ステージ、オブジェクト解説

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:11分
「Ultimate Pikachu Eevee !」に登場するステージと、オブジェクトをラウンド毎に分けて解説していきます。
「ステージ」
 舞台は森の一本道。ナエトルの住処のすぐ近くなのだとか。
 スタート地点から30mほどは真っ直ぐな道が続き、その先に幅5mほどの大きな崖がある。当然普通のジャンプで飛び越える事は不可能なので、オブジェクトを上手く利用する必要があるだろう。
 崖を越えた先には8mほど道が続いており、その先に一本道を遮るようにして木でできた小屋が立っている。
 その小屋の屋根の中心にはゴールである赤旗が立てられているので、それに触れることができれば晴れてゴール。ポイントゲットとなる。
 ちなみに小屋を直接登ってゴールする事は不可能なので、これまたオブジェクトの使い方が重要になってくるだろう。

 道の外れ(草木の中)にはオブジェクトを設置することはできないが、崖の下は設置が可能である。崖はでこぼこしていてロッククライミングもできるので、上手く戦術に取り組むことが出来れば試合を有利に進めることが出来るだろう。無論、崖から転落してしまうと脱落となる(その場合はボーマンダがしっかりと受け止めてくれるのでそこは安心)



「オブジェクト」

 [1ラウンド目]

 木の足場・・・名前の通り木の足場である。板状のものや、角材などと色々な形、大きさのものが存在する。設置の際は90度ごとに回転できるので、基本的には横向きか縦向きかのどちらかを選んで設置することとなる。

 木の階段・・・段数が4段ある木の階段。足場として利用可能。一段一段がかなり大きいので、段の上に何か別のオブジェクトを設置するといった使い方が可能だ。設置の際は階段の向きを左右どちらにするかを選ぶことができる。(階段の裏側を上にすることは出来ない)

 モンスターボール・・・言わずと知れた赤と白の模様が特徴的なボール。サイズは小さいが、触れた者を強制的にボールの中へ閉じ込めて脱落扱いにさせる強力なトラップだ。触れてからボールの中に吸い込まれるまでには若干の猶予があるので、それまでにゴールの旗に触れることが出来ればデス後ボーナスが貰える。

 ハチミツ・・・名前通り甘くて黄色い液体。1マス分の足場に塗りたくることができ、それを踏んでいる間は動きがかなり制限される(ダッシュとジャンプが困難になる)
 オブジェクト同士をくっつける接着剤の役割も果たしているので、使い方によってはかなり厄介なオブジェクトの部類に入るかもしれない。





 [2ラウンド目]

 タネマシンガン発射装置・・・竹のタンクに詰まった大量のタネを、一定時間ごとに放射状かつ弧を描くようにしてばら撒くトラップ。飛んできたタネに命中すると脱落扱いになるが、足場や地面にぶつかって砕け散ったタネに触れた場合はセーフとなる。
発射の直前にはサイレンが鳴るので、それでタネが飛んでくるタイミングを予測できるようにしたい。
設置の際は左右どちらにタネを飛ばすかを選択でき、上下を反対にして設置することは出来ない。

 リニアソー・・・長い鉄柱の片側面に、丸くギザギザした刃が飛び出しているトラップ。刃(ソー)は一定の速度で側面をスライドし、触れた者を脱落扱いにさせる。危ない見た目をしているが、皮膚が切れる事は一切無い。
設置の仕方によっては、普通の足場として使うことも可能だ。

 げんきのかたまり・・・小さな星のような形をしたオブジェクト。ステージ上のどこかに設置して、それを獲得した状態でゴールすればコインボーナスが貰える。
げんきのかたまりは一度触れた者の後ろを追尾し続け、保持者が脱落した場合は再びその場での浮遊を始める。なお、げんきのかたまり保持者がミスをしない限りは横取りすることは不可能である。





 [3ラウンド目]

 雷雲・・・少し青みがかった雲で、サイズはピカチュウと同じくらい。
一定時間ごとに真っ直ぐ、鋭い稲妻を落とす。勿論触れたら脱落となる。稲妻は貫通せず、別の物やランナーに触れるとその場所で途切れてしまう。雲自体に触れても感電して脱落となる。
稲妻が落ちる直前には音による予兆があるのでそれを聞き逃さないようにしたい。
設置の際は稲妻の落とす向きを左右上下、好きな方向に選ぶことが可能。

 トレッドミル・・・ベルトコンベアのように回転し続ける足場。長さは約0.9m(3マス分)ほど。回転の速度はそこまで速くはなく、軽いランニングをしていれば落とされることはない。ただし足場は小さいので踏み外さないようには注意が必要。
設置の際はベルトの回転方向を奥向きか手前向きのどちらかを選択できる。角度は変更できず横向きのみである。

 するどいキバトラップ・・・鋭くとがったキバが互い違いに組み込まれたオブジェクト。長さは色々あるようだ。空中に設置することはできないが、地面や足場などに固定して踏んだ(触れた)者を脱落扱いにするというシンプルかつ強力なトラップである。
このキバを設置したオブジェクトが動くものだった場合、キバもくっ付いたまま動く。

 木箱・・・小さな四角い木箱。足場として利用可能だが、小さなポケモン一匹分の幅しか無い。





 [4ラウンド目]

