Page 50 : 湖畔の町

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:10分

この作品には残酷表現があります。苦手な方は注意してください

「黒の団に入るよう、誘われた?」
 耳を疑いながら慎重になぞるようにラーナーが言うと、正面に座っているクロは憮然とした態度で目も合わせずに頷いた。深緑の瞳は右手の車窓から流れていく景色を眺めている。
 リコリスを離れ新たに圭を加えた旅の面々は、リコリスにやってきた時にも最初の玄関口として使ったトローナの駅から出ていた古ぼけた電車に乗り、次の町へと移動していた。乗客は彼等の他はちらほらと数人椅子に腰かけているのみで、物寂しい雰囲気すら感じさせる。二つの座席が向かい合う形になっているところに座っているが、現在新加入した少年の姿は無い。
 圭が席を外している中、ラーナーは引っかかっていたことを一つクロに尋ねた。ホクシアの襲撃の終結の際、クロをどうするつもりだったのか黒の団の女性に聞いたところ彼女は軽く受け流して答えはしなかった。勿論何か良くないことではあることなのは予想はついていたが、クロは案外あっさりと答え、その上出てきた欠片も想像していなかった突飛な事実に驚きを隠せはしない。
「な、なんで?」
 戸惑いに揺れるような心情がそのまま声音に表れる。
「……俺が必要だとかなんだとか上辺面は聞こえの良いこと言ったけど、どうせろくでもない理由だろ」
「そう……詳しくは言ってなかったんだ?」
「ああ。どうにしろ絶対に御免だ」
 嫌悪感を隠すことなく吐きながら、クロは左手に力を込める。ラーナーは包帯を厳重に巻いた彼の右手に視線を落とす。僅かに動かすことも許されない損傷。それも利き手。人間の枠を踏み越えた力を持ったクロといえど、日常生活にも支障は訪れるだろう。治癒力まで人外染みているのかどうかラーナーには分からない範囲だが、彼等にとっては長くかかるほど致命的だった。
 身体的問題の他にも、ラーナーが話を持ちかけるまでは、表情をきつく引き締め一切誰も引きつけまいと無言で重圧をかけているような状態だった。ラーナーは水に潜って呼吸ができず苦しむような窮屈さを感じていた。今は雰囲気が少し和らいでいるだけで根本的には何も変わっていない。
 これではいけない。ラーナーは口をきつく結ぶ。
 と、そこに小さな足音が近づいてきて二人は顔を上げる。足音の主は背もたれに手をかけると、柄にも無く深い溜息をこれでもかというほどに吐き尽くす。
「圭くん、大丈夫?」
 ラーナーが真っ先に恐々と尋ねると、蒼白な顔色を浮かべた圭は力無く首を横に振る。
「無理……吐く……」
「吐くな……」
 クロは横から呆れたように零す。
 圭の声は蚊の鳴くような弱々しいものであった。ふらふらとしながらクロの隣の空いた席に腰かけると、廊下側の肘掛に覆いかぶさるように寄りかかる。その間も呻き声を漏らし続け、全身から鉛のような重い雰囲気を発していた。話しかけることすら余計な毒になってしまいかねない状態の中、クロは小さな背中を軽く叩きながら口を開く。
「なんで電車で酔うんだよ。あの軽トラックの方がずっと揺れるぞ」
「そういう問題じゃねえ」
 圭は絞り出したような声で反論する。
「俺はきっと車とは相性最高でも電車とは相性最悪なんだ……それも一生仲良くできないレベルの……」
「なに言ってんだ……意外と元気だな」
「元気じゃねえよ……うえぇ」
 か弱い抵抗を試みたものの体の調子は当然良くなるはずも無い。一つ少し大きめの揺れがやってくるたびに鳩尾に一発拳をもらったかのような声を出すものだから、正常なクロとラーナーも波状効果で気分が悪くなってしまいそうだった。
 話も途切れてしまい、暫し沈黙が続いた。電車はつい数秒前から長いトンネル道に入っており、窓の外の景色も暗闇に包まれていた。レール上を滑走する籠ったような音をベースに、他の客の小さな声でなされる会話と圭の唸りとが飾りつけされているかのような音の群が車内を支配していた。
 と、ようやく長きにわたるトンネルの終結部に辿り着く。再び窓の外から陽光が差した瞬間、ラーナーは目を丸くした。
「海!?」
 驚いた声をあげると、クロは怪訝な表情を浮かべる。
「ここは内陸だ。あれは湖」
「あ……なるほど」
 ラーナーは乗り出した体をまた元の位置に落ち着かせ、改めてガラスの向こうにある湖の姿を食い入るように見つめた。
 線路から舗装された道路を挟んだ向こう側にあるそれは、冷静になるより先に海という言葉を連想してしまうのにも納得がいく程巨大であった。何しろ湖の反対側にあるはずの町の風景はまったく見えない。天候が穏やかなこともあって波が殆ど立っていない今の状態はどこか威圧感すら感じさせた。
「トローナに行く時も、見たはずだけど」
 クロが相変わらず不審な目をしながらラーナーに言うと、彼女は苦笑いを浮かべた。
「多分、その時あたし寝てたんだろうなあ」
 最後に笑い声を付け足してみたものの、クロは小さく相槌を打つだけでそれ以上関心を示さず、表情も大して変えることはなかった。期待していた反応を得ることができず、ラーナーは肩を落とした。
 その時、電車内に鈴の大きめの音が何度か響き渡る。もうすぐ次の駅へ到着する合図だ。
「次で降りる」
 クロが声をかけ、ほぼ寝そべっている状態になっている圭の背中を叩く。
「もうちょっと先まで行こうかと思っていたけど、圭がこんな状態だ。次の町も大きかったはず」
「なんて町?」
 圭がゆっくりと起き上がりながら気怠そうに尋ねる。
「湖畔の町、キリだ」


