この勝負は護神の下に

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:17分


「さあ……怪盗さん、貴女は勝てるかしら?私が実力を認めた妹たちに」

 啖呵は切った。一気に三人を相手にしたことはない。どうしようか考えていると、扉を開けて一人のお姉さんが走って入ってくる。まるで花火のように紅い髪をした人だ。

「キュービ姉様の命を受けてただいま参上です!で、こちらにいるのが例の怪盗少女でいいのでしょうか!いいですね多分!よろしくお願いします!」

 そして喋り方も、まるで燃える花火みたいに鋭い言葉が飛び散っているみたいだった。……あれ、一人?
シャトレーヌにも予想外みたいで、ちょっとポカンとした後入ってきたお姉さんに聞く。

「チュニン? 私は三人で来てほしいと伝えたはずだけど……あとの二人は?」
「二人は今日の務めをもう果たしましたよ!シャトレーヌの仕事が終わったらあとは自由って決めたのキュービ姉さまではありませんか!!」
「ええ、ええ。でも私の部屋に怪盗さんが忍び込んでくるなんて一大事じゃない。宝を奪われたり私が危ない目にあってしまうかもしれないわ」
「宝はそもそも今は地下金庫にしまってあるじゃないですか!何の問題もありませんよね!」

 ……宝のありかはわたしの目の前で堂々と言っていいことなんだろうか。

「私の身の安全……」
「大丈夫ですよ!キュービ姉さまですから!!」
「そ、そう?そんなに褒められると照れてしまうわ」
【相変わらずツッコミ不在の姉妹ですね】

 やや苦笑気味のスズ。シャトレーヌ……キュービさんはホウエン地方のポケモンバトルに関する権限のすべてを持つ『管理者』と呼ばれる人のはずだ。こんな扱いでいいんだろうか。
 まあアローラの『管理者』であるスズだって性格の悪さのせいでぞんざいに扱われることもあるけど、アローラは世界一のんびりした地方とか言われてるからよそはもっときっちりしてるのかと思った。
 ともかく一人相手ならやりやすい。こっちからも声をかけよう。

「で、あなたはやるの?やらないの?」
「もちろんバトルしますとも!これでもアローラの方に会えるのを楽しみにしていましたからね!初めまして怪盗さん、シャトレーヌ三女のチュニンと申します!」

 わたしにビシッとお辞儀。頭を下げて一瞬止まってまた跳ねあがるように顔を上げた。ホウエンの人が、わたしのことを?

「そのためにわざわざ、来なくていいのに来たってわけ?」
「はい!チュニンにはずっと一緒に過ごしてきたポケモンがいるのですが……その子はアローラのポケモンなのです!なのでいつかアローラの人と勝負を交えたいと思っていまして……正直、そうでなければチュニンも狸寝入りでもして部屋で休んでいました!」
「妹が冷たい……」
「キュービ姉さま!今のはジョークです!」
「そ、そう? ならよかった」

 チュニンの目がまったく笑っていないように見えるのは気のせいだと思うことにした。
 シャトレーヌはコホン、と咳ばらいをして、わたしとチュニン、両方を赤い一つの目で見やる。

「アローラの怪盗さん。改めて今からこのシャトレーヌに……あなたのポケモンバトル、披露していただける?」

 それはお願いじゃなかった。シャトレーヌの赤い瞳は、さっきまでのわたしと握手したり、四天王にサボられたりして落ち込む姿とはまるで違う輝きでわたしに命じる。
 バトルリゾートの支配者としての彼女の言葉は、一瞬わたしの身を確かに竦ませた。
 ……でも、わたしだってどんな罠があっても獲物を盗み、誰が相手でもポケモンバトルで状況を切り開く怪盗なんだから。弱気になんてなってられない。
 わたしは頷くと、キュービさんは大きく宣言した。

「ルールはシングルバトル、使用ポケモンは三体で。この勝負は護神の下に!」
「いくよ!グソクムシャ!」
「なるほど……では頼みます、キノガッサ!」

 わたしが出すのは大きな甲冑のような殻をまとった虫・水タイプのポケモン。チュニンの人の頭にキノコを被ったようなポケモンは……

【草・格闘タイプ。高い攻撃力を持つ伸縮自在の腕に、キノコ型のポケモンが有する『キノコのほうし』が強力ですね】

 スズが相手ポケモンの情報を教えてくれる。タイプ相性的にはほぼ互角といったところ。なら……ここは臆さずわたしたちのいつもの戦法で攻める!

