STAGE3-1:スズ、裏々だらけの偶像少女

※作品によって表示に時間がかかります
読了時間目安:19分
『出かけてくる、帰ってくるまで私の分のご飯はいらない』

 ラディとマズミが再開した翌朝、クルルクが朝食を取りに行くとテーブルには書置きが残されていた。

「帰ってくるまで……か」

 今までなら夕ご飯までには帰ってくるとか、戻る時間の予定をちゃんと書いていた。彼女の傷ついた顔を思い出し、クルルクはため息をつく。

「ポケモンバトルも僕と同じくらい上手になって、もうずっと心置きなく楽しめると思ってたんだけどな……ラディ、どうしたんだろう」

 私にはずっと続けるのは無理だと、はっきり彼女は言った。一年ほど前からメレメレライダーと呼ばれるのを恥ずかしそうにしていたり、少年っぽい演技をすることにどこか疲れているような気はしていた。だけど、まさかあんなことを言われるなんで思ってもいなかったのだ。
 キッチンに行ってライチュウと朝食を作る。クルルクは目玉焼きを担当し、ライチュウはサラダやシリアルの準備を始めた。ついでにテテフが出てきて冷蔵庫の中の果物を物色する。アシレーヌやラランテスと三匹で食べるためサイコキネシスで何個もふわふわと浮かべていく。

「ラディ、ヒーロー辞めちゃうのかな……子供たちがっかりするんだろうな……」
「……ライ、ライイラ!」
「へっ!? あ、ああごめんごめん!」

 ぼんやり考えていたところを、オイ、クルルク!というニュアンスで呼ばれ意識を戻される。焦げ臭いにおいとともに、目玉焼きは焦げ付き始めていた。慌てて火を切るクルルク。

「あーあ、ラディいないのに固ゆでになっちゃったや……」
「ライィ、ライライ?」
「……んー、そりゃ気になるよ。あんな泣き方してるの初めて見たし」

 口を開けばラディのことを心配している自覚はある。バトルに負けて悔しくて泣くとき、悲しいドラマや漫画を見て泣いたとき、もう三年の付き合いになるので色んな涙を見てきたはずだが、昨日マズミと会ったときの涙はそのどれとも違っていた……ように見えた。
 またぼんやりしそうになるクルルクに、テテフが不安そうに果物を一個差し出してきていた。

「大丈夫だよ。ちょっと焦げたけど卵は十分食べられるし……それよりみんな。今日はラナキラマウンテンに行くよ!」
「!!」

 テテフの目が輝く。ボールの中にいるオンバーン、アシレーヌ、ラランテスもその言葉に反応してクルルクを見た。

「ラナキラマウンテン頂上にあるポケモンファクトリー。壊れちゃったシルクハットを直せる場所だし……そこにいる島クイーン・スズならラディのことで相談に乗ってくれるはずだからね!ご飯を食べたらすぐ出発しよう!」

 ボールの中とテテフから元気のいい返事が聞こえてくる。その間淡々と準備を進めていたライチュウが全員分の食事を出してくれたので、クルルクたちは朝ごはんを食べ始めた。

 

 

 ラナキラマウンテン頂上、ポケモンファクトリーへの道は、現在山の麓から数本のロープウェイが出ているのみだ。昔は徒歩で登っていくこともできたが、現在はその道は封鎖されている。
 しかし、通行にそこまで不便ということはない。何故ならそこへ行く人はめったにおらず、そこから人が下りてくることもまたそうはないからだ。
 クルルクは怪盗としてのジャケット姿でロープウェイに乗り込む。別に何かを盗みに行くわけではないのだが、要件はシルクハットを直してもらうことで怪盗がらみではあるからだ。

「あと、ちょっとあそこは寒いからね……さてライアー、発進だ!」
「ライライアー」

 アイアイサーの返事をして、ライチュウが発進ボタンを押す。クルルクの両隣にライチュウとテテフが座った状態で、ロープウェイが出発した。ゆっくりと動き出すと同時に、中に設置されたテレビが映る。到着までの間、ポケモンファクトリーがどういうところなのかを紹介する内容だ。クルルクは何度か見ているため特に目新しいということはないが、おさらいとしていつも眺めている。

