Winter Moon

&nsbp;
作者:太陽
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

本文冒頭

「ゲホッ、ゲホッ……」

 とても寒い日の冬の夜。中学二年生の月城(つきしろ)美冬(みふゆ)は、風邪で寝込んでいた。

「37.5度……まだしばらく寝てた方が良さそうね」

 母親に寄り添ってもらいながら体温計で熱を測ったが、朝からずっと下がらないままこの調子だ。

「うん……悔しいな。なんでよりによって今日風邪ひいちゃうかな……」

「花音梨(かおり)ちゃんと月食を見に行く予定だったんだっけ?」

「うん……」

 本当であれば美冬は今日、親友である花音梨と年に一回起こる月が欠けて見える現象、月食を見に行こうとしてたのである。当日になってこのような状況になってしま......

全文はこちらから