おちびとおいちゃん

image773
作者:ばす
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

あらすじ

嵐の過ぎ去ったあと、おちびとおいちゃんは出会った。

*企画、ポケモンストーリーテラーカーニバルに投稿をした短編に加筆等を行ったものです。

※表紙絵は友達が描いてくれました!

本文冒頭

この作品には残酷表現があります。苦手な方は注意してください

 これは、嵐の翌日の物語。ちょっとした物語。



   *



 ようやく笑った青い空、照れ屋な太陽は雲に隠れて。
 木々は、ようやく訪れた平穏な時間が嬉しいようで、さわさわとその身を揺らしている。
 枝から垂れ下がる金の果実も一緒に揺れ、その表皮で静かに身を寄せ合うしずく達が、きらきらと光を弾いてこぼれ落ちた。

「きょうのおそらはわらってるのっ!」

 弾んだ声音と共に、木のうろからぴょこんと幼子が顔を出した。
 その声に驚いてしまったのか、身を寄せ合っていたしずく達が、逃げるようにぽたりと滑り落ちていった。

「でも、まだおかぜはきげんがおわるいの…......

全文はこちらから