 パンチングキマワリ・・・植木鉢から生えているキマワリの人形(?)で、近づいた者を強烈な[はたく]で吹き飛ばして脱落扱いにさせてしまう。
 腕を振るうタイミングは甲高い声を上げ終えた瞬間。腕を振るった後の状態から元の姿勢に戻るまでに若干の隙が生まれるので、その間に通り抜けてしまおう。なお、上下を逆さまにして設置することは不可能である。
ちなみに、運よく吹き飛ばされた先がゴールだった場合、デス後ボーナスを獲得することが出来る。

 フリッピングブロック・・・1マス分ほどの足場だが、足場の片面には無数のトゲが張られている。さらに約5秒ごとに上下が反転するので、長い間足場の上に乗ることは不可能である。勿論、トゲに触れると脱落扱いとなる。
設置の際はトゲの向きを左右にする事もできる。





 [5ラウンド目]

 ダイナマイト・・・名前の通り、ニトログリセンを使用した爆弾。ステージ上にあるオブジェクトを1つだけ自由に破壊することができる。
 どんなサイズのオブジェクトも破壊することができるが、爆発の範囲は狭いため、隣接するオブジェクト等が壊れることはなく、するどいキバトラップ等の固定型オブジェクトも1マス分しか破壊する事ができない。

 スピニングソー・・・木箱と同じサイズのブロックから、丸いギザギザの刃が飛び出し、時計回りに回転し続けるトラップ。刃の回転の速度は割とゆっくりで、タイミング次第では、ブロックの上に乗って足場として利用する事もできる。
 設置の際は、刃がコースの道に沿って回転するような形にしなければならない。(ここだけの話、横向きに設置出来ちゃうと、描写が難しいという理由がある)

 グレイシア・・・とある女性トレーナーの手持ちのポケモン。ハイパーボールの中に入っている。結構強いらしい。
 ステージの好きな場所を一箇所だけ、ツルツルに凍らす事ができる。扱いとしては固定型オブジェクトなので、ベルトコンベア等を凍らすと、凍った部分も一緒に動くようになる。壁を凍らすと、摩擦が無くなるので壁キックが出来なくなる。





 [6ラウンド目]

 ゴローニャペンデュラム・・・ゴローニャを模した大きな人形が鎖に繋がれ、振り子のように前後に振れるトラップオブジェクト。
 ゴローニャが振れる速度はかなり早く、スピードも一切減速する事はないので、数あるトラップオブジェクトの中でも避けるのがかなり難しい部類に入るだろう。対策としては、ゴローニャを吊す鎖が繋がれたブロックの上を通る事などが挙げられる。
 また、このオブジェクトに吹き飛ばされた先が運良くゴールだった場合、デス後ボーナスを獲得する事が出来る。

 あなぬけのヒモ・・・洞窟の中で使うと一瞬で入り口に戻れる……という訳ではなく、二つ設置することによってヒモ同士の空間が繋がり、そこを潜り抜ける事によってステージをショートカット出来るという特殊なオブジェクトだ。
 ステージ上の好きな場所に設置する事が出来るので、利用方法は様々だが、別のランナーにもう片方のヒモを取られると、ワープ先が選べなくなるという危険性も秘めている。
 また、ヒモが三つ以上ステージにある場合は、基本的に早い順に設置されたヒモ同士の空間から繋がるようになっている。





[7ラウンド目]

 トリックウォッチ・・・ステージ上に設置することが出来て、時計のスイッチを入れる事によって一定時間ステージ全体のオブジェクトの動きを遅くすることが出来るオブジェクト。
 しかし、ステージ上のオブジェクトが遅くなっている間は、同時にランナー全員の動きが急速に早くなってしまう。この速度上昇は制御が難しく、一度地面を蹴って前に駆け出してしまうと簡単には自力で止まる事ができなくなるだろう。
 また、速度が上がるだけでなく跳躍力も上がっており、上手く利用すればステージ中央の崖をジャンプで越えることも可能だ。

 トリガースパイク・・・トレッドミルと同じぐらいの幅の足場(3マス分)で、上に乗った後2秒ほど経過すると、無数の針が足場から飛び出してくるというオブジェクト。針に刺さったものは脱落となり、設置者にトラップボーナスが入る。
 また、針は飛び出した後、自動的に足場の中に収納され、また誰かが乗ると針が飛び出すようになっている。





[8ラウンド目]

 サーナイト・・・とある女性トレーナーの手持ちのポケモン。ヒールボールの中に入っている。礼儀正しかったりあざとかったりとキャラが少々謎である。
 小さなブラックホールを生み出して、ステージの好きな場所に設置してくれる。ブラックホールは近づいたランナーを吸い込んで脱落扱いにしてしまい、サーナイトを呼び出したランナーにトラップボーナスが入る。

 スプリング・・・木板に大きなバネを取り付けた、トランポリンのようなオブジェクト。板の上に乗るとバネが深く沈み、その反動で高く跳び上がる事ができる。
 ただし、跳び上がるタイミングを間違えると板の上から放り出されてしまうので注意が必要だ。





[9ラウンド目]

 ジェットパック・・・ステージ上の好きな場所に設置し、レース中に背中に装着することによって空を自在に飛ぶ事が出来るようになるかがくのちからの結晶ともいえるオブジェクト。
 これさえ獲得できれば道中にあるオブジェクトを全てスルーしてゴールへ向かう事が出来るようになるが、一応トラップなどに引っかかってしまうと脱落となってしまうので注意が必要だ。また、脱落した装着者からジェットパックを奪うなどの行為は出来ない。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。