『……ポケモンファクトリーができる前、ラナキラマウンテン頂上はアローラポケモンリーグにおけるチャンピオンを決める場所でした』

 ウラウラの島クイーンであり。アローラの人とは対照的な真っ白な肌、プラチナの髪をした彼女が画面の中で紹介を始める。声ははっきりとしているが、表情はわずかに悲しげだ。

『アローラポケモンリーグの開設によりアローラにはたくさんのトレーナー、バトルを見に来る観光客が訪れ、その影響でポケモンバトルを始める人も増えたことで一時は大いに賑わいました。しかしポケモンバトルをする人が増えすぎたことと、それが世界中で共有されるようになったことは、大きな災いとなってしまいました』

 災い、の部分でテテフはぶるりと体を震わせる。クルルクはそっとテテフの頭の帽子を撫でた。

『ポケモンで無暗に他者を傷つける人が増え、傷ついたポケモンを癒す施設と人員の不足したり。世界単位で実力が競われることになった結果、そのレベルの差についていけなくなり絶望した無気力な若者が続出したり。アローラにおいては、大切な守り神たちに遊び半分で手を出す人が増え、神罰が起こることにより関係のない人まで傷ついたり……様々な事柄がこのアローラを苦しめることになりました』

 昔々の、悲しい歴史を読み上げるスズ。何度聞いても、クルルクにはそれが自分のことのように苦しく感じられた。まるで、自分がそれを直接経験したような気さえする。テテフもライチュウも、難しい顔をしていた。

『ポケモンという力は、不必要にぶつけ合うべきではない。ポケモンバトルという行為は禁止されるべきだ。世界中でそういった声が高まった結果。このアローラでは一つの解決策を打ち出しました。それが、このポケモンファクトリーです』

 ポケモンファクトリーの外観が映る。ラナキラマウンテンの一部を削って立てられた赤いドームは、半分埋まった巨大モンスターボールのようにも見える。かつてポケモンリーグチャンピオンを決める場所が改築され、その役目は。

『一般人のポケモンバトルを禁止した後、アローラで一定以上の力を持つポケモンをすべて監視・管理できる場所としてポケモンファクトリーは作られました。力あるポケモンが人々に害をなそうとした場合、すぐに止めるための機関として』

 クルルクはあまり詳しく知らないが、ポケモンは陸海空そして不定形や霊、多種多様な生態を持ちながらポケモンというくくりの生き物たる所以はやはり同一の力を持っていることが理由らしい。人間がマッチで擦った火とポケモンの技の『火の粉』は限りなく似ていても別物ということだ。ポケモン特有の力が許可なく一定量を超えた場合、すぐにそれを鎮圧できるようになっていたそうだ。

『この施設を中心に少しずつポケモントレーナーは姿を消していき、今では鎮圧の用途は必要なくなりました。しかし、ポケモンバトルが完全になくなってしまうことに大きな不満を持つ人々がいるのもまた事実です。そこで、ポケモンファクトリーには新たな役割が持たれました』

 ここから先は、クルルクも知っているしお世話になっている部分だ。悲しい歴史が終わり、今新しい時代へというテロップとともにスズの顔も明るくなる。

『皆さんご存知の通り、今アローラでは島キャプテンや島キング、クイーンといった限られた人のみが皆さんの前で時折ポケモンバトルを行うようになっています。彼らの持つポケモンは、全てこのポケモンファクトリーで管理・教育を施したものなのです!』
「それと、怪盗である僕のポケモンもね」
「……ライ」

 ライチュウがゆっくり頷く。ラディや自分が持つポケモンたちは、ほとんどポケモンファクトリーから与えられたものなのだ。ラディがメレメレのヒーローとして抜擢された後すぐ高レベルのポケモンが使えたのも、そういう事情がある。紹介はされていないが、クルルクも例外ではない。違いがあるとすれば、それは。

