【うらみこえみらい⑤】『KOE』

&nsbp;
作者:夏十字
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

《「うらみこえみらい」 その5》

僕の選ぶべき道。
僕の望むもの。

僕は、なんて言おう?

これはもう一つの「声」の物語。

シリーズ

 この作品はシリーズ「うらみこえみらい」に所属しています。

本文冒頭

 僕はあの子に嫌われている。

 放課後の図書室は静かでのどかだ。カウンター越しに閲覧テーブルのほうを見やると、窓からやわらかい西日が射している。何人か読書をしていたり自習をしていたりしているものの、人はまばら。僕は軽くひと息ついて手元の本に視線を戻した。
「おい」
 と、すぐにもう一人のカウンター当番――チドリくんが脇腹を肘で小突いてきた。顔を上げると目の前には女の子が二人。薄紫色の髪を快活にかき上げた背の高い子と、その後ろにちょこんと、少しはねた緑髪の小柄な子。見知った顔に自然と笑顔になる。
「ナバナちゃん、アスミちゃん」
「図書委員おつかれ、テンジくん。それもポケモンの本?......

全文はこちらから