幼なじみ

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:4分
「あー! また負けたー!」

静かな田舎の研究所に盛大な声が響き渡る。

「よし、これで俺の勝ちだな! このチップスは貰った!」
「うう〜……ホップの意地悪ぅ」
「でも勝負を持ちかけて来たのはユウリだぞ」

景品のチップスを頬張るホップ。それをじとっと眺めるユウリ。

事の発端はこうだ。
ホップが研究所で本を漁っていると、本の間から失くしていたポケモンカードを発見。久しぶりにポケカもいいなと思ったが、ソニアは出張で研究所にはホップ一人。そこに遊びに来たユウリ。その手にはお菓子のアソート。

「やっほー、ホップ。何持ってるの?」
「ユウリか。これ、本の間に挟まってたんだぞ」

そう言って、ホップは手に持ったカードをぴらっと見せてみた。ユウリの顔がぱあっと輝く。

「それ、失くしたって言ってたカードじゃん! 懐かしい。久しぶりにやりたいなあ」
「やるか? 俺は大歓迎だ!」
「でも私、デッキ持ってないよ」
「それがあるんだぞ!」

そう言って、ホップはザシアンのカードと失くしていたザマゼンタのカードを並べてニカッと笑って見せた。

「先に選んでいいぞ。俺には準備があるからな! えーと、マットと、ダメカンと……」

そうして、今に至る。

「ユウリってなんでポケカ弱いんだ? 実際のポケモン勝負だったら俺より強いのに」

チップスの最後一枚を口に放り込んで、ホップが言った。

「だって努力値とか個体値とか無いじゃん。全部その場でやらなきゃいけない。難しいよ」
「努力値……個体値……?」
「ああ、ごめん。こっちの話」

手をヒラヒラさせてお茶をすするユウリに、ホップはカップをぎゅっと握りしめて呟いた。

「ユウリ……お前、どこまで行っちまったんだ」
「ん? なんか言った?」
「何でもない! ユウリはどこまで行ってもユウリだもんな!」
「そりゃもちろん。どこまでも上を目指すユウリ様ですよ」

ユウリはそう言ってドヤっと胸を張った。それからニシシといたずらっ子のように笑うと、こっそりと言った。

「あのね。私、ワールドチャンピオンシップに挑戦するんだって」
「チャンピオン……? またトーナメントやるのか!?」

ワクワクと目を輝かせるホップ。だが、ユウリの表情は暗い。

「うん……でも、ホップは参加できないの」

時が凍りついた。

「それどころか、見ることも、いや、知ることすら出来ない、本来なら」
「なんで……どうしてだ?」
「主人公じゃ、ないから。この世界の外の、人じゃないから」

理解が、追いつかない。
ユウリが、外の世界から来た、人?

彼女いわく。
彼女を操るのは、この世界の外にいる「プレイヤー」という人物。ホップと勝負をしていたのも、トーナメントを勝ち進んだのも、ガラルを震撼させた大事件を治めたのも、「ユウリ」を通した「プレイヤー」なのだと。

「なんだよ……それ……。宇宙人じゃないかよ」

思わず口から漏れ出た言葉。ユウリは悲しく笑うと、何かに気づいたようにはっと顔を上げて

「ごめん。もう『プレイヤー』が来ちゃった。最後にレポートした所に戻っておかないと」

そう言ってユウリは去った。その後、来ることは二度となかった。ホップは激しく後悔した。だから、少しでもユウリの気配を感じた時は明るくこう言うことにした。

「ユウリ! 今日も勉強頑張ってるぞ! 大変だけど楽しいな!」

読了報告

 この作品を読了した記録ができるとともに、作者に読了したことを匿名で伝えます。

 ログインすると読了報告できます。

作者推理投稿フォーム

 この作品は覆面作家企画に投稿されている作品です。この作品の作者は現在伏せられており、作者が誰であるか推理することができます。

 この作品の作者を推理してみませんか?(※推理投稿したユーザの情報は公開されません)

 作者の推理投稿をするためにログインしてください。

オススメ小説

 この作品を読んだ方にオススメの小説です。

王道

テーマ:カード

たたかい続ける女達

テーマ:カード

大切なカード

テーマ:カード

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

 覆面作家企画投稿作品の感想は企画期間中に限り表示されません。