三日月織りなすエルドラド

&nsbp;
作者:理想の湊
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

ある一人の青年が夢の中でポケモンの世界について知る。夢と現の間で起こる青年の物語。

本文冒頭

 天頂に輝く星、東の空には大きな天の川が見える。暗闇の夜空、空にはそれだけが輝きを放っていた。
 そんな中、俺は自室で机に突っ伏して絵を描いていた。机で描いているのはポケモンの絵だ。机の上には他にも今描いている絵以外にも画用紙に描いたポケモンの絵がたくさん散らばっていた。今描いているのはメッソンだ。頭の上に黄色い帯のようなものが付いていて水色をした小さな生き物。くるりとしたしっぽがとても特徴的だ。そしてそのメッソンは水に触れると姿を消すことができるのだ。
 他にも頭に双葉のようなものが付いていて木の棒のようなものを持っている猿のような生き物や白とオレンジ色の色をした元気に走り回っているウサ......

全文はこちらから