ワイルドエリアの清掃員

&nsbp;
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

テーマ:ワイルドエリア

本文冒頭

朝日がまだ上りきらない明け方の空。
ワイルドエリア駅では、始発の電車に乗ってやってきたトレーナーたちが我先にと改札へ走り抜けていた。私はその様子を横目にしながら、バケツとモップを持って駅構内の掃除を始めた。電車が次の駅へ発進する風を感じながら、駅構内のベンチに座ってマップを見ている男女の姿が妙に気になった。

「この橋の先に行くのはどう?」
 ベンチに座りながらキャップ帽をかぶった男の子が、女の子に行き先を提案している。何も考えずワイルドエリアに飛び込んでいく子が多い中、珍しいタイプである。その姿勢に好感を覚えたが、女の子の発言で撤回せざる得なかった。
「そこってハシノマはらっぱだよ......

全文はこちらから