今日、ポケモンを轢いた

&nsbp;
作者:照風めめ
ログインするとお気に入り登録や積読登録ができます

本文冒頭

☆シリンダーブリッジ
 まだ草花の息吹がする初夏の頃。営業の帰り、シリンダーブリッジに向けて車で運転していたその時だった。視界の端に、一匹のポケモンの姿が突如現れた。
 フロントガラス越しに目が合う。呼吸が止まる。ダッシュボードに貼り付けたステッカーが、フロントガラスに反射してそのポケモンと重なる。
 世界から音が消えた。カーラジオも、エンジン音も、ありとあらゆる外音が初めから無かったかのように失われていく。拍動する鼓動音だけが耳に響く。
 しかしそれも刹那の事象。急いでブレーキをかけ、ハンドルをこれでもかというほど回したが、間もなく鈍い音と共に強い衝撃を受ける。
 衝撃がやんだと思......

全文はこちらから