第92話

※作品によって表示に時間がかかります
読了時間目安:20分

レガ『だからそうじゃなくて!こういう時は例外的にバトルするんよ!何度言ったら分かってくれる?』

ス『いやいやいや今朝言ったばっかりでしょ!もう暫くはバトルは休業するって!早速その公約ぶち壊してあんな弱っちい奴とバトルするって正気も正気か!?』

レガ『あんな弱い奴なんてすぐ片付くんだからスパイアも少しは黙って見ていれば良かったじゃ無いか!何時も何時もそうやって口出しばっかりしてきて!』

ス『こっちはレガの事を思って言ってるだけであって何も自分の都合に合わせているわけじゃ無いんだから少しはこっちの気持ちも分かって!』

エニシダ「あ・・・あのぉ・・・・もうそろそろ良いかな~?こっちだって色々と予定もあるし相手のトレーナーの方も結構待っててくれるから・・・ね?」

タ「分かりました・・・じゃあもう攻撃しても良いですよ?何だったら2体でどうぞ。」

エニシダ「ええ!?そんな事したら君のポケモンにかなり不利になるよ・・??」

タ「どうぞ、何時もの事なんで。どうぞ~。」

トレーナー「じゃ・・じゃあ遠慮無く・・・ピジョットは翼で撃つ!そしてバシャーモは火炎放射!」



ス&レガ『邪魔するな!!!!』

ピジョットはスパイアの地球投げで地面に叩きつけられそのまま目を回し、バシャーモはレガの破壊光線でその場に倒れ目を回してしまった。

タ「ほらね?何時もこうなんです・・・本当仲が良いのか悪いのか?」

エニシダ「まさか・・僕が見定めたトレーナーのポケモンがそれぞれ一撃で倒されてしまうとは・・・こんな事は・・・。」

トレーナー「あー、メンタル崩壊したわー・・・もう一旦帰る事にしようっと・・・それじゃあ・・・何かなぁ・・・・えぇぇ・・・。」

タ「まぁこんな感じでしょうか・・・2人ともお疲れ様・・・・」

ス『だからレガはもうちょっと自分の言った事守ってよ!じゃないと何の為の公約か分からなくなるでしょ!』

レガ『それよりもスパイアも少しは広い心持ってくれた方がこっちだって対応しやすいし穏便に済ませる事が出来るのに、なんでそんなに腹でてるのに心は狭いねん!』

ス『なっ・・・!僕の腹は今は関係ないでしょ!ってかレガの方が腹でてるでしょうが!』

レガ『なんやねん!このデブリザードン!』

ス『言ったな~!!もう怒ったぞ~?良いか~覚悟しとけ・・・・・』

タ「2人ともいい加減にしなさい!!!!一体何時までそんな意味分からない喧嘩続けているの!!もうこっちは待ちくたびれたわ!!」

レガ『ごめん・・・・。』

ス『すっかりヒートアップしてしまって・・・ってあれ?相手のトレーナーは?』

タ「貴方達が知らない間に倒してしまってショックのあまりに帰宅なさいました。」

レガ『やっぱり僕達のコンビは良いなぁ~あっという間に的を倒すんだからねぇ~。』

ス『そうだねぇ。』

タ「ちなみに後で2人は話があるからね?・・・・・いいね?こんだけ場をこじらせたんだから覚悟は出来てるんだよね?」

レガ&ス『はい・・・・(泣き顔)』

タ「まぁこんな感じで2人も反省しているみたいなんで・・・先程はすいませんでした。よくこうなるんです。」

エニシダ「ははは・・・僕が思ってた以上にその2体はかなり強いみたいだね・・・これならここでも楽しめると思うよ。よし!分かった、君達にもパスを与えよう!」

そう言うとエニシダはタツミにカードキーのような物とバッチ入れみたいな物を手渡した。

エニシダ「それはここのバトルカード、つまりはポイントカードのような物だよ。それが貯まると物と交換できたりポケモンの技を習得したりする事が出来るよ、そしてもう一つがここではフロンティアブレーンと呼ばれるつまりはその場を納めるトップと戦って勝つともらえるバトルシンボル入れだよ。でも彼らはかなり強いから覚悟して挑んだ方が良いよ。」

