深い森の奥で

&nsbp;
作者:雪椿
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

私と君が出会えたのは、本当に奇跡だったんだよ。

本文冒頭

 私の姿を隠していた布は、あの日の事故で跡形もなく燃え尽きてしまった。すぐ代わりを用意できればよかったのだが、その布を持っていた私の主人は私を見た途端にパタリと倒れてしまってね。人に害を与えるポケモンとして、私はこの森に追放されてしまったのだよ。
 だが、この森にきても結果は変わらなかった。どのポケモンも私を見る度に糸が切れたようにパタリパタリと倒れていく。これではいけない、と大きな葉っぱで体を隠そうとはしたものの、裁縫が苦手な私は材料をことごとく無駄にしてしまった。材料をそのまま使っても、風で簡単に飛ばされてしまうのだから意味がない。
 そんな私は姿を見られては相手に倒れられ、何もできず......

全文はこちらから