチ山のズバットたちとあたしのクロバットのことについてはきっと関係がある。ズバットとクロバットという種族の共通点に加えて、チョウジタウンへと近づいた際の反応までもが共通している。
「……確かにその可能性は十分にあります。こちらでももっと詳しく調べておきますね」
「ありがとうございます!」
「いえ、ジョーイとして当然のことですから!」
ジョーイさんの頼もしい言葉を聞きつつ、手の中のボールをまた撫でた。

―――――…………

「レアコイル、なんか感じる?」
聞いてみて……いや、何か反応が返ってくることは初めから期待していない。
「……まあいいや、とにかく気になるとこあったら行きなよ、あたしは勝手についてくから」
気ままにふらふらと動き回るレアコイルを視界に入れつつ、あたしはぐるりとチョウジタウンの町並みを見回した。
昔ながらの田舎のようなここはどうも『忍者の里』なんて呼ばれているらしく、それを売りにしたような観光客向けのちょっとした店があちこちに点在している。そんなに賑わっているようには思えないけれど、ジョウト地方の穴場スポット的なところなんだろうか。ジョウト観光だとエンジュシティやキキョウシティのような歴史を感じる場所だとかコガネシティやアサギシティのような人が多く集まるような場所が人気だろうし、どうにも敵が強すぎる気がする。
まあ、けれど……のんびり歩くにはこういうところの方がちょうどいいかもな、なんてあたしはこの状況を楽しみ始めていた。
ジョーイさんと話した後で改めてクロバットの様子を確認してみると、本当に何ともなさそうで拍子抜けしてしまった。クロバット自身もあまりよくわかっていない様子できょとんとしていた。とはいえあの時のクロバットの異変は気になるし、原因がわからないままだとまたいつ上空急ブレーキを喰らうことになるかわからない。クロバットの健康とあたしの安全のためにも、問題は早いうちに解決しておかないと。

――しばらくレアコイルの気の向くままにチョウジタウンを歩いていると、急にレアコイルが全身に電気を纏い始めた。まさかここで技でも放つんじゃないだろうな、町の外れとはいえ近くに建物もあるんだから自重してくれ!
慌てて駆け寄ると、その建物の看板が目に入る。……お土産屋、だ。
「随分寂れた感じだけど……レアコイル、気になるのってここ?」
レアコイルが興味を持っているということはそういうことなんだろうけど……まさか、こんなところが?
クロバットがチョウジタウンで感じた何かには、ある程度予想がついていた。あたしやほかの多くのポケモンは気が付かないけれど、ズバットやクロバットにはわかる何か。それはきっと超音波のようなものではないか、と踏んでいた。そして電波に引き寄せられるような性質を持つらしいレアコイルなら、まあ電波と超音波の違いはともかくとして、何かしら怪しい場所に勝手に引き寄せられてくれるだろう……という考えでレアコイルを自由に泳がせていたのだ。
それにしても、お土産屋か。超音波や電波とは無縁そうな場所だ、まあ一応調べてみるか。
チョウジタウンの北の外れ、近くに怒りの湖への案内が書かれた看板が立っている以外にはほかの建築物はない。唯一店の隣にある大きな木が妙な存在感を放つだけで、本当にどうしてこんなところにあるのかわからないような小さなお土産屋。……1日にどれくらいお客がくるのか、勝手に心配してしまう。
店の中に入る前に一旦裏手に回ってみる。ただ何の変哲もない引き戸があるだけの、シンプルな見た目。
……いや、確かにここからならこっそり入るには丁度良さそうだけどさ。さすがに勝手に侵入するのは駄目だよな。前にもこういうことしかけて痛い目にあったし、ここは普通に客として正面から入った方が……。
伸ばしかけた手を引っ込めて再び正面へ回ろうとしたその時、急に目の前の戸が開いてそこから出てきた誰かとぶつかった。
「おっと!?」
「きゃっ! ご、ごめんなさい!」
焦ったような女の人の声、顔をよく見る前にそのまま逃げるように駆けだしてしまった。
「……落とし物?」
足元を見ると、黒いごみ袋のようなものがあった。まさかさっきの人が落としたのか、振り返ってみても走り去った女の人の姿はもうどこにも見えない。
とりあえず拾ってみて、軽く中身を揺さぶってみる。……匂いも特にないしゴミが入っているわけではなさそうだ、なら一体何が入っているんだろう。何故だか無性に気になって、その結び目を解いた。すると。
黒い服やら妙にぶっといベルトやら銀色のロングブーツやら。何かのバイトを辞めた奴がその時の作業服を捨てるためにゴミ袋にまとめた、そんな感じか。けれどそんなものをどうして土産屋から出てきた女の人が持っていたんだろう、土産屋と作業服はあまりうまく結びつけることができない。
疑問を残しつつもそれらを再び袋の中に戻そうとしたところで、あたしは黒い服のちょうどファスナーで真っ二つに割れた胸の部分の模様に目が行った。
黒い生地に真っ赤な模様。何となく、本当に何となくその服のファスナーを閉じてみて、その模様の完成形を確認してみた。
――『R』。
その文字としばし見詰め合った後、あたしは無言でそれらをもとあったようにすべて袋に戻し、急いで辺りを見回した。……幸い、あたしの目の届く範囲には人もポケモンも居ない。ふよふよとあたしのレアコイルが浮かんでいるだけだ。
まさか、こんなところでその文字を見ることになるとは。そうなると、この土産屋はもしかして……!?
こっそりと袋の口を開け、中身を改めて見つめる。……この先あたしがやるべきこと、それはたったひとつに絞られた。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

 この作品は感想が書かれていません。