ノーマルタイプ:ボクら平凡同盟!

しおりが挟まっています。続きから読む場合はクリックしてください
 
作者:八十嶋 牢哉
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます
読了時間目安:3分



 僕はオタチ。何処にでもいる普通のオタチだ。今日は満を持してとある秘密会議を開くことになっている。参加者は僕を含めて、コラッタ、ジグザグマ、ビッパ、ミネズミ、ヤングースの六匹だ。
 此処はとあるきのみの沢山なる森の中、木々の間に覗く小ぢんまりとしたスペースで、僕らは集まっていた。
 そう、僕らの名前は!
 『平凡同盟』である!

「隊長! 遅れてごめん!」

 まず一番目にやってきたのはコラッタだった。大きな前歯が特徴的だが、喧嘩が弱くて他のポケモンに馬鹿にされている毎日らしい。

「隊長、おいらも来たよ!」

 次にやって来たのはビッパだ。こちらもコラッタに同じく前歯が特徴的で、丸い体が何処か愛らしさを放っている。それでもこれといった個性がなく、日々困惑しているらしい。

「おっす、ジグザグやってきたジグザグマだよ!」

 続いてジグザグマが現れる。縞のように配置されて茶色の白の交互に並んだ体毛とつぶらな瞳が特徴のまめだぬきポケモン。ジグザグ歩くのが癖で、いつも右往左往していて忙しい子である。

「遅れてすまん隊長! 寝坊した!」

 そう言って姿を現したのはヤングース。ギザギザの牙と鋭い目つきが印象的な将来有望そうな見た目のやつ。一番声がでかいのはこの子である。

「……あれぇ。みんなもう来てたの? ぼくがビリかぁ」

 そんな風にお気楽なテンションでのそのそと歩いてくるのは最後のメンバー、ミネズミ。大きな目が見る者を圧倒……するのかはわからないけど、とにかく、目が大きい。それだけ。かなりののんびり屋でマイペースなことこの上ない。

「よぉし、みんな揃ったね! それじゃあ、始めようか! 合言葉は?」


 みんな平凡! ずっと平凡!


 全員の威勢の良い声が森の中に広がった。鳥ポケモン達が木から飛び立つ音が聞こえた。ふふふ、『空を飛ぶ』っていう個性を持った『非凡』なポケモンには、僕たちの『平凡さ』は到底理解できないことだろう。
 いいよね。個性が強いポケモンは。
 僕たちはそんな風に恵まれて育っていないから、恵まれて生まれていないから、そんなやつらとは全然違うんだ。
 でもね。
 僕たちはそんな『平凡さ』が、あながち嫌いじゃないんだ。『平凡』であるが故に、こうして六匹でつるんで、バカやって、友達でいれれんだもん。
 僕なんかは、一応隊長ってことになっているんだけど、結局のところはなんの力も持ち合わせていない『平凡』そのものなんだ。取り立てて運動音痴でもなければ、とっても賢いわけでもないんだから。だけど、僕はそれを憎んだりしない。
 みんながいるから。一緒にいれるから。それだけで、十分じゃない?
 さて、じゃあ、本日も例に漏れず。


「さ、平凡な僕らの『平凡な秘密会議』を、始めようか!」


 今日は、日が暮れるまで遊んじゃうぞ!



 

感想フォーム

 ログインすると感想を書くことができます。

感想

 この作品は感想が書かれていません。