 *


 自分の精神状態が不安定で周囲に悪い影響を与えていることなどクロ自身よく解っていた。それを自らに良しとしているわけではない。苛立ちや不安に振り回されていては敵の思う壷だろう。クロは尖る自分の思いを戒めるように、弾き飛ばすように、自分の両頬を軽く叩く。こんな時だからこそ、自分を保たなければならない。
 乗車代を支払い、大切に扱われているのだろう小奇麗な改札口を抜け、人の声が飛び交う明るい雰囲気の駅構内を出ると落ち着いた色合いの白石が煉瓦調に整然と敷き詰められた大きな広場となっていた。車もよく通っており、建物はそれほど天井が高いものは無いものの、面積の広いコンクリート仕立てのものが並んでいた。閑散としていたトローナの姿とは裏腹に、子供から年寄りまで様々な年代の人々が駅周辺を渡り歩いている。ただ、この辺りは飲食店や若者向けのショッピング関連の店が揃っているのもあってか年代の若い者が心なしか多いようだ。
 生き生きとした町の雰囲気だが、更に彩りを重ね、今ラーナーの目を釘付けにしている存在があった。――空に。
「あれは……鳥ポケモン。こんな町中を」
 ラーナーが上空を見上げながら感嘆の声をあげる。
 彼女の言う通り、そもそもポケモンをあまり町で見かけることの無いこのお国柄、多くの人間がうろつく町中で姿が鮮明に分かるほど低空飛行している鳥ポケモンがいるのは珍しい。
「……キリの巨大な湖周辺には水鳥を始めとして多くの鳥ポケモンが住んでいる」
 少なくとも一度は訪れたことがあるのだろうクロが淡々とした口調で説明を始める。
「ただ、あれは野生じゃなくて人のポケモンだ」
「ほんとだ」
 ラーナーが見ているのは全体に濃い灰色の羽毛に先が赤くなった大きな鶏冠が特徴的で、一般に獰猛だと知られているムクホークだ。その背中には男性が一人乗っている。それに限らず辺りにはもう数匹人間を乗せた鳥ポケモン達が飛び回っている。
「最近は車が発達してるけど、昔からの慣習だかで、ああやって鳥ポケモンに乗って町中を移動する文化が残ってるらしい」
「もしかして、それで建物が低めなの?」
「ああ」
「へえ。そういう慣習を中心にした町造りってなんか、いいね」
 感心してラーナーは笑顔を見せる。クロはそうだなと淡泊に返すのみで、圭も体調の悪さにまいっているために一人ではしゃいでいるような感覚に陥った。
「そういう観光ガイドみたいなのはいいよ。どっかで休もうぜ」
 念願の陸地に立ったものの調子がなかなか戻らない圭は懇願する。ふっと我に返ったように圭を見ると、クロは辺りを軽く見回す。
「昼ご飯もとる必要があるし、今後どうするかも固めなきゃならない。落ち着ける場所を探す」
 ラーナーは素直に頷く。この駅前広場は十分にスペースがあり座る場所もあるが、電車の音や人の行き交い、加えて幼子がはしゃぎまわっていたりとなかなかに騒々しい。ただでさえ圭のオレンジばかりの風貌は目立ち、道行く人々の視線に当てられてしまうのだ。必要以上に人の目に止まってしまうのは当然芳しい状態ではない。
 圭は耐えきれなくなったようにその場にしゃがみ込み大きく溜息を吐く。
「ほんと大丈夫? 歩ける?」
 つられるようにラーナーも中腰で顔を覗き込む。圭は一呼吸を置いてから溜め込んだものをゆったりと吐きだすように一つ静かに頷いた。それから再度立ち上がったものの疲弊しきったように頬は下がり、それでなくとも低い身長が猫背になって更に縮こまっている。
 クロはふとポニータのことを思い出した。もしもポニータの足の状態が良ければ圭を乗せることができる。アメモースにはできないことだ。
 今でこそラーナーや圭がいるものの、つい数か月前まで、常に隣にいた存在が今は無い。ボールの中で戦闘の傷を癒し、沈黙している。火馬の空白と賑やかな人間の存在は、彼に違和感を与えた。
 しかし、居ない存在に思いを馳せても前に進むことはできない。ポニータにばかり頼っているわけにもいかないのだ。クロは決意を固めるように目に力を宿す。
「とにかく、ここから近場でなるべく落ち着いて話せる所を探すぞ。圭、このぐらいでへこたれるな」
「わかってるよ」
 クロの叱咤に対して少しむきになったような口調で圭は言い返した。無理矢理自身を奮い立たせるように曲がっていた背筋を伸ばす。
 どこかうまく揃わない足取りに不安を覚えながら、ラーナーは歩き始めたクロの背中を追いかけた。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

 この作品は感想が書かれていません。