サンタさんが来ました。

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
作者:襾石ノ杜
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:4分
サンタさんが来ました。

毎年毎年、サンタさんは来ます。
でも、決まって、サンタさんが来ると……。

お母さん「早く……渡して! さっさと、帰ってッ!!」

サンタさん「あのコの顔を、見させてくれないか?」

お母さん「ダメよ! 約束に反するけど、あのコ、今寝てるから……」

お母さんは、いい顔をしません。
口調も荒いのです。

僕はタヌキ寝入りをしているので、寝てはいません。
しっかりと、聴いています。

そして、少し時間が経った後。
僕の部屋を、サンタさんが覗いていました。

サンタさん「……」

サンタさんは、黙って僕のことを見ています。
だから僕は、こう言いました。

僕「サンタさん、ですか?」

サンタさん「!!」

サンタさんは、驚きました。
だってサンタさんですから、子どもに見つかるといけないのです。

サンタさん「……聴いていたのかい?」

僕「はい」

素直に、応えました。

サンタさん「…………知っていたのかい?」

僕「はい。サンタさんは、クリスマスにいつも来てくれていますよね。知っています」

……でも。

僕「次から、来れなくなるんですよね」

サンタさん「……!」

サンタさんは、悲しそうな顔をしました。

サンタさん「……君は、私が来れなくなると、悲しいかい?」

僕「はい。悲しいです」

サンタさん「……そうか」

サンタさんは、しばらく考え込んでいました。

サンタさん「私は一つ、大事な“プレゼント”を持っているんだ。それを、君に預ける」

僕「ありがとうございます」

サンタさん「ただし、その中身を開けないこと。そして、お母さんにはプレゼントのことを言わずに、隠しておくこと」

僕「はい」

サンタさん「プレゼントを文字通り、隠しておくんだ。誰にもバラしちゃいけないよ」

僕「はい」

従いました。
サンタさんにまた会えるのなら……と思ったのです。

その、朝です。

お母さん「ない……見当たらないわ……」

お母さんは、真っ青な顔をしていました。

僕「どうしたの、お母さん」

不思議に思って、尋ねると。

お母さん「……いいから、あっちに行ってて!!」

お母さんは、僕のことを怒鳴りました。

僕「わかりました」

お母さんにとって僕を叱ることはいつものことですから、僕はいつも何の感情も湧きません。

けど。

お母さん「ごめんね……ごめんね……」

『こんな、私で』と、お母さんは泣くのです。
いつもいつも、僕を叱った後に。

更に、次の朝。

……『おまわりさん』が、自宅に訪ねてきました。

ジバコイル「貴女ヲ、逮捕シに来ましタ」

お母さん「……」

お母さんは、諦めた顔をしていました。
そしておまわりさんは、こう言うのです。

ジバコイル「『遺体』ハ、どうしたのダ?」

お母さん「……はい……」

なんと。
頭部のないポケモンの遺体が、お母さんの部屋から見つかったのです。

ジバコイル「君の罪は……」

ご子息の実の母親を、母親の夫と共に殺害した事。
その後、その夫とご子息の親権で争っていた事。

ジバコイル「……夫さんハ、どこでス?」

僕は、わかりませんでした。
……『実の母親』?
……『夫さん』??

お母さん「わかりません。いつも毎年、遺体を分割し……渡してくるのです。それが、あのコと会う条件だった……」

僕「やめてッ!!」

ジバコイル「……ン? 君、彼のことを知って……」

僕「サンタさんは、悪いポケモンじゃない!!!」

ーーーーーーーーーーーーーーー

『サンタさん』は、家の近くで亡くなっていたようです。自殺だとのことでした。
遺書めいた者には、『最後にもう一度、会いたかった』と遺されていたとのことです。

そして、あのプレゼントは……。

僕「……」

『お母さん』の、頭蓋骨でした……。

………
……


今僕は、実のお母さんの骨を被り、ガラガラとして生きています。
そしてお母さんの『出所』を、待っています。

やはり、彼女は、ただ一匹の、『家族』なのだから……。

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

感想の読み込みに失敗しました。

 この作品は感想が書かれていません。