よくあるはなし「マユリ」

&nsbp;
作者:夏十字
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

「あらゆるものは幸せであるべきだ」
私は常々そう考えている。
そう考える私もまた幸せであるべきだ。

ゆえに私は彼女を求める。
彼女との幸せを求める。

それが全てだった。

シリーズ

 この作品はシリーズ「短編集「よくあるはなし」」に所属しています。

本文冒頭

 マユリと出逢ってからは本当に長い。私が思春期真っ盛りだった10代半ばの頃からの付き合いだから、もう25年にもなる。

 我々人間も、ポケモンも。あらゆるものは幸せであるべきだと私は常々考えている。むろん私自身も例外ではない。だから長い時間、それを必死に探し続けた。具体的にはマユリとの幸せな未来を。



 出逢いはあの暑かった日、ポケモントレーナーとしての道を歩むと決めた数か月後のことだった。日陰を求め入ったほら穴に現れた彼女にすぐさま目と心を奪われ、なけなしの小遣いをはたいて買い集めたモンスターボールを少しも惜しむことなく投げ続けた結果、彼女は私の元にやってきたのである。諦めな......

全文はこちらから