タ「なるほど・・・意外と色々とあるんですね・・・ところでここって宿泊施設とか物を帰る場所とかはありますか?」

エニシダ「勿論!ポケモンセンターから宿泊施設まで快適に過ごせるように一通りの施設は揃っているよ!だから自由に利用してね・・おっともうこんな時間か。じゃあ僕はこれにて失礼するよ、楽しんでいってね!」


タ「2人ともさっきは何か色々とズバズバ言い過ぎ。少しは場をわきまえた行動をして欲しいものだよ?」

ス『はい・・ごめん・・・ついヒートアップしてしまって・・・。』

ク『でもデブリザードンとは・・・w』

レガ『そう考えたらクラウンの方が太ってるよな~何かまるまる太っていて何かそうあれだわ・・・。』

ス『言われてみるとそうかもしれんなぁ・・・デブなバクフーンってか・・・?』

ク『はぁ?何言ってるの?僕のどこが太っているのかって?そもそもデブって言ってるけどねこう見えて回りのバクふーんと比べると幾分かスリムなんだからちょっとは考えて』

ルビ『あんた達!デブデブうるさい!!!』

ス『あっ・・・ルビアの方がもっと太ってたか・・・って痛!!!』

ルビ『あんた達はデリカシーの欠片も無いの!?全く!全部ウィングに伝えるからね!』

レガ『それは・・・でも事実は事実だしなぁ・・・。』

ルビ『レガ!!!』

タ「はいはい、そこまで。そんなに喧嘩はしないでもっと穏便に・・・」

ク『タツミは黙ってて!そんなに痩せてるんじゃ僕達みたいな太っている人の気持ちなんて分からないなんでしょう!!』

レガ『お・・・おいクラウンどうした・・・いきなりタツミに当たるってお前らしくないぞ・・・。』

タ「痩せてるけどね、確かに40キロ台だけどさ・・・・クラウン!!!お前・・・もふるぞ?」

ス『!?いきなりもふるって・・・・タツミも何か壊れた・・・・。』

ク『勝手にして!もう僕は知らない!!』

タ「ってすげぇ・・・クラウンって意外と良い枕になるぞ・・・!丁度良いね。」

ク『あー!!もう知らない!』

そのままクラウンはふて寝したが、タツミは意外とふかふかなクラウンを枕代わりにして昼寝してみることにしたのだった。

ルビ『取り敢えずあんた達全員ウィングに通告する!!』

ス『だからそれだけは勘弁してくれ・・・・。ウィング怒らせると本当大変な事になるんだから・・・。』

フ『こりゃバラバラだねぇ・・・僕もクラウンを枕にして寝てみよーっと。・・・・あ~確かにふかふかしてて気持ちいいかも・・・。こりゃあれだねぇ・・・ヴォーグも寝てみたら~。』

ヴォ『うん!・・・・・確かに肌触り良いから気持ちいい・・・。』

タ「・・・・・ってこれじゃ駄目でしょ!取り敢えずレガとスパイアはウィングに任せるけどクラウンとかレガ、スパイアは暫くボールの中!以上!」

レガ『まぁそれしか打開策が無いなら・・・仕方ないにも・・・。』

ス『うーん・・・・それで取り敢えず一旦ジョウトに戻るの・・・?』

タ「そうしますかなぁ・・・何かあんまり良い思い出が無いんですけども・・・ひとまず一周したから明日ジョウトに向けて帰る事にするよ。」

ルビ『それもそうね・・・早い所この2人にウィングから叱って貰わないと。』

タ「まぁそれは追々話すとして・・・。」

その日の夜は全員がピリピリしていて食事はおろか就寝時にも場の空気が重く中々眠りに就くことが出来なかったという。



タ「さてと、ジョウトに向けて出発しよう。レガ・・・取り敢えずやや飛ばして帰るようによろしく頼んだよ?」

レガ『うん・・・なんか肩の荷が重いけど・・・仕方ないか・・・じゃあ行くよ!』

ホウエンからジョウトまでは大体船で12時間程度、飛行機だと2時間程度で行く事が出来るのだが如何せん値段がそれぞれ高い為今回はレガの空を飛ぶで移動する事になった。この世界でも飛行機が飛んでいる為空港近辺や飛行機の通過する経路内の飛行立入は禁止されている。
しかし、それ以外の場合は特段罰則と言う罰則が設けられていない為例えばホウエンからシンオウに行ったとしても特段お咎めなしとなる。なので、まだ若いトレーナーに至っては手持ちポケモンで飛行していく事も珍しい事では無い。


