戦禍に咲いた月桃の花-Selfish amethyst-

&nsbp;
作者:みなと
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

『夏の星座と雪の魔法』のちょっとした外伝みたいなものです。
ポケモンと魔法が入り混じる世界、そんな世界のとある町で時空教といういかにも怪しそうな宗教を開いているハブネークのトカラとザングースのジャワ。そんな2匹の知られざる過去とは一体どういうものなのだろうか…?

本文冒頭

この作品には残酷表現があります。苦手な方は注意してください

 ここはとある町の郊外にある小さな家。小さいといっても二階建てのそれなりの大きさのある家だ。その中でとあるポケモン達が紅茶を嗜みながらゆったりと過ごしている。時間帯的には夕方も過ぎてきた頃。日が沈み朱色がかっていた空が紺色へと変わり始めていた。

「それにしても…トカラさんとジャワさんって仲いいですよねぇ」

 ゆったりと紅茶を嗜みながらアチャモのアカリは目の前で同じように紅茶を嗜んでいるポケモンに向かってそういったのだった。

「んあ?そうかぁ?」

 ザングースのジャワがそう少し抜けたような声でそう答えた。

「そうですよー!二匹で仲良く助け合ってるなぁって思います」
......

全文はこちらから