「グソクムシャ、『であいがしら』!」

 グソクムシャの素早さはお世辞にも早くはない。だけどボールから出てほんの少しの間のみ、高速で動ける技がある。それも『不意打ち』や『神速』さえ上回る威力で。
 キノガッサがパンチや胞子を使うよりも早く、グソクムシャが鋭い爪を叩き込む。

「速い……!?しかし、一撃ではやられません!キノガッサ、『タネ爆弾』!」

 大きくのけぞりながらも、吹き飛ばされた勢いで体を回転させ尻尾からタネを飛ばそうとするキノガッサ。だけど……運はこちらに向いてるみたい。
 キノガッサは巨大なグソクムシャに威圧されたように動きを止めていた。

「まさか、『ねこだまし』と同様の効果を!?」
「いいえ、グソクムシャに持たせた『王者のしるし』の効果!この道具を持つポケモンが先に攻撃したとき、相手はひるんで動けない!」

 ……ことがある。でも発動したんだからこういう言い方でもいいよね。

「やりますね……一旦距離を取りましょうキノガッサ!あの見た目からして常に高速で動き続けることはできないはず!」

 キノガッサは短い腕を地面につけ、一気に伸ばすことで大きく後ろにジャンプする。

「だけど、離れてしまえばそちらの攻撃力も活かせないんじゃない?」
「甘く見てもらっては困りますね!キノガッサ、『タネマシンガ──」
「それはこっちの台詞!グソクムシャの先制技は一つだけじゃない!『アクアジェット』!!」

 背中から水を噴射して一気にキノガッサの着地地点まで回り込み、キノガッサが攻撃の軌道を修正するよりも早く体当たりを叩き込む。『であいがしら』で相当のダメージを与えてるはずだから、これで倒しきるかもう一度『王者のしるし』の効果が発揮されれば……

「まだですよ!『キノコのほうし』!」

 ぎりぎり耐えきったらしいキノガッサがその頭から胞子をばらまく。グソクムシャは、その場に崩れ落ちるように眠ってしまった。

「さあ、交代してもいいんですよ!」
「……グソクムシャ、目を覚まして!」

 グソクムシャはぐうぐう眠っている。技で眠らされたポケモンはすぐには目覚めない。わかっているけど……何も手が打てないのはもどかしい。

「さあ、今度はこちらが一方的に動く番ですが、油断せずに一気に決めてしまいましょう!キノガッサ、『気合パンチ』!」

 グソクムシャの前で、キノガッサが振りかぶって力を籠める。短いこぶしが輝くような錯覚さえ受ける裂帛の気合とともに放たれたパンチは、まるでサッカーボールを思い切り蹴り飛ばしたようにグソクムシャの巨体を吹き飛ばした。

「目を覚まされる前に決めますよ!『タネマシンガン』!」
「そうはさせない!グソクムシャの特性『危機回避』!体力が半分以上減った時ボールに戻り、ほかのポケモンと交代する!」

 グソクムシャが本能的にボールに戻り、襲い来る種の弾丸を回避する。ボールの中でも眠ったままだからもうこのバトルでは戦力として数えられないけど……相手に十分ダメージは与えてくれたしありがとう、グソクムシャ。
 
「次のポケモンはこの子!行くよルカリオ!」
「ならば最後に一撃……『マッハパンチ』です!」
「『神速』!!」

 飛び出したルカリオは相手の技の波導を読み切り、その勢いを利用するように自分のこぶしを打ち込む。キノガッサは倒れた。

「またしても強力な先制技……それがあなたの戦法ですか?」
「まだまだ戦法はたくさんあるけどね」
「ではチュニンの戦い方もお見せしましょう!多彩な格闘術で攻めて攻めて攻めたおす!次はあなたですバシャーモ!」
 
 赤い体をした人型のポケモンが、片足を大きく上げていつでも蹴りを放てるような態勢で現れる。

【炎・格闘。高い攻撃性能と、特性によるスピードアップ、または火力上昇、さらにメガシンカまで持つポケモンです】
「ならルカリオじゃ相性が悪い……戻って!」
「交代ですか?では見せてもらいましょう、あなたの最後のポケモンを!」
「行くよ、スターミー!」

