取り残された者の戦い 〜ライボルトの憂鬱〜

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
作者:ションピニ
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:9分
バトル書き合い大会という企画用に書いていた8つの短編のうちの一つです。
ポケスク初心者ゆえ、不慣れな部分はありますが、ご容赦ください。
 「本当にごめん。みんな、自由に生きて……」
 そう言い残して、ご主人様は死んだ。
 その言葉は、僕たちにとって、まさに呪いだった。

 僕らはご主人様の命により、伝説のポケモン『ファイヤー』と戦った。全ては、かの伝説の火の鳥を捕獲し、新たな仲間として迎え入れるためだ。

 だけれど、ファイヤーの眼中に僕らはいなかった。奴はあろうことか、僕たちの猛攻を軽くいなすと、ご主人様に攻撃を加えたのである。
 ご主人様が炎に包まれていく姿を、僕らはただ見ていることしかできなかった。絶望ばかりが心を染めていく光景だった。
 取り残された僕たちは、ただ呆然と立ち尽くす。僕はボロボロと涙をこぼし続けた。
 ご主人様はもういないのか。僕たちはこれからどうしたらいいのか。完結しない思考がぐるぐると渦を描く。
 ファイヤーはそんな僕たちを一瞥いちべつした後、ボソリと一言、「また罪を繰り返すのか……」と呟いて去った。あの言葉にはどんな意味があったのか。今となっては知る由もない。

 しばらくの間、パーティ内で言葉が交わされることはなかった。やがて、仲間のジュナイパーとヌオー、そしてキュウコンが無言で立ち去っていった。僕は声を上げようとした。駄目だ、みんなの心がバラバラに散ってしまう。止めないと。この嫌な流れを止めないと。
 でも、僕の喉からは「うあっ、うぁっ」という余りに滑稽で情けない嗚咽しか漏れ出なかった。不可解なことに、身体も全く動かない。脳が全身に信号を送ることを拒否しているかのようだ。
 行かないでくれ。それを言いたいだけなのに、どうして言葉がこんなにも出てこないんだ。
 悲しみばかりが溢れ出て、視界はただ狭くなる。早く嫌な感情を振り払いたいというのに、どうして僕の心はこんなにも弱く、脆いのだろう。

 「うああああああああっ」
 隣でエースバーンが叫んだ。
 彼女も、僕の大切な仲間の1匹だ。
 彼女の鋭い目は、とある山をじっと睨みつけていた。僕は瞬時に理解する。あの山には、ご主人様を滅ぼした憎きファイヤーがいる。
 手に取るように分かる。彼女の感情が。彼女の堪えきれない怒りが。だからこそ、僕は彼女を止めないといけない。

 そうしないと、彼女がどこか遠く離れた場所に行ってしまう。彼女は彼女じゃないドロドロしたおぞましい何かに変わってしまう。
 心を覆い隠していた哀しみの感情は危機感へと変容し、いつの間にか僕を突き動かしていた。

 「待てよエースバーンッ、何を考えてるんだ!」
 僕は唇を噛み締め、前脚で目元の涙を拭い、エースバーンの前に立った。

 「あのファイヤーを追いかけて殺す。じゃないと私は、私はっ。もう頭がおかしくなりそうなのよ!」
 彼女が言う。その声は悲痛に満ちていた。

 「そんなの自殺行為だ。行かせないぞ、君を死なせるものか」
 「そこを退いてよ、私を止めないで!」
 エースバーンは歪みきった表情をこちらに向け、僕に炎の渦を仕掛けた。タテガミがジリリと音を立てて焦げる。それは文字通り、彼女の怒りを真正面から受け止めているかのような辛さだった。
 炎が僕の視界を狭める。僕の動きを止める。このままだと僕はエースバーンを逃がしてしまう。そんなの、絶対に駄目に決まってる。
 僕はタテガミに電気を溜めながら、喉が張り裂けんばかりに雄叫びをあげた。

 「この分からず屋。いいよ、僕が君を守るって決めたんだ。絶対に君を止める!」
 渦の中でエースバーンの場所はすっかり見えなくなっていた。しかし、電撃波はそういう状況だからこその技である。
 電撃波が必中なのは、相手を追尾するという特性を兼ね備えているから。つまり視界不良の中でも電撃波を使えば、エースバーンの位置を強制的に特定することができるのだ。

