契約

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
作者:秋道穂花
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:2分
ある日のバトルフィールド。
ボクは宿主と何者かの『契約』によって生み出される。
そしてボクが消えてしまったら、
また宿主が何者かと『契約』を結ぶ。
そうやって何度も何度も生み出され、
何度も何度も記憶が継承される。

最初の記憶は宿主が『ランクマッチ』と呼ばれるバトルフィールドに立った時だ。
宿主はどうやら『HP』と『防御』に長けていたらしく、『変化技』と呼ばれる技を沢山覚えているらしい。
その1つにボクが居た。
というよりかはボクを生み出すための『契約材料』があった。
ボクの役割はただ1つ。
バトルフィールドに立った時、
宿主の代わりに相手の技を受ける事だ。
技を受けるのは1回の時もあれば2回の時もある。
ボクは相手の技を受けても痛みを感じることは無い。
だって、ボクには痛覚が無いのだから。
痛みを感じるのはどちらかと言えば宿主の方だ。
だってボクを生み出すためには『契約』がいるのだから。
『自分の最大HPの1/4だけを減らす』っていうね。
まぁ、音で攻撃してくる技に対しては役に立たないけどね。

え?
ボクの名前?
まだ言って無かったっけ?
じゃあ教えてあげる!
ボクの名前は『みがわり人形』!
よろしくね!
初投稿です。
誤字・脱字やアドバイスなどがありましたら気軽にお知らせください。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。