 わたしはボールじゃなく、髪につけた飾りに手を伸ばす。小さな赤い宝石に触れると──大きくなり、星のポケモンスターミーが姿を現した。

「なんと!?ポケモンを直接身につけていたとは……」
「大切な仲間で、わたしを守ってくれる子たちだもの。ボールの中にいるだけじゃさみしいでしょ?」

 それに、何かあったときに身を守ってくれるのはポケモンだし。怪盗として、相手に隙は見せられないしね。
 
「さあいくよ!『ハイドロポンプ』!」
「『守る』です!」

 スターミーが放つ激流を、バシャーモは直接受けることなく、自分の体を水に弾かせるようにして大きく横に逃げた。。

「そしてバシャーモは特性により加速し──さらに、メガシンカ!相性はよくありませんからね、一撃で決めます!『雷パンチ』!」

 足からロケット噴射のように焔を放ち後ろに回り込んだバシャーモが、スターミーに雷のまとったこぶしを入れる。スターミーの宝石が大きく点滅した。強力なメガシンカの上に弱点を突く攻撃。大ダメージだ。

「さあ、これで残りはルカリオ一匹……このまま押し切りますよ!」
「それはどうかしら?スターミー、『サイコキネシス』!」

 スターミーの耐久力はそんなに高くないからきあいのタスキを持たせておいたんだけど、どうやら正解だったみたい。
 点滅したコアから強い光が放たれ、バシャーモの大きな体を一気に投げ飛ばした。

「やりますね!ですがこちらも一撃ではやられません、『真空波』です!」

 しかし、バシャーモの空を切る正拳突きで生まれた衝撃がスターミーを吹き飛ばす。スターミーは仰向けに倒れてコアが輝きを失った。……相手のバシャーモはさらに素早さはあがってる。でも。

「わたしの残りはルカリオ。引っ込めるなら今のうちだけど?」
「ええ、その通りですね!お疲れさまでしたバシャーモ!」

 わたしの言葉の意図を察したか、あるいは言われるまでもなくそうするつもりだったのか。チュニンはメガバシャーモを下げた。
 理由は簡単。『神速』を使うことがわかっているルカリオに体力が少ないバシャーモを出し続けるのは無駄にポケモンを傷つけるだけだからだ。『守る』でしのぐにしても限界があるし、『神速』は連続で使うことに制限がかかる類の技でもない。敢えて倒されるメリットがないこともないけど、わたしは自分のポケモンが大して必要もないのに傷つけられるのは嫌だ。シャトレーヌと呼ばれる人たちがその辺どう考えてるか気になったけどこれなら少し安心……かな。
 
「お気遣い感謝します。怪盗といういわゆるアウトローな方ということで容赦なく来るかと思いましたが……心の温かい方なのですね!キュービ姉様が入れ込むのもわかります!」
「……別に。わたしは宝を盗みたいだけで、ポケモンを苦しめたいわけじゃないから」
「実に結構!それではチュニンも最後のポケモン、どうせなら人生のパートナーをお見せしましょうか!おいでませ、勝利を打ち鳴らす巨竜!その名も!」

 チュニンが取り出したのは赤い塗装が擦り切れてぼろぼろになったモンスターボールだった。アローラ出身とも言っていたし長い付き合いがあるらしいそれから出てきたのは。アローラのみ生息する、しかしアローラでもめったに見かけることはないポケモン。鎖で縛られた怪物が解き放たれるような擦れる金属音を鳴らしながら、ジャラランガが腕を振るう。

【格闘・ドラゴンという珍しいタイプ。特性も防塵、防弾、防音と一部の技を無効にする特性のいずれかを持ち、各地方に伝説を除き2体ほどしかいないレベルの種族能力を有する強力なポケモンですね】
「……それでも、負けられないよ。わたしは、アローラの怪盗なんだから!いくよルカリオ!」

鋼・格闘のルカリオとジャラランガの相性はあまりよくない。相手は能力の非常に高いポケモンということらしいし、長期戦になればなるほど不利なはず。だから、わたしは気持ちを込める。
それは曖昧な根性論なんかじゃない。ルカリオが持つのは心を、波導を感じ取る力。わたしの想いをくみ取ったルカリオの手に波導の力がどんどんたまっていく。

