あたしドラコ。今はオノノクスよ。

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
作者:仙桃 朱鷺
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:4分
オノノクスのドラコが答えてくれた進化の話。
本当はテリーはあたしらを進化させるつもりなんてなかったのよ。小回りが利くから。
自分が小柄な体格なのは気にしてはいたけど、元々テリーは遺跡探索とか、もぐったり探ったり、狭いところに入ることが好きだから大きくなると潜りづらく、探りづらくなるでしょ?
だから、人と関わったりメルと一緒の時は身長を欲しがってたけど、探索してるときはそんなこと気にしてなかったわよ。
地元で暮らしていた時、あたしらが仲間になった時なんて、全力で子供のノリで、好奇心全開でチームテレンス探検隊楽しかったわ。
遺跡の隙間、洞窟の奥、もぐりこんだ先に何があるのかを見るの。手前が狭くて、奥が広いなんてこともあるからクロノが…その時はズバットね。ちょうおんぱ飛ばして探ったり、あたしはいざってときの脱出要因であなをほる覚えてたし、テオは暗いところでも周りが見えるようにあやしいひかりを混乱しないぐらいの強さで調整して照らしてたわよ。じんつうりきとの合わせ技だったかしら?
え?テオはロコンなんだから、光の調整なんてしないで火を噴けばいいって?そうでもないわ。狭いところに入ってるんだもの、酸素燃え尽きたら呼吸ができなくなってしまうから、火をなるべく避けたのよ。
新米トレーナーになって、地元からメルと一緒に旅立って暫くしてメルたちと離れ離れになってテリーはあたしらの進化の決断をすることになった。

テリーは今よりだいぶ若くて、知らない土地で、あたしらは一緒にいたけど、テオもメルと一緒に居なくなって、その時テリーはメルと一緒に地元から出てきてそんなに経ってなかったし、気を付けてはいたみたいだけどさ、メルがだいぶ気持ちのよりどころになっていたわ。それを突然失ったのよ。
情報を集めて、怪しいやつらに喧嘩を売ったわ。返り討ちに遭うことも多々あったのよ。進化をしないポケモンが弱いってことはないけど、進化した方が力が強くなるそれは、わかっていたから早く力を手に入れるためにテリーはあたしらを進化させることにしたのよ。
「悩むぐらいなら、やらないで後悔するより、やって後悔した方がいい。悩んでるだけじゃ今は変わらないからな」
テリーはそう言っていたわ。メルたちの手掛かりが少しでも早く欲しかったし、あたしらも強くなることには異論はなかったからさ、それに、再会してからじゃないと元々テリーがやりたがってた遺跡巡りは楽しくまわれないわ。
なかなかいい情報もとに出会えなくて、焦っている時にとある団に入ってそこで、過ごして一人でいるより多少は安定したのよ。
一人で調べるには限界があったし、組織にいることで手に入る情報も増えたから。そうして何年もかかったけど、あたしらは無事に再開することができたから、あの時の判断は間違いじゃなかったってことよ。

アクトは最近仲間になったばっかりだから、いろいろ気になるのよね?気になることは聞きなさい。答えられることにはどんどん答えるわ。
アクトがジグザグマのままでいるか、進化するのかはテリーの希望もだけど、アクト本人の気持ちも大事なんだからさ。テリーがこの前ほのおの石を手に入れてたけど、テオは今はまだ進化しないことを選んだわ。けど、今後もしもの時のためにテリーは石を保管してるでしょ?進化するもしないも選択の1つで、小回りが利くのはいいことだけど、大きい方が便利なこともある。一長一短ね。正解も外れもなにもないのよ。
まだまだ先は長いし、切羽詰まっているわけじゃないのだから、時間もある。自分がどうして、どうなってどう過ごしていくのかは、テリーの方針もあるだろうけど、自分の意見も態度に示していけばいいの。そうすればテリーも気がついて、いろいろ話して聞いてくれるわよ。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。