【うらみこえみらい⑥】『MIRAI』

&nsbp;
作者:夏十字
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

《「うらみこえみらい」 その6》

あの人を望んだ。
あの子を呪った。

明日(あす)も、見えずに。

これはもう一つの「みらい」の物語。

シリーズ

 この作品はシリーズ「うらみこえみらい」に所属しています。

本文冒頭

 あの人の低いけれど張りのある声。何もかもを知っているようで急に幼さを見せる表情。ふと虚空を見上げ考えるしぐさ――すべてを愛していた。あの人のすべてこそが、私のすべてだった。
 だから、分からなかった。あの人が私の前から消えて、あとに残ったものと一体どう向き合えばよいのか。
 私には、未来が少しも分からなかった。

   *

 黙々と。料理を並べたダイニングテーブルの上に会話は咲かない。と言っても私ひとりの夕食ではなく、はす向かいに座り淡々と箸を口に運んでいるのは、今年高校二年生になった娘。
 何があったのか、と。知らない誰かがこの光景を目にしたらそう思うだろう。でもこれは私達......

全文はこちらから