入道雲に会いにゆこう

image1389
作者:ぴかちう
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

入道雲にあこがれて、大空を飛ぶことを夢見るタツベイ、“クラウド”。彼は、何度も何度もあきらめずに空を飛ぶ特訓をしていた。
さあ、勇気を出して、太陽照りつける真夏の空へ――。

https://youtu.be/L2rP2l1f0IU
こちらのオリジナル曲を元にした小説となります。

本文冒頭

 ――あの向こうにある、入道雲に会いにゆこう。

 青い空に浮かぶ、白い大きなあの雲に――。


︎︎︎︎☁︎ ☁︎ ☁︎


 僕はタツベイの“クラウド”。僕はこの名前をとても気に入っている。そう、クラウド。雲っていう意味だ。
 僕のあこがれ、入道雲。そう、あの日。あの夏の日、きらきらと輝いていたあの光景が、いつも、いつも頭に思い浮かぶんだ。

――
――――
――――――


 あの日――数年前、ジリジリ暑い、夏のとある日。僕は1匹で、海辺で遊んでいたんだ。

『あははっ、わぁーっ!』

 ぴちゃぴちゃと波打ち際でいったりきたり遊ぶ僕。しばらく遊んで......

全文はこちらから