レガ『あの・・・・タツミ・・・ちょっと話があるんだけど・・・。』

タ「?どうかした?疲れた?」

レガ『いや・・・昨日の事なんだけど・・・本当ごめんなさい・・・ついスパイアと言い争いになっちゃって・・・。』

タ「あー・・・それは気にしてないけどウィングがどうかなぁ・・・ルビアにもあまりにも過剰に伝えすぎないように言ったけどどうだろうなぁ・・・うーん・・・。」

レガ『僕それが気になって気になって・・・ウィングに怒られるのが本当怖くて・・・。』

タ「まぁ僕の方からもあまり強く言いすぎないように言っておくから。そう気を落とさないで、それよりもまた次の地方に行くときの・・・・恒例行事しないとなぁ・・・。そっちが気が重いよ。」



レガ『そろそろ休憩する?もう大分飛んできたから随分と目的地まで近づいたと思うしそんなに焦って帰らなくても良いんじゃないかな?』

タ「それもそうか・・・じゃあ昼休憩する事にして1時間位休憩を取ることにしよう。・・・・まぁ近くの町って言ってもそこしかないみたいだからそこの町で。」

タツミ達が降り立った場所はホウエン地方側からするとジョウト地方の入り口となるタンバシティ側のもうちょっと手前の町であり、そして今居る場所は海沿いの小さな海岸線沿いのパーキングエリアであった。

タ「あー・・・徳島か香川辺りって感じか・・・ならもうあと1時間くらいで着くか・・・。」

レガ『!?あと1時間でウィングに会わないといけないの!?そそそそそんな・・・・。』

タ「そう焦らんで良いから。それよりもちょっとルビアと話してみるか・・・・。」


ルビ『なるほど・・・じゃあウィングには程ほどに伝えて欲しいって事?別にそれはそれでも構わないけど・・・彼らの為にはやっぱりここで1回お灸を据えた方が今後まだ良いんじゃないかな?』

タ「それもそうなんだけど・・・レガがウィング恐怖症に陥っていてとてもじゃないけどこの状態では研究所には帰れないなぁって感じでね・・・。」

ク『・・・・なら、まぁ今回は不問って事にしておいてまた次回何かあったら報告って事にしたらどうかな?・・・今回は僕の方も言いすぎた気がするから・・・特にタツミには・・ごめん・・・。』

タ「それは別に構わないけど・・・でも確か前も何かあったよなぁ・・・ウィングには恐らく知られているかもしれないしどうしようも無いんだよなぁ・・・。僕から説得してみるか・・・。」

