水の音

&nsbp;
作者:みなと
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

本文冒頭

水の音が聞こえる。いつの日か、そこで暮らしていたかの様な不思議な感覚。
波の音が聞こえる。いつの日か、真っ白な砂浜で仲間と日向ぼっこをした様な感覚。
泡の音が聞こえる。いつの日か、広大な海を自由に泳ぎ回ったかの様な感覚。
それは我々が絶滅する前のかつての水の記憶。

 ――海の音が聞こえる。......

全文はこちらから