【うらみこえみらい④】『URAMI』

&nsbp;
作者:夏十字
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

《「うらみこえみらい」 その4》

失くしたのは、赤。
隠したのは、赤。

そうして黒く燃え盛る、赤。

これはもう一つの「うらみ」の物語。

シリーズ

 この作品はシリーズ「うらみこえみらい」に所属しています。

本文冒頭

 まだわたしの髪が肩よりも短くて燃えるような赤色をしていて、ほのおタイプのポケモンなんて連れていた頃。
「将来はこの子もホウエンリーグをしょって立つようになる」
 昔ポケモンリーグで四天王を務めていた、この町出身のトレーナーと重ね合わせて、周りからそんな風に言われたりしていた。
 わたしはあんまりそういうのに興味はなかったけれど、ママはとても嬉しそうだった。
「さすがね、主人公さん」
 主人公さん。ママがわたしを褒めるときの口癖だった。わたしが人から褒められるとママがそうやって褒めてくれる。だからわたしも人から褒められるのは嬉しかった。
 それでいいと思っていた。

   *
......

全文はこちらから