収穫

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
作者:芹摘セイ
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:6分
 収穫(約2,100字)




 12.31 借方(オレン収穫物仕入)600  / 貸方(オレン収穫物収入)600


 大晦日のポケモンバトル。霜の降りたオレン林の中で相対するのはオーロットとオンバット。私はオーロットに『守る』を命令、特性『収穫』によりオーロットの枝下にオレンの実が生えてきたのを確認するや否や手持ちのメモ帳に仕訳を書き込んだ。

 うちのオーロットはオレン農家の手伝いをしてくれている。私たちが丹精込めて栽培したオレンの実を持たせればバトルでは無敵。オーロットの特性『収穫』のおかげで、一度消費したオレンの実を何度も利用することができるのだ。オレンの実を無限に収穫し続けることで自身の体力を回復しつつ、『宿り木の種』や『鬼火』や『守る』と組み合わせ相手を蝕んでいく――それがオーロットの戦い方。

 持久戦となり息を切らす相手のオンバット、自身の枝下に手品のごとくオレンの実をいくつも実らせるオーロット。誰が見てもこちらの優勢――だが、思わぬ落とし穴があることに私は気づいていた。

 農産物を収穫した場合には、収穫したときにおけるその農産物の価額をその期の収入金額に計上するというルール――いわゆる「収穫基準」が適用される。一般的な商品やサービスを販売した場合であれば、その引渡しや役務提供を行った時点で販売金額を収入金額とするのが原則的な取り扱い。しかし所得計算の特則として、私たちのような個人農家がオレンなどの消費期限の比較的長い農産物を収穫した際には、その収穫の時点で収入になる。つまりオレンの実栽培に従事するうちのオーロットであれば、特性『収穫』により棚卸資産たるオレンの実を収穫したときに、農協への出荷予定価額(うちの場合は200円/kg)などに収穫キロ数(大体30個、つまり3kgくらい)を乗じた価額を収入金額及び同額分の取得価額として計上することになる――だから冒頭のような仕訳になるのである。

 もっとも、収穫時の記載自体は省略できる――が、如何せん今日は12月31日。期末の棚卸しは避けて通れないし、何よりポケモンバトルにおいては状況が目まぐるしく変わっていく。オーロットが収穫する都度、備忘的に仕訳は残しておきたいところ――そんな思惑もあり、私は技の指示が遅れていた。

「オンバット、『とんぼ返り』だ!」

 フィールドの向こう側からオンバットのトレーナーが指示を出す。すると空中で軽やかに身を翻したオンバットがオーロットに向かって突撃、こちらにダメージを与えるや否やものすごいスピードで自身のトレーナーの元に戻ってきた。そのまま彼の肩の上に乗り『羽休め』をするオンバットにオーロットは反撃する様子はなく――自身の枝下に生えた何十個ものオレンの実を食べ始めたものだから、私は急いでメモ帳にペンを走らせた。焦燥に駆られていた。

 一般的に、棚卸資産(販売目的で保有する商品や製品、あるいはそれらを生産するための原材料などのこと)を自家消費又は贈与した場合には、仕入価額と通常の販売価額の70%とのいずれか大きい金額でもって収入金額に計上することとされている。つまり私やオーロットが自分たちで栽培して食べた分も収入になるから把握する必要がある。この記帳自体は年末に一括して行えばよいのだが、今日は(何度も強調しているとおり)12月31日。あれだけ大量にオレンの実を収穫して自家消費しているのであれば、記帳を省略するわけにはいかない!

 私がオーロットの食べたオレンの実の価額に七掛けし仕訳をきっている間にオンバットもまた『羽休め』により体力が回復したようで、ぱたぱたと自身のトレーナーの近くで『超音波』を発していた――ポケモンたちから目を離してしまったが幸いにもオーロットへの『超音波』の直撃は免れたようだ。それからオンバットは私が栽培したエリア、私の妻が栽培したエリアといった具合にオレン林一帯を飛び回った後、やがてオーロットの枝の上にとまった。不思議そうに小首を傾げるオーロット、その枝下に実ったいくつもの新鮮なオレンの実をオンバットは興味深そうに覗き込んでいる。

「いやあ、すみません」とオンバットのトレーナーは苦笑して続けた。

「オンバットってポケモンは、果物に超音波を当てて熟したものを探す習性があるんです。いわばグルメ、きっとオーロットの収穫したオレンの実が気に入ったんだと思います」
「はあ」

 どうやらオンバットはオーロットの枝の上から離れたくないらしい。しがみつかれたオーロットはというと一つ目でにっこりマークを形作り、特性『収穫』により枝下にオレンの実をもりもり実らせ――そしてそれらを『サイコキネシス』でもぎ取ってオンバットの目の前に浮かせてみせた。オンバットの目がぱあっと輝いた。そんな様子を見ているうちに、ああ、そうだったな、と私も頬が緩んだ。

 ろうぼくポケモン、オーロット。自身の体に住み着いたポケモンにはとても優しい種族。オーロットとしては、枝にとまったオンバットにオレンの実をプレゼントしたくてたまらなくなったのだろう。これでは勝敗はこちらの負けも同然。

 とにかく、棚卸資産を贈与(プレゼント)した際には収入への計上が必要だ。今年の思い出の棚卸しをしつつ、私は一年間の所得の計算に努めることにした。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。