『昔のポケモンバトルはどんな人間・ポケモンがいつどこで戦い始めるかわからない危険な遊びでしたが。今は我々が選定した素晴らしき人達が、力の使い方を教育したポケモン達とともに!決められた場所と時間で、皆様に安全で楽しいポケモンバトルというエンターテイメントを提供できる時代になりました!では到着までしばらく、そんな彼らのバトルビデオをご覧になってください!』

 島キャプテンや島キング・クイーン同士の勝負は予め日時場所がバトルファクトリーに決められている、いわば平和なスポーツ観戦のようなものだ。クルルクは予告状という形で日時を知らせるものの、それは表向きはクルルクが自分の意志で突発的に出した犯行名声であり非日常的な捕り物で。安全である代わりに少し退屈にも思われるポケモンバトルの現状への回答なのだった。
 この後いつもは最近行われた島キャプテン同士のバトルが映るのだが、一瞬画面が暗転したかと思うとまたスズの顔が映った。数年前に撮られたさっきの映像と全く同じ顔だ。

「あれ? 何か補足でもするのかな?」
「否定です。これはリアルタイムの映像です。久しぶりですね、クルルク」
「うわあ!?」

 テレビの中の人が、返事をした。突然のことにクルルクの肩が跳ねる。テテフもびっくりして目を丸くしていた。

「意外です。ただ話しかけただけでここまで驚かれるとは思いませんでした」
「まあ、テレビ電話くらい今どき驚くことじゃないけどさ……スズって、本当に変わらないよね」
「当然です。スズはアイドルですから。アイドルは顔に小じわなどできないのです」
「いやそんなアイドルはうんちをしないのですみたいに言われても……」
「失礼です。スズがロボットだからと言って、女性に対してそのような汚い言葉を口にするのか感心しません」
「あ、ごめん……でも最初からロボットだから変わらないっていえばよかったよね!?」
「気のせいです」

 スズの顔は、クルルクやラディが初めて出会ったときから全く変化していない。それもそのはず、彼女は人間ではないから。傷一つない銀色の髪も、アローラの日に一切焼けていない白い肌も、彫像のように整ったプロポーションも、多少見たり触れたくらいでは全くわからないが人間のそれとは違う。
 安全なポケモンとの暮らしと、ポケモンバトルというエンタメを提供するポケモンファクトリー。それに対する人々の支持を受ける偶像<<アイドル>>が彼女、スズ・ブルーヒルデなのだ。
 
「ともかく、壊れたシルクハットを直してもらいに来たんだけど……でも、僕が今これに乗ってるってなんでわかったの? 」

 穴あきになってしまったシルクハットを取り出して彼女に見せる。スズは考えたあと、ニヒルな表情を浮かべて返事をした。

「回答です。アローラの輝く太陽を見ていたら、あなたが来るような気がしましてね……」
「……ラナキラマウンテン頂上って、たいてい吹雪いてるよね。日がめったに差さないよね」
「肯定です。今日も良い積雪具合です」
「……」
「残念です。固くなった空気をほぐすエスプリの利いた冗談のつもりだったのですが」

 薄いほほ笑みとともにあっけらかんと答えられて閉口するクルルク。こういう言い方をすれば失礼かもしれないが、彼女はすごく人間らしいロボットである。冗談も言うし、空気を読んだ言動もする。感覚がずれているのは否めないが、何も知らない人間が見れば彼女がロボットだといわれても信じないだろう。変わったしゃべり方をしているのは彼女曰く『ロボットとわかりやすくするためのキャラ付け』らしい。アイドルとして公の場所で話すときはかなり畏まった言動もするが、クルルクやラディのようなポケモンファクトリーが選定した人間と話すときはこんな感じだ。

「イライラ……」

 クルルクの調子を外しまくる彼女に、ライチュウが頬から電気を迸らせ威嚇した。

「ライアー、いつものことだしそこまで怒らなくても……」
「こほん。切替です。あなたが来るだろうという予測はしていました。シルクハットが壊れた時の映像は見ていましたから」
「でも、今までロープウェイに乗ってるときに話しかけてきたことなんてなかったよね?」
「肯定です。今日はスズから少し聞きたいことがありまして。……ラディの様子で何か変わったことはありませんか?」
「……!うん、つい昨日のことなんだけど……」

