物質の第4状態における生命の活動内容報告書 ㊙

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
作者:悪戯な秋雨
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:7分
B11 3月19日 報告者:sisiro yumeo

 検体番号0012は個室にて停止中。瞳に変化は見られないが、所謂仰向けの体勢を取っていることから睡眠と仮定。瞼は存在しない模様。
 同日はこれといった変化はなし。


B11 3月26日 報告者:sisiro yumeo

 検体番号0012は個室内を縦横無尽に飛び回る。プラズマでありながらも体を持つことによって、移動速度が制限されている可能性を考慮。
 なお、検体の体に傷を発見。市販の傷グスリを塗布したところ回復。ポケットモンスターの一種である可能性が高い。


B11 4月2日 報告者:sisiro yumeo

 検体番号0012に仮名を付ける。研究所のPCのモーターから出現したので、名を『Rotom』とする。ロトムはしきりに研究所のデスクトップを凝視するようになった。
 使われていない物になら少し触れさせてみてもいいだろうと思う。


B11 4月9日 報告者:sisiro yumeo

 警ヲ蜻。ロトムに電化製品を与えて縺ッ縺?¢縺ェ縺。ロトムは電化製品の電気はおろか内蔵、蓄積されているデータ類にも手を付けてしまった。今はまだデータ改変は見られないが、これからは豕ィ諢上′蠢?ヲである。


B11 4月16日 報告者:sisiro yumeo

 検体番号0012は本日をもって処分する。検体番号0012及び同種『Rotom』は非常に危険な生物と判断する。本報告を受け取り次第速やかに行動されたし。



――――― 上記を、転送、しまスカ?―――――



 転送ヲ、開始しまス


out_undo_partial_alloc:

while (--i >= 0) {11100011 10000000 10000000 11100110 10100100 10011100 11100100 10111101 10010011 11100111 10010101 10101010 11100101 10001111 10110111 00110000 00110000 00110001 00110010 11100011 10000001 10101111 11100110 10011100 10101100 11100110 10010111 10100101 11100011 10000010 10010010 11100011 10000010 10000010 11100011 10000001 10100011 11100011 10000001 10100110 11100101 10000111 10100110 11100101 10001000 10000110 11100……}



out_undo_rewrite_alloc:ttps://rakko.tools/tools/75/

send (--i >= 0) {11100011 10000000 10000000 11100110 10100100 10011100 11100100 10111101 10010011 11100111 10010101 10101010 11100101 10001111 10110111 00110000 00110000 00110001 00110010 11100101 10001111 10001010 11100011 10000011 10010011 11100011 10000000 10001110 11100011 10000011 10101101 11100011 10000011 10001000 11100011 10000011 10100000 11100011 10000000 10001111 11100011 10000000 10000001 11100011 10000001 10101111 11100011 10000000 10000001 11100011 10000001 10101000 11100011 10000001 10100110 11100011 10000010 10000010 11100101 10101110 10001001 11100101 10000101 10101000 11100011 10000001 10100111 11100011 10000000 10000001 11100101 10001000 10101001 11100101 10001111 10100011 11100011 10000000 10000001 11100011 10000011 10001010 11100011 10000011 10011101 11100011 10000010 10110001 11100011 10000011 10100010 11100011 10000011 10110011 11100011 10000001 10101000 11100101 10001000 10100100 11100110 10010110 10101101 00101110 11100110 10011100 10101100 11100101 10100000 10110001 11100101 10010001 10001010 11100011 10000010 10010010 11100101 10001111 10010111 11100011 10000001 10010001 11100101 10001111 10010110 11100011 10000011 10101010 11100110 10101100 10100001 11100111 10101100 10101100 11100011 10000000 10000001 11101001 10000000 10011111 11100011 10000010 10101111 11100011 10000000 10000001 11101000 10100001 10001100 11100101 10001011 10010101 11100011 10000001 10010101 11100011 10000010 10001100 11100011 10000001 10011111 11100011 10000010 10110111}



転送は、完了しまシた。ケテ。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

オススメ小説

 この作品を読んだ方にオススメの小説です。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。