「『波導弾』ですか……ですがそれならこの勝負もらいましたよ!ジャラランガ、『スケイルノイズ』!」

 ジャラランガに命じるチュニンは勝利を確信したように見えた。だけど、その油断にこそ勝機がある!
 負けられない。その気持ちはルカリオだけじゃなく、わたしの手にはめたリングにゼンリョクを込めて。ルカリオの波導にさらなる力を与える。

「ここは一気に終わらせるわ。アローラのZワザで!」
「それが技の威力を強化するZワザですか!しかしジャラランガの特性は『防弾』!どれだけ威力が高かろうと、弾丸による攻撃を無効に……」
「Zワザは元になった威力を元にその威力が決定する。だけど技としてはあくまで別物、よって『防弾』の影響は受けない!」
「なんですって!ジャラランガ、守りの体制を!」
「もう遅い!行くよルカリオ、『全力夢想激烈拳』!」

最大の波導をまとったルカリオは『神速』にも近い速度でジャラランガの懐へ一瞬で潜り込む。堅そうな鱗が体をふさいでしまう前に、一発一発が波導のエネルギーのこもった拳をありったけ叩き込んだ。
これと普通の『神速』一発で倒せるだけのダメージを与えられていればわたしの勝ち……!
祈るような気持ちでジャラランガを見ていると、チュニンは薄く笑ってボールにジャラランガを戻した。

「……お見事!完全にチュニンの負けです!さすが怪盗という立場を任されているだけのことはありますね!」
「勝った……のね。うん、よかった」

 肩を撫でおろすわたしにチュニンは歩み寄って右手を差し出す。わたしも、緊張していると思われないようにさっと手を出した。

「いやはや強力な技で相手の体力を一気に削り、先制技で常にプレッシャーをかけ続ける!それでいて不要な追撃はしない細やかさ!感服いたしました!チュニンもさらに精進が必要ですね!」

 さっき握手したキュービさんとは違い、わたしの手をがっちり掴んで大きく揺らすような握手だった。Zワザで体力を使ったわたしの体がちょっとふらつく。

【これぞまさにシェイクハンドですね】
「面白くないしアローラの管理者として自分たちが勝ったのにまず言うことがそれなの?」

相変わらずとぼけたようなスズ。わたしがそう呆れながら呟いた後も、チュニンは手を握ったままだった。

「チュニン、だめよ? バトルで負けたのに無理に捕まえるようなことをしちゃ」
「ただのコミュニケーションですよ!本気で捕まえるならもっとこう関節を極めるか寸勁でですね──」
「……っ、来ないで!」

手を離したチュニンが、なんでもない風にもう一度わたしの体に手を伸ばす。それを見てわたしは、反射的に飛びのいた。理由はわからない。でも、今の手には触れない方がいいような気がして……

「……チュニン?」
「あわわ……す、すみません怪盗さん!昔からポケモンたちと格闘技をやっていたせいか、つい気合が入ってしまいましたか!?別に殴ったりとかそういうことをしようとしたわけでは決して!」

 だけど、より怖かったのは。ふわふわした表情のまま首をかしげるキュービさんの咎めるような呼びかけだった。チュニンもあわててわたしから離れて弁解する。

【さて、ひとまずはこちらの勝利です。今からでも残りのシャトレーヌを呼んできますか?】
「いいえ、楽しいバトルを見せてもらったし十分。ありがとう怪盗さん、素敵な夜だったわ!」
「今度会うときは……宝を頂くときかしら」
「ええ、ええ!でも私は何度でもお会いしたいわ。怪盗としての貴女だけじゃなく、普通の女の子としての貴女のことも知りたいし、仲良くしたいもの!」
「……それはまあ、出来たら」

 怪盗として来てるのに予告状を出した相手に何度も会いに行くのもどうだろう、というのもあるけど。そっけなく答えるのが精いっぱいだった。
 だけどその返事にキュービさんは花が咲いたように満面の笑みを浮かべて、わたしに小さく手を振った。

「大会にも出てくれるみたいだし。活躍、期待しているわ。優しい怪盗さん」
「……呼ばれて、こうして予告状を出した以上、絶対に盗み出して見せる。わたしは……」
【快刀乱麻を断つがごとく全ての状況を切り開く怪盗、アッシュ・グラディウスですから。楽しく、盛り上がる興行になると思いますよ?ご期待あれ】

 スズがわたしの言葉を持っていく。それに不満ではなくわずかな安心を覚えながら、シャトレーヌの部屋を後にした。

 





読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。