 ────そうだ。このことを教えてくれたのも、ご主人様だった。

 脳裏に過ぎるご主人様の朗らかな笑顔。ふと気が付けば、僕が打ち出した雷撃は炎の渦を突き破り、エースバーンを正確に貫いていた。

 「ぐっ!」
 エースバーンが片膝をつく。どうやら急所に当たってしまったらしい。心がぎゅうっと締め付けられる。苦しい。苦しすぎる。
 こんな愚かしい戦い、早く終わらせたい。『雷』を落として、彼女をすぐにでも戦闘不能にするべきだ。

 でも、本気の『雷』は駄目だ。彼女の命に関わらない程度のダメージに抑えたい。僕はいつもより少し小さめの黒雲を生み出し、技の準備を始めた。
 しかし、戦いを終わらせようと焦りすぎたのが良くなかった。雷を落とすには時間が多少なりともかかってしまう。ハイリターンにはハイリスクが伴うのが世の常だ。

 エースバーンはその隙を見逃さなかった。彼女は突然小石を蹴り上げたかと思うと、小石は一瞬にして火炎を纏い、黒雲へ突入。そのまま破裂させたのである。これはエースバーンの十八番。火焔ボールだった。
 雲に溜まっていたエネルギーも一気に周囲へ放電され、僕の技は不発に終わる。

 何をやっているんだ僕は!
 エースバーンが強いのは分かっていたことじゃないか。さっさと戦いを終わらせられる相手じゃない。落ち着け。落ち着け。彼女はおそらくスピードを活かした技でくるはずだ。
 これまで彼女と一緒に経験してきた旅の思い出が蘇ってくる。ああ、僕は彼女が何をしてくるか分かってしまう。だって、彼女は僕の大切な仲間で、大好きなポケモンなのだから!!

 僕はキバに強力な電気を溜めた。予測通りならエースバーンは高速移動を使い、圧倒的な素早さで翻弄してくるはずだ。
 その予想は大当たりだった。彼女はスピードを上げ、僕の目の前に迫ってきた。今だ、カミナリのキバで喰らいつけ!!

 「アナタならそう来ると思ったッ。カウンター!!」
 瞬間、カミナリのキバは回避され、僕の顎に強烈な衝撃が走る。意識が急激に薄れていく。

 【高速移動+カウンター】なんてコンボ、僕は知らないぞ……!?
 駄目だ駄目だ駄目だ。気絶するな!
 ライボルト!
 僕はエースバーンを止めるんだろ!
 彼女は1匹じゃない!
 僕たちはパーティだったんだ!
  だったら助け合わなきゃ駄目じゃないか!!

 ご主人様は言った。「自由に生きて」と。だったらその言葉に従おう。僕はたとえ、どれだけ傷つこうとも仲間を救う!!

 「君1匹だけが全部を背負うなよ。ご主人様がいなくなったのは、君だけの責任じゃないだろうが……!」
 ────僕のこの言葉は、ちゃんと彼女に届いているんだろうか。


 ◆


 そこからの記憶は朧げにしか残ってない。
 僕はタテガミに残っていた電気エネルギーを使って、エレキボールを作り出した。そして、最後の力を振り絞り、それを何とかエースバーンにぶつけた。
 ぶつけたのは技だけじゃない。僕の思いも丸ごとだ。僕は反射的に彼女に何かを言った。不甲斐ないことに、僕が何を言葉にしたのか。自分でもよく分からなかったけれども。

 結果だけを言うと、僕はエースバーンに負けた。僕の意識が次第に闇へ融けゆく中、彼女は堂々と僕の目の前に立っていたのである。

 ……本当に強い。彼女はやっぱり、チームのエースなんだ。何だか、とっても誇らしい気持ちだ。
 完全に気絶してしまう直前、僕はふと空を見上げた。紺色が広がる夜空に、綺麗な何かが月光を反射しながら飛んでいた。それはまるで、どこかの寺院で見た天使の絵のような煌めきだった。

 ……世界って、とても残酷だけれど、本当に美しい。
 目を覚ましたら、彼女を追いかけなきゃ。
 復讐したいという気持ちは痛いほどに分かる。
 だけれど、まずは、離れ離れになった仲間を探しに行くべきだ。そして、みんなで一緒に生きなきゃ駄目だ。いなくなったご主人様を忘れないように。それが僕らの贖罪。この美しい世界で生きるための、義務だ。

 ふと、僕の前脚に暖かい何かが触れた気がした。僕はそれがとても、心地良かった。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。