サントアンヌ号 〜老婦人の想い出〜

&nsbp;
作者:襾石ノ杜
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

本文冒頭

ボ~ッ、ボ~ッ──


船の汽笛は高らかに鳴り響く。
ここは、豪華客船サントアンヌ号。

そして……私は、この船に乗船しているしがない老婆。


《まもなく、当船は カントー地方 クチバ港 へと到着致します……》


クチバ港……あの日を、思い出す。
あれは、そう……50年も昔の出来事だった。

私の脳裏に焼き付いた、とある、懐かしき想い出──

………
……



──50年前


私の職業は、貿易商。
商品の輸出入を展開するのが仕事でした。

その一環として、豪華客船サントアンヌ号で世界各地を巡っていたのです。

贅沢だとお思い......

全文はこちらから