 渡りに船とは正にこのこと。相談しようと思っていたことを向こうから持ち掛けられて、クルルクは素直に昨日ラディとマズミとの会話、及びその時のラディの様子について話した。

「すごく傷ついた顔をしてた……今日も朝起きたらもう出かけてて、まるで僕と顔を合わせたくないみたいでさ……心配だよ」
「感謝です。……しかしラディもクルルクも最初あった時からずいぶん変わりましたね」
「そう? 昨日ラディにクルルクは変わらないよねって言われたばかりなんだけど……」
「否定です。人間は変わるものですよ。特にあなたは──」
「ライ!」

 会話を遮るようにライチュウが尻尾でロープウェイの窓をぱしんと叩く。スズが会話に入ってからずいぶん苛立った様子にどうどう、とクルルクはなだめに入る。スズは意味深にライチュウに微笑んだ。

「……重畳です。あなたがいればクルルクは心配いりませんね、『ライアー』」
「……ライライアー」
「感謝です。スズはサーではなくマムですが。……さて、そろそろ到着です。シルクハットを直すのでしたら第三棟に入ってください。そこでお待ちしています」
「別に盗みに来てるわけじゃないし、バトルなんてしないよ。じゃあ行こうライアー、テテフ!」

 ロープウェイが止まり、ドアが開く。吹雪の冷気が吹き込みクルルクたちの体が震えた。幸いにして、ロープウェイ乗り場からポケモンファクトリーは歩いて一分の距離。テテフが真っ先に飛んでいき、そのあとをクルルクとライチュウが駆け込んだ。第三棟は、左斜め前だ。入ってすぐまた四つの入口に分かれているのはポケモンリーグとしての建物だった名残らしい。
 シルクハットを直してくれるというので工場らしい場所を想像していたのだが──扉を開けたクルルクを待っていたのは、闘技場のリングのような殺風景で見渡しのいい空間と。その正面に立つ変身ヒーローのような赤い装甲をつけた、顔を見なくてもわかる見知った少女だった。

「ラディ……なんでここに?」
「怪盗……クルルク……」

 メレメレライダーとしてのヒーローとしての少し低い少年の声。だけど、昨日マズミに服の装飾を奪われたのを見られて泣いていた時と同じ声。
 思わず彼女に歩み寄ろうとする。普段の怪盗クルルクであれば、メレメレライダーとして振舞う彼女<<ヒーロー>>に不用意に近づくなどまずしない。だがそんな声を聞かされては、ともに暮らすものとして心配せずにはいられなかった。 

「ラディ、どうしたの? 君も何か用が……」
「オレと……オレと、戦え!この前の負けのリベンジだ!オレが買ったら、この前盗んだ『移ろいの靴』は返してもらう!!」

 彼女はモンスターボールを突き付ける。でも明らかに様子がおかしい。
 そもそも先にラディが来ているならなんでさっきスズは自分にあんな質問をした?

「待って、スズと何か話をしたの? なんで突然こんな場所で──!」
「うるさいっ!これはスズが決めたことなの!だから私は……オレは……ヒーローとして戦わなくちゃいけないんだ!ルールはウラウラの決闘ルール、4対4のダブルバトル!出てこい、グソクムシャ!ルカリオ!」
「待って、スズと話をさせて……」
「カッ!!」

 出てきたルカリオから彼女の心の波導が伝わってくる。壊れそうなものを必死に繋ぎとめようという決意。そして、今自分が本気で戦わないとそれが壊れてしまうことも……!

「なん、で……」
「ラァイ!!」
「……っ、どうしていきなり、こんなことに!頼むよライアー、テテフ!」
「……フゥ!!」

 ライチュウが自分に檄を飛ばし、戦闘態勢に入るクルルク。予告状にない新しい戦いが、始まろうとしていた。 
前に戻るもくじ次へ進む

読了報告

 読了報告及び評価をするにはログインが必要です。

感想フォーム

 この小説は感想を受け付けていますが、感想を書くにはログインをしている必要があります。

 そのため、感想を書くにはアカウントを所有している必要があります。

感想

 この小説には感想がついていません。