レガ『うん・・・ごめんけど・・・お願い・・・。』

ス『・・・・・・・・・それよりもタツミ、これからどうするの?また違う地方に行くんだよね?・・・・また研究所に・・・・。』

タ「その話は帰ってからする事にするよ、それよりも早い所食べて食べて。そうしないと時間過ぎるの早いんだからね。」

ヴォ『はーい!』

フ『ヴォーグは相変わらず元気が良いね~。それよりもここって僕の居た海から結構近いところだよね?懐かしい香りがするからもしかしてお母さんも居るかも・・・。』

そうフィーロが呟いたと同時に海の方で波しぶきがあがり中から明らかにフィーロのお母さんと思われるルギアが現れた。

タ「!?何というピンポイント攻撃!?ってかすんごいタイミングで出てきたな。」

ク『いや~久し振りに見たわ・・・それよりも何か前よりも大分でかくなってない・・・もしかしてふと』

ス『それ以上言うな!また場がこじれる!』

フ『あっ!お母さんだ!おーい!』

フィーロの呼び掛けにその母ルギアは嬉しそうにフィーロの元へと近寄り頬をフィーロに擦りつけた。

タ「あっ、お久し振りです。ご無沙汰です。」

ル『タツミさんお久し振りです、そしてこの子がお世話になってます。こんなに成長したこの子を見ると旅は楽しく進んでいって居るみたいで何よりです。』

タ「いえいえ、フィーロも中々頼りになりますしムードメーカーとしても無くてはならない存在ですよ。」

フ『うん!僕タツミと旅しててとても楽しい(*^_^*)もっともっとタツミと一緒に旅していきたい!』

ル『そう・・・なら・・・・あのタツミさん・・・ちょっとお話が・・・あちらの方でちょっと・・・。』

タ「?」





ル『すいません・・・こんな所でしかお話しできなくて・・・あまり他のお仲間さん達やうちの子に聞こえるとちょっとな・・・・お話なので直接タツミさんに・・・。』

タ「あ・・・大丈夫ですよ?それでどうかしました?また何か問題でも発生しましたか?」

ル『いや・・・そういうわけじゃ無くて・・・うちの子を・・・タツミさん、今後も育てて頂けないでしょうか・・・?・・・・勿論無理は承知の上です。』

タ「はい勿論そうする事が出来るのならばそうしたと思っていますが・・・・・・・・でもいきなりどうして・・・?」

ル『実は・・・・私は・・・もうそう長くはありません。こう見えても、元々身体も強い方ではありませんでした・・・特に最近は体調が悪く何時・・・・。』

タ「・・・・・・。」

ル『なので・・・せめて私の子どもには幸せになって欲しいのです・・・タツミさんと旅をしているあの子はとても楽しそうに過ごしているみたいですし何よりあの子の笑顔があそこまではじけていたのは私も今まで見た事もありませんでした。なので・・・・タツミさんなら私の子を・・・。』

タ「・・・病院とかには行かないですか・・・?母親を・・・・でもその現実はとても子供にとっても辛すぎます・・・なので貴方が元気でいられるなら僕が病院に連れて行ったり色々と聞いたりしますが・・・。」

ル『いえ・・・私はもう・・・・なのでタツミさん・・・お願いします・・・・あの子をよろしくお願いします・・・流石にこの事をあの子に直接告げられなく・・・。』

そう言うルギアの頬には一筋の涙が伝っていた。そして、最後にルギアはこう言うと静かに海へと戻っていった。

ル『タツミさん・・・・あの子をよろしくお願いします・・・・。』



フ『あっ!タツミ帰ってきたけど・・・お母さんは・・・?』

タ「・・・・・・フィーロ、暫くお母さんの元に居ても良いんだよ?うん、それが良いと思うよ。」

フ『えっ・・・なんでいきなりそういう事言うの・・・?何時ものタツミらしくないよ・・・?それにお母さんの元には帰らない!まだタツミと旅が続けたいし何より色々な事を見たり聞いたり体験したりしたい!』

タ「・・・・物事には優先順位があってね・・・・フィーロ・・・僕はもう君とは・・・今は旅できないよ・・・。」

ス『タツミどうした?何かあった』

スパイアが何かを話そうとした所をクラウンがそっとスパイアの口を手で覆いその後の言葉を遮った。

フ『なんでタツミはそう言うの・・・僕はこう・・・みんなと一緒に旅するのが好きなのに・・・・。』

レガ『フィーロ・・・・・。』

タ「・・・・行きなさい。お母さんの元に・・・それが・・・僕が出来る最大の君達親子への感謝だからね・・。」

それを聞いたフィーロは涙を流しながらタツミに背を向けるとそのまま海の中へと入って行った。

ルビ『タツミ・・・どうしたの・・・?何かあったの・・・・?』

タ「流石にこれを話すのは重かったから・・・こうするのが最適と考えたんだ・・・・ルギア・・・あんまり長くないらしいんだ。」

ク『そうか・・・何となく話しは聞いていたけどまさかそうだったとは・・・。』

レガ『それならな・・・・流石にこのまま連れて行っても・・・・・・・フィーロが察して帰ってくる前に旅立とうか・・・。』

タ「そうしよう。」

タツミはフィーロがもしかしたら帰ってくるかもしれないと仮定し早めにその場を離れワカバタウンへと向かった。

前に戻るもくじ次へ進む

読了報告

 読了報告及び評価をするにはログインが必要です。

感想フォーム

 この小説は感想を受け付けていますが、感想を書くにはログインをしている必要があります。

 そのため、感想を書くにはアカウントを所有している必要があります。

感想

 この小説には感想がついていません。