「オリジナル」タグがついている小説

作者
カテゴリ
最終更新日
2019年03月15日
ステータス
連載
作者ヤロス
カテゴリ冒険
最終更新日2019年03月15日
ステータス連載
 くだらない倫理観と歪曲した正義感さえあれば、少年はどこまでも壊れ続けることができる。とある人物に憧れ続けた少年はその穢れた希望論で新たな大地を踏みしめる。
 彼の名はルイヤ。何処にでも居てはいけない、ありふれてはいけない少年。
 彼は声高らかに言い放つ。

「ぼくらのぼうけんのしょを、開いてみよう」

 ここから始まるのはとある冒険譚。ふざけた演者が成す、どこまでもふざけた物語だ。
作者
カテゴリ
最終更新日
2019年03月11日
ステータス
連載
作者影虎
カテゴリファンタジー
最終更新日2019年03月11日
ステータス連載
闇は、光から何かを奪う。
闇は、光から絶望を生み出す。
闇は…光を蝕む。
光は、光に何かを与える。
光は、光から希望を生み出す。
光は…闇を祓う。
アルセウスの支配を阻止した6年後、新たな物語が始まる。
波動を持つ若き者…その名は、ルト。
仲間達と共に、闇…正体不明の化物アンノウンを狩る者!!
作者
カテゴリ
最終更新日
2019年03月11日
ステータス
連載
作者Lien
カテゴリポケダン
最終更新日2019年03月11日
ステータス連載
こちらはメイン4編のうち、悠久の風編と火花編を掲載します。
作者
カテゴリ
最終更新日
2019年03月06日
ステータス
連載
カテゴリ冒険
最終更新日2019年03月06日
ステータス連載
女トレーナーは消息不明の父を探すためアローラを出た!
リーグも公式ジムも無いド田舎で野生ポケモンとトレーナーが喧嘩を売り合う「ラウサンユ地方」! 父がいた地方開発組織に潜ったら裏事情に巻き込まれてわりと困る! 女は必ず生きて父と再会し文句を言うことを決意した!
平凡な日に1人がミロカロスを嫁にしたいなとか思っちゃったとき、わざわざそこから離れたこの地方で時空を超えた縄張り争いが始まる!
作者
カテゴリ
最終更新日
2019年03月03日
ステータス
連載
作者Lien
カテゴリポケダン
最終更新日2019年03月03日
ステータス連載
こちらはメイン4編のうち、明星編と考古調査編を掲載します。
作者
カテゴリ
最終更新日
2019年02月01日
ステータス
連載
作者
カテゴリ冒険
最終更新日2019年02月01日
ステータス連載
「火は神のものだというのに、自分の力を過信した!」 
そして神話は語る。無理やりに少年の旅は始まりを告げた。大空洞の崩壊を契機に、各地で散発する朱色の外套集団による事件。行方不明のチャンピオンが残したサザンドラと一緒に足跡を追ってその先へ。
※表紙はヤロスさんから頂きました!ありがとうございます!!
作者
カテゴリ
最終更新日
2019年01月27日
ステータス
連載
カテゴリ冒険
最終更新日2019年01月27日
ステータス連載
リーン「ねえ、これなに?」
ライア「小説紹介文らしいぞ。なんか言ってみ?」
リーン「えっと、日常系ゆるふわ攻略小説、らしい、よ?」
ライア「冒険!シリアス要素微レ存!因みに結構長いです」

以上
作者
カテゴリ
最終更新日
2019年01月20日
ステータス
連載
作者
カテゴリ冒険
最終更新日2019年01月20日
ステータス連載
「あんた……このままじゃいつか、殺されるよ」水の町ウォルタに住むラーナー・クレアライトは、両親の命日にポニータを連れた少年と出会う。謎の少年の一言から彼女の平穏な日常は一変、黒の団との戦いに呑みこまれていく。どうしても得たいものがある、どうしても守りたいものがある、どうしても――。傷つきながら生きる彼等は何を得るのか。先の見えぬ長い旅路を歩いて、その手に残るのは。
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年10月10日
ステータス
短編
カテゴリファンタジー
最終更新日2018年10月10日
ステータス短編
大量の金銀財宝を求めて、仕掛けだらけの遺跡を何とか進んできた少年達。
彼らは遺跡の最奥部で、一体何を見る事になるのでしょうか。そして、無事仲間と共に財宝を持ち帰る事ができるのでしょうか。
物語は、まだ続いているようです。
作者
カテゴリ
最終更新日
2018年09月25日
ステータス
短編
カテゴリファンタジー
最終更新日2018年09月25日
ステータス短編
とあるの林の中に、誰が建てたのかは分かりませんが、地下へと続く遺跡がぽつりと位置していました。
噂によれば、その遺跡には大量の金銀財宝が眠っているといわれています。
そんな噂を嗅ぎ付けて遺跡にやって来たのは白髪の少年と、目つきの悪いキバゴ。そして赤いスカーフを付けた可憐なロコンです。
そこそこな仲の彼らは、人間だけが使える「魔法」と、ポケモンの「わざ」の力を駆使して